俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

クリエイターは「信頼をお金に変えるのは簡単だが、お金を信頼に変えるのは難しい」と肝に銘じよ

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

YADOKARIというウェブメディアが好きでよく見ているのですが、YADOKARIが出版している「月極本」を読みました。

 

月極本はこれまで三冊発行されていますが、最新版の特集は「好きなお金、嫌いなお金」

f:id:sohhoshikawa:20170423102412j:plain

 

おもしろい記事がたくさん掲載されているのですが、その中でも特にSUSANOOの渡邊賢太郎さんとYADOKARIの対談「資本主義、終わりの始まり」がおもしろかったです。

 

印象にのこっているのはこの言葉。

自分のコンテンツを発信して世の中を渡っていきたい人に知って欲しい言葉です。

 

圧倒的な信頼感があるのであれば、それをお金にするのはむしろ簡単です。ただ、お金にしたものを信頼に戻すのは難しいからです。

YADOKARIはとても人気のあるメディアで、Facebookの非公開グループには3000人以上のアカウントが参加しています。

 

その人気故に、最近のYADOKARIには悩みがあるそうです。

起業としてその人気を源泉にスケールアップしていくべきか?

しかしそのスタンスはYADOKARI本来の意義と違ってしまう…。

 

そこで渡邊さんがしたアドバイスが上の言葉。

お金とは本来、信頼の数値化であるというのは多くの人が言っていることです。

しかし、その逆にお金にしたものを信頼に戻すのは難しい…。

 

だから今のYADOKARIは引き続き信頼を積み上げていくのに注力した方が良いということです。

 

これはバンドマンとしてブロガーとして、自分の活動を考えた時にも刺さりました。

 

信頼を勝ち取る基本はGive&Give

経済活動とは何かを与えたらお金をもらえる「Give&Take」の世界だと思われがちです。

しかしお金=信頼だとすると、まず大切になってくるのはGiveの部分。

 

これはブログ活動を考えるとよくわかるのですが、記事を更新し良質なコンテンツを読者に届け続けることで結果につながります。

チャレンジしたことがある人は分かるかと思いますが、ブログってお金になるまでホント時間がかかるんですよ!

YADOKARIも個人ブログではありませんが、やはりウェブメディアとしてコンテンツを届け続けることで信頼を勝ち取ってきました。

 

信頼は少しづつしか蓄積されていきません。

早い段階で「Take」してしまうと、信頼が失われてしまう。

それはなかなか戻ってきません。

なぜならお金で信頼を買うことはできないから。

 

まるで目に見えない貯金のように信頼は増減しています。

 

だから感覚的には「Give&Give」の気持ちでコンテンツを量産し続ける。

信頼が高まり続け、臨界点にたっすると自然とお金になったり、また別のカタチで還元されたりもします。

 

ぼく自身、コンテンツを作り続ける中で忘れがちな基本でした。

目に見えないものですから、信頼を確認するのは難しいです。

でもこの対談を読んで、ぶれずに信頼のおけるコンテンツ作りが大切なのだと改めて思いましたね。

 

むしろウェブメディアの世界ではマネタイズツールには事欠かず、いつでもマネタイズできるのですから、心配せずにコンテンツづくりに注力したら良いのです。

 

お金を介さない、経済の新しいカタチ

「資本主義、終わりのはじまり」対談では未来のポスト資本主義の世界にまで言及されます。

未来の資本主義とはまさに信頼がお金ではなく、「別のカタチ」で還元される社会システムのこと。

なかなかピンとこないと思いすが、Fintechやシェアリングエコノミーなどのテクノロジーによってそれは既に現実のものへとなりつつあります。

 

お金はなくなりこそしないけれど、デジタル化によって輪郭を失い、今よりも存在感は弱まるようです。

信頼を焦ってお金に買えるのではく、その時代を楽しみに今は信頼の積み重ねをした方が良い、というのが渡邊さんのアドバイスの意味のでもありました。

 

月極本3『好きなお金、嫌いなお金』には他にも、

  • ギフトエコロジーのはじめ方/ソーヤー海
  • 世界の小さな住宅案内
  • スペシャルリポート、森のコミュニティ
  • 個性派書店が選ぶ、お金を知るための50冊
  • お金の祖先/赤瀬川原平
  • 旅とお金/フォトエッセイ:西山勲

などおもしろい記事がたくさんのっています。

 

お金の話がメインと言うことで、クリエイターにぜひ読んでほしいのですが、YADOKARIの活動のメインとなるスモールハウス・タイニーハウスは多くの人にとって新たな人生の選択肢になると思います。

 

少し普段の生活や仕事に行き詰まりを感じている人などぜひ読んでみて下さいね。

こちらから購入できます。

【発売開始!】YADOKARIミニマルライフ誌 「月極本3」 特集 – 好きなお金、嫌いなお金 -(2000部限定)

 

YADOKARIはまだ知らない人はウェブメディアからご覧になってみて下さい。

YADOKARI|スモールハウス/小屋/コンテナハウス/タイニーハウスからこれからの豊かさを考え、実践するメディア。

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?