俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

2016年30本以上のドラマを見たぼくが、面白かったドラマをランキング形式で10コ紹介していく

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

いやぁ、みたみた。

今年はドラマをやたら見ました!

 

例年に比べて、ゆったりとした年だったので時間があったのかな?

せっかくなので今年見たドラマから、おもしろかった作品を紹介します!

 

あらかじめ連続テレビ小説と大河ドラマを外しておきます。

超ベタなドラマから、全然話題になってないものまで!

年末年始のお休みに見てみて下さい。

 

第1位:ちかえもん

NHK木曜時代劇の枠で1月から放送されました。

出演は松尾スズキさん、小池徹平さん、優香さん、青木崇高さん、他。

 

教科書でお馴染みの近松門左衛門がスランプから脱出するまでを描いた話。

 

時代劇ですが良い意味で現代劇っぽい演出でスピード感がありました。

それぞれのキャラクターが生き生きとしていて、一話があっという間に終わってしまう感覚がありましたね。

やっぱりNHKならではの豪華な画、演出が飽きさせません。

予算潤沢だな~(笑)

 

お金持ちのボンボン役の小池徹平さんが死ぬほどハマり役!

ダラダラと女遊びする好感度の低いキャラですが、端正な顔立ちと品の良さでなんとも「にくめない」感じが出ている。

憎まれキャラに愛嬌があるとストレスなく見れてとっても良いです。

 

最後はありえないかなりびっくりなオチが待ち受けていますが、ドラマ全体のクオリティが高いのでチープにならず、むしろ感動できました。

幅広く色んな人におすすめできるドラマです。

NHKオンデマンドで「ちかえもん」今すぐを見る

 

第2位:世界一難しい恋

ホントこうゆうドラマが今のお茶の間に必要なのではないでしょうか?

今は自分一人で何かを見るだけなら、スマホに飽きるほどコンテンツが溢れています。

 

テレビの良いことろは家族や恋人と一緒に視聴できること。

 

やっぱりそんなデバイスで流れるコンテンツはお茶の間をしっかり意識したのものが望ましい。

この「世界一難しい恋」はそんな需要を余すことなく満たした良作です。

 

その意味で配役も完ぺき。

日本のスーパースターアイドル、嵐の大野智さん。

今をトキメク女優の波留さん。

そしてなんといってもMVPは小池栄子さんです。

 

基本的にヒロインの波留さんのセリフは少な目で、主人公の大野智さんと秘書の小池栄子さんの「悩み相談」の場面がメインで進みます。

その掛け合いがなんとも絶妙!

ドラマともコントともとれるコメディは、他の俳優では出せない空気があります。

 

昔、松本人志さんと島田紳助さんが「バラエティで小池栄子がいると安心する」といった趣旨の発言をしていたのを思い出せます。

お2人の話では「笑いのツボ」を知っているとは天性の能力らしく、小池栄子さんには備わっていること。

このドラマを見て、そのことを思い出しました。

ラブストーリーなのにちょっとクスっとできて、結果的に10代女子以外の人も楽しく見れるように仕上がっているのは彼女の力が大きいと思います。

 

思いのほかおっさんでも楽しめる作品なのでラブストーリーを見ない人にもおすすめできるエンタメ作品です。

Huluで「世界一難しい恋」を今すぐ見る 

 

第3位:お義父さんと呼ばせて

ラブストーリーでもこっちは飛び道具的な作品(笑)

娘が父親と同い年の彼氏を連れてきて「結婚する!」と言い出す。

もちろん反対する父ですが、実は家庭にはいろいろ問題があって…。

 

彼氏役は遠藤憲一さんで、もうびっくりするぐらい演技が上手い!

