どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

今日はユニバーサルミュージックの口コミをご紹介します!

いづれもクラウドソーシングやネット上のリサーチツールを使って調べたこのブログ独自の口コミです。

 

他では見れないリアルな評判をぜひ参考にして下さいね!

 

ユニバーサルミュージックで働く魅力は?

元々音楽をやっていたので就職も音楽関係にしたいと思い受けたのがユニバーサルミュージックでした。

ユニバーサルミュージックでは新卒の採用がほぼ厳しいとされているのですがアルバイト募集は頻繁に行っていてアルバイトからの就職となりました。

戦力にならなければ即首と言われる言われる厳しい世界なので常に能力の向上と仕事を両立させないといけませんが、今まで働いた中でも一番のやりがいのある職業です。

特にユニバーサルミュージックでは得意分野がしっかりとあれば確実に活かせるし、能力次第では職歴関係なく上に行けるので実力主義で向上心のある人にはおススメです。

20代 女性 ニックネーム:manaさん

ユニバーサルの魅力と言えばやはり、CDの販売元の大手なのでこれまでに世に排出してきたアーティストの作品が一番多く一番売り上げが多いところだと思っています。

もう一つはユニバーサルで働いている一人一人のスキルが高いということです。

ユニバーサルで働くまでは音楽関係の仕事など全くの素人にも関わらずに短期間で育ててくれた周りの人達の能力が素晴らしすぎることは本当に働いていても誰に対しても誇れるこの会社の素晴らしいところであり、魅力のある会社であることと言えます。

30代 男性 ニックネーム:たなかさん

 

ユニバーサルミュージックで働いて苦労は?

一般の就職枠だととにかく厳しく、採用人数も少数なので就職活動はかなり苦労すると思います。

特に音楽性の技術だけでなく、や編集スタッフともなれば最低限のパソコン技術も必要だし制作はほぼ個人任せになってしまうので責任重大です。
営業ともなると売り込みで各地方に毎日のように回っているので正直人数が足りないなかフル活動で働いています。

好きな仕事なので苦にはならず働けますが、仕事の終わりなどが決まっているので毎日追われている状況で仕事をしています。

完全実力社会なので使えない人は即はずされてしまい仕事にならないです。

20代 女性 manaさん

 ユニバーサルミュージックで働いてみて大変だったことは、販売元として大きな会社であるがゆえに、アーティストの作品も一ヶ月に出す量もたくさんあり、販売などやPR活動など、やることが多すぎて次から次へと仕事をしなければ追いつかないといったことが苦労したことでした。

また、CDだけではなく映画のPRや音楽以外の仕事にも関わらせて貰えたのは良かったのですが、映像を何回も観たりしてPRを考える作業など時間がかかる作業の繰り返しはさすがに苦労しましたし、馴れない仕事ばかりでとても大変でした。

また、販売ようのデータを起こす作業も苦労しました。

30代 男性 ニックネーム:たなかさん 

 

ユニバーサルミュージックはじめ、音楽業界への就職を目指すなら

いかがだったでしょうか?

以上の口コミを是非、みなさんの人生に役立ててもらえたら嬉しいです。

 

音楽業界への就職を目指すならぜひ、こちらのページもご覧ください。

失敗しないための注意点などが書いてあります。 

 

 

それでは!

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

音楽業界の仕事の関連記事
  • 音楽業界の仕事とは?全20職種の解説と進路をまとめてみた
  • 音楽とライブハウスでコミュニティをつくりたい|音楽イベンター ナカヤママリコ
  • 音楽業界や芸能界の不思議な常識 何時でも「おはようございます」
  • エイベックスが数億円の残業代未払い…改めて「働き方」について考えさせられる
  • バンドマンを救う!PAに照明…あなたのスキルで稼げるpookに注目
  • 就職活動に失敗した理由は?その後の対応策は?経験者に15人に聞いてみた
おすすめの記事