読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

【初心者OK】ミュージシャンがツイッターをうまく使う方法

バン活!(バンド飯) バン活!(バンド飯)-SNS宣伝術

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

さて、昨日までは見込み客、準見込み客へ向けたアプローチでした。

今日からはまだ見ぬ新規顧客に自分のバンドを知ってもらう方法を考えていきます。

その方法は様々で、数限りなくあります。

 

まずオススメしたいのがソーシャルメディアです。

 

ソーシャルメディアといえばツイッターやブログ、フェイスブックなどがありますがまず欠かせないのはTwitter(ツイッター)だと思います。

 

情報の爆心地

ツイッターは他のあらゆるソーシャルメディアやコンテンツの拡散を加速させる機能があります。

ブログや動画などをツイッターで宣伝するとリツイート機能により予想以上の広がりを見せることがあります。

 

まさに情報の爆心地。

 

最も気軽に始められ、簡単な操作。

それでいて効果は抜群です。

ファンの方に届けたいコンテンツがまだ決まっていない状態でもツイッターをより大きなメディアに育てる努力に損はありません。

ではツイッターをメディアとして大きく育てる具体的な方法とはなんでしょう?

 

フォロワーの増やし方

まずはフォロワーをある程度増やしてみましょう。

 

ただフォロワーを増やせば良いというわけではありません。

マーケティングの世界では「属性にあった顧客にリーチする」なんて言い方をしますが、用は音楽が好きな、できれば自分の音楽性に近い音楽を好きな方とつながらなければいけません。

属性を抽出するのがWEBマーケティングの最も得意とするところです。

具体的にツイッターでする作業は以下のとおりです。

 

  1.  自分が影響を受けたバンド、アーティスト関連のアカウントをフォローしている人をフォローする。
  2.  そのうち何人かはフォローを返してくれる。(フォローバック、リフォロー)
  3.  数日後にフォローを返してくれなかった人のフォローをはずす。(リムーブ)

 

です。

非常に簡単な作業ですが、一度にあまりに大量にフォロー(またはリムーブ)するとスパム行為とみなされてアカウントが凍結する危険があります。

諸説ありますが、一日30フォローぐらいで留めておくと良いみたいです。

 

「ウザがられないかな?」と思われると思います。

しかし、ファンの方はむしろ積極的に良いバンドを探すためにツイッターを使っているという面もあり、不意の出会いを楽しんでいる音楽ファンの方もいらっしゃいます。

(参考記事:【Twitter】相互フォローでフォロワーを増やすのは何でいけないの?

ですが、特に個人名でアカウントを作った場合、告知のツイートばかりはやめましょう。

ツイッターはビジネス利用を認めると同時に「ゆるいつながりを楽しむ」ことを信条としています。

 

趣味や日常に関するツイートが苦手な方は思い切ってバンド名のアカウントで運用したり、第三者にスタッフとしてお願いするといいと思います。

(参考記事:Twitterでライブ告知をやめるべき理由を語る記事まとめ 

 

便利ツール

ツイッターを使う上で便利なツールも紹介しておきます。

 

フォローチェック for twitter

スマホで使えるアプリ。

自分が片思い(自分がフォローしているが相手がフォローしてくれていない)している相手がわかります。

また、片思いのアカウントを一括リムーブできます。

リムーブはツイッターの「2000フォロールール」によりどうしても行わなければいけない作業なので残念ですが行いましょう。

プロフィール検索

検索した用語が入力されているプロフィールのアカウントを検索できるサイト。

例えば「ロック好き」と検索すればプロフィールにロック好きと書かれたアカウントを抽出できます。

こちらを利用しても属性にあったアカウントとつながれます。

さて、ある程度フォロワーが増えたら相互フォローでのフォロワー増やしは終わりにしましょう。

 

高い反応率のあるユーザーが集まっていないと意味がないので相互フォローは「最初のチャンスを掴んだ」ぐらいに思っておきましょう。

 

バンドマンがフォローしておきたいツイッターアカウントまとめ

またツイッターは情報を発信するだけでなく、情報をゲットするツールとしても優秀です。

ここでバンドマンがフォローしておくと役立つアカウントをまとめておきます。

初心者のかたはまずこちらのアカウントをフォローして情報収集してみてください。

それによって自分もツイートが上手になりますよ。

 

演奏技術、楽曲制作に役立つツイッターアカウント

①音楽お役立ちbotさん

この手のbotにしては珍しく活きたアカウント。

一言アドバイス的なツイートと最新音楽ニュースのキュレーションが光ります。 

②三原重夫さん

特にドラムに関する金言をさらりとツイートされます。

プロの視点はドキッとすることが多い。

ブログも必見です。

③スタジオラグ伏見店さん

リハーサルスタジオを日常使いするバンドマンに役立つ情報をたくさん発信してくれています。

④muevoさん

 音楽専門クラウドファンディングサイトのツイッターアカウントですが、オウンドメディアと連携しながらミュージシャン役立ち情報を発信しています。

ミュージシャンの名言をツイートしているのも何気に面白い。

 

音楽情報系ツイッターアカウント

①ジェイ・コウガミさん

有名音楽ブログ「AllDigitalMusic」を運営する。

最新の海外音楽業界ニュースはここをみればOK!

②ミュージックマンネットさん

逆に国内の業界ニュースはこちら。

③音楽ナタリーさん

基本中の基本ですが。

国内最大の音楽ニュースサイトです。

まずはとりあえずフォローってレベルの有名さ。

 

告知拡散系

①辰野仁さん

高円寺ライブハウス、ClubMissionsを経営する辰野さん。

他にもバンドマンに役立つ活動を色々されてますよ!

 

②ライブハウス・バンド情報RTさん

その名のとおり、バンドの情報をリツイートしてくれるアカウント。

 

③バンドつながるさん

ロックバンドの情報が行き交うアカウント。

気軽にフォローできる感じですね。

 

楽器店系

①イシバシ楽器

②島村楽器

③クロサワ楽器

④イケベ楽器

 

楽器メーカー系

①Gibson

②Fender

③Roland

④Pearl

 

ツイッターをはじめたミュージシャンの方で「なにをフォローすればいいかわからない~」という方はとりあえず上記のアカウントをフォローしてみてください。

絶対役立つこと間違いなし!です。

 

ツイッター広告の使い方

ちょっとした裏技みたいですが、現在ツイッターには「ツイッター広告」があります。

お金かけてツイートを拡散する機能ですね。

 

さっそく試してみたので参考にしてください。

 

 

最初はパソコンから

f:id:sohhoshikawa:20151119154602j:plain

はじめる時は色々設定が面倒なのでPCからやったほうが良さそうです。

(ってかスマホから初期設定はできないのかな?)

自分のアイコンをクリックして「Twitter広告」をクリック。

 

はじめに場所とタイムゾーンの設定があります。

もちろん「日本」ですね。

 

キャンペーンを選択

次に宣伝目的に応じていくつかキャンペーンのタイプを選びます。

f:id:sohhoshikawa:20151119154430j:plain

f:id:sohhoshikawa:20151119154836j:plain

今回は「フォロワー」を選択しました。

単純にフォロワーを増やすキャンペーンです。

ベータ版ですが「動画再生」はバンドマン的に気になるところですね。

 

キャンペーンを設定していこう

f:id:sohhoshikawa:20151119155010j:plain

宣伝の内容を詳しく設定していきます。

まずキャンペーンの名前を決めます。

「フォロワーが増えるかの実験」にしました(笑)

なんでもOKです。

f:id:sohhoshikawa:20151119155241j:plain

f:id:sohhoshikawa:20151119155312j:plain

次はオーディンスを選択。

  • 地域
  • 性別
  • 言語
  • 端末、プラットフォーム、携帯電話会社

と設定していきます。

 

ここからは(多分)重要!

広告を出すターゲットを決めていきます。

f:id:sohhoshikawa:20151119155320j:plain

ターゲティングの方法はこのとおり。

・フォロワーを追加

任意のアカウントのフォロワーになっている人に向けて広告を発信できます。

・興味関心を追加

フォロワーの興味関心からターゲティングできます。

今回はこれを設定しました。

音楽分野から「インディーズ」「ロック」「ライブハウス」を設定。

 

・テイラードオーディエンスを追加、・行動を追加、・イベントターゲティングを追加は僕には解説できないなぁ。

ちゃんとしたマーケッターの方じゃないと難しそう。

 

予算を設定しよう

次は広告費を設定します。

f:id:sohhoshikawa:20151119155659j:plain

1日250円で予算全体で500円(笑)

少なすぎて実験にならないかも・・・・。

って思ったらやっぱり。

f:id:sohhoshikawa:20151119155939j:plain

他の広告主の入札額がだいたい平均で350円!!

1フォロワー350円は高いなぁ・・・・。

この時点で実験結果は出ちゃったような気がしますが(笑)

そんなわけで「自動入札」に設定してみました。

つまり「予算内で限りなく安く!」っていう設定。

素人の限界。

 

住所とクレジットカードを入力

最後に住所などのアカウント主の情報と予算を支払うためのクレジットカードの入力があります。

ネット広告はクレジットカードが必ず必要なので作っておいてください。

(関連記事:バンドマンでも審査に通ったクレジットカードはこちら

 

 もう一つ実験

ひとつじゃアレなので、追加して「ウェブサイトのクリックまたはコンバージョン」のタイプのキャンペーンもやってみました。

目指したのはこのブログの宣伝です。

設定方法はほとんど同じです。

 

結果・・・・・!

f:id:sohhoshikawa:20151121184915j:plain

そして、結果はこのようになりました!

ひでぇ・・・・・。

 

とても有意義な宣伝にはなりませんでしたね。

フォロワー3人増えて、一件あたりのコストが167円では実用性ないなぁ。

ただ、今回のキャンペーンでフォローしてくれた人がリツートしてくれて、結果的には5人ほど増えています。

なのでツイートの内容を吟味して、拡散が狙えるものならもっと効果はあがりそう。

 

ブログの宣伝のほうはまぁまぁ?

上限単価入札を10円にしたのがよかったみたい。

 

感想:素人には運用は難しい

実際にやってみて素人には運用は難しいと感じましたね。

やはりプロのマーケッターの力をかりたい。

 

ただ、今後始まるであろう「動画再生」のキャンペーンはバンドマン/ミュージシャンはチェックしておいたほうが良さそう。

また全然効果が違うと思うので。

 

 

次は具体的なツイートの内容をどうするか考えていきます。

次回バン活!はこちら。

www.shellbys.com

 


よく反応してもらえるツイートを体系的にまとめています。

 引き続きご覧ください。

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com