毎回トラブルが起きて、慌てふためくんですがそれがなんとも滑稽で可笑しい。

でもリアリティもある。

演技とはわかりやすさを求めるとチープになるし、リアリティを求めると地味過ぎてエンタメにならない。

遠藤さんの演技はとても絶妙でした。

 

父親役は渡部篤郎さん。

エリートサラリーマンで贅沢な暮らしを家族にさせているという自尊心が高いタイプの人。

それゆえに家族は見知らぬところで色々と不満を抱えています。

彼氏が家族と関わることで、みんなの問題を解決していくストーリーです。

 

こちらも間口の広い作品ですね。

U-NEXTで「お義父さんと呼ばせて」を今すぐ見る  

 

第4位:99.9

嵐の松本潤さんが「刑事事件専門」の弁護士を演じた作品。

 

「刑事事件は起訴されると99.9%有罪になる」

 

ですが、ドラマなので毎回無実が証明されます(笑)

「もはや99.9じゃなくね!?」というツッコミは野暮なモノ。

 

主人公ももちろん魅力的ですが、やっぱり香川照之さんがスゴすぎる!

もう日本のドラマは佐藤浩市さんと中井貴一さんと香川照之さんの誰かをキャスティングできればスベラナイのでは…。

どうしてもテレビドラマというのは滑稽になりがちなんですが、本格派の人が1人いると全然みれちゃうんですよね。

 

犯罪を取り扱った作品ですので、刑事もののような謎解きの楽しみもあります。

ちょいちょいマニアックな小ボケが入りますので、それにハマらない人は集中力が途切れるので注意ですかね。

U-NEXTで「99.9」を今すぐ見る

  

第5位:神の舌を持つ男

舌にのせたものの成分を詳細に分析できてしまう「神の舌」を持つ男が主人公。

芸者のミヤビを追いかけて温泉旅館を転々とします。

その過程で起きる殺人事件を、その舌の能力でもって解決していくというストーリー。

 

その設定ゆえに謎解きはけっこう斬新でおもしろかったです。

演出は堤幸彦さんということで、ぼくら世代(アラサー)には懐かしいナンセンスギャグと無感情なツッコミは郷愁すら感じますね(笑)

 

もしかしたらそのセリフ回しのちょっと面白さがわからない世代もいるかも。

でも、ストーリーも謎解きも良質なのでおすすめです。

 U-NEXTで「神の舌を持つ男」を今すぐ見る

 

第6位:家売るオンナ

北川景子さんがぶっとんだキャラクターに挑んだ話題作。

無感情で「私に売れない家はない!」と「GO!」が口癖の不動産屋さんが主人公。

 

ウソみたいな方法で家を売りつけていくのですが、それがなぜか感動を呼ぶという不思議なストーリー。

今までにない不動産屋という設定のドラマなので、興味深く見れました。

 

なんだかんだ安定しながらも停滞感のある職場のメンバーに、北川景子さんがズバズバと説教していくのは痛快。

特にイモトアヤコさん演じるダメ社員に「あなたは働くことにむいてない!早く家庭に入って夫を支えなさい。それがあなたの生きる道です!」というセリフはなんか刺さった…。

安易に「できるOL」が讃美される世の中で、愛を持ってこんなこと言ってくれる人いないもんなぁ。

Huluで「家売る女」を今すぐ見る 

 

第7位:スペシャリスト

無実の罪で服役した主人公が犯罪者について調べていくうちに犯罪についてのスペシャリストになり、刑事になって事件を解決してくというストーリー。

 

登場する犯罪者もテロリスト的なヤツが多くて、パニックムービー的な面白さがありました。

主演の草彅剛さんの鬼気迫る演技にハラハラして、おもしろかったです。

数ある刑事ものの中でも今年一番でした。

 

余談ですが、スペシャリストと同時期に放送されていたドラマにやたら「謎の組織」ばっかり出てきてややこしくなりました(笑)

(怪盗山猫とか日村英雄の推理とか)

U-NEXTで「スペシャリスト」を今すぐ見る  

 

第8位:重版出来!

出版社に就職して漫画の編集者になった主人公の話。

 

今年は現実社会では「ブラック企業」が話題になったじゃないですか?

そんな世相で新入社員が仕事に燃えるこの作品はなかなか受け入れられなかったと思いますが、面白かったです。

 

たしかに「イマドキそんなやついる?」ってところはあるんですが、マンガ家の立場になってクリエイターの苦労とか喜びも知れたのは興味深かった。

特に小日向文世さんの後半の演説は圧巻の演技で感動的です。

U-NEXTで「重版出来!」を今すぐ見る  

 

第9位:トットてれび

黒柳徹子さんの半生を描いたNHKのