読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

デジタルデトックス効果も!快適なツイッターライフに「フォロー乗り移り」が効果的だった

ブログのこと ブログのこと-ブロガーむけコラム

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

家入一真さんの『さよならインターネット』の中で興味深い部分がありました。

「最近、SNS疲れしているなぁ…。」

そんな実感がある人はぜひ、試してみてください。

 

フォロー乗り移り

「twitter」や「Instagram」でフォローしている相手を変える、ということ。

ただ全部リセットするとか、ランダムに変える、ということではありません。

ぼくは、誰かがすでにフォローしている相手を自分でも踏襲する「フォロー乗り移り」という方法をおすすめします。

 『さよならインターネット』では、多様で自由なインターネットの世界が現在ではパーソナライズ機能などによって「好きなモノしかみない」偏狭な世界へと変貌していると警鐘を鳴らします。

 

そのための1つの対策として、家入さんは「フォロー乗り移り」をおすすめされているんですね。

 

コレ、ぼくも試してみました。

もっとも完全な乗り移りじゃなくて、一部興味を失っていたフォロワーをリストから外したりとちょっとマイルドな方法。

 

そしたらかなりストレス減ったんですよね。

 

実は時間泥棒だったツイッターに気づく

幸せだってなくして気が付いたバカな俺だから

by葛飾ラプソディー

 と言いますが、いらないものも失くして初めて「あ、コレいらなかったんじゃん!」と気づくものですよね(笑)

 

いるモノ、いらないモノ。

そのモノの有用さに関わりなく、消費にともなう時間は平等です。

リストから削除して初めて「惰性でツイッター眺めていたんだなぁ。」と気づきました。

いやぁ、かなり時間泥棒されてた。

 

一時期は自ら進んで情報過多になろうとしていた時期もあったんです。

それはそれで必要なフェーズだったんですが、今は不必要。

 

みんな同じこと言ってる

そもそも「好きなこと」に基づいてフォローをしていると、タイムラインが「みんな同じ記事をシェアしている」状態になってたりするんですよね。

 

これってあんまり意味ないなぁ…って思いました。

特に気づきの多い言及をしている人が多いわけでもなく、今回リストから削除した人の多くは「ある人の大ファンで、情報ソースも主張も一緒」みたいな人が多かったですね。

コピーされた人のツイートみても全然刺激がなくてつまらない、ということに気づきました。

だったら「ある人」だけをフォローしておけば、タイムラインに余裕が生まれ、多様性が生まれるだろうと。

 

おすすめツイッターアカウントを紹介

で、そんな中で「この人おもしろいなぁ…」という人が残ったのでご紹介します。

厳選して3つのアカウントを。

 

アフィリエイトの情報なら

 

パシさんはアフィリエイターです。

アフィリエイターのクラスタを「谷」と言うらしいのですが、パシさんは谷でも存在感のある人だと思われます。

アフィリエイターさんたちってやっぱり普段から「情報」と戦っている人たちですから、もうごく自然に言ってることのレベルが高いし、本気でブログをやっている人なら知っておきたい情報がバンバン共有されています。

あと意外とめっちゃユーモアあっておもしろい。

 

パシさんはとりわけツイートの多い人なのでおすすめです。

 

気づきを与えてくれる

 

ちきりんさんは著名なブロガーですが、ツイートもおもしろいです。

特に時事ネタをとりあげて、独自の考察をツイートすることが多いので多くの気づきを与えてくれます。

 

良質な情報を送ってくれる

 

 タクさんもプロブロガーですが、最近ではツイッターでキュレーションをがんばっているようです。

キュレーションとは「選別」という意味で、良質だと思った情報を選んでくれる行為。

 

優秀なキュレーターをフォローしておくことはツイッターを楽しくするポイントです。

 

「働き方」「ビジネス」などに興味がある人、またはこれから勉強したい人だったらタクさんをフォローするのは大変おすすめです。

 

デジタルデトックスしたい人におすすめ

ツイッターを整理するきっかけになった『さよならインターネット』はデジタルデトックスしたい人にもおすすめです。

 

現在のインターネット世界にはびこる言いようのない「息苦しさ」とは何か?

インターネットの楽しさを知って、どっぷりハマっている人にほど読んでほしい一冊ですね。

 

こちらで詳しく感想も書いています。

家入一真さんの『さよならインターネット』を読んで考えたこと

 

 

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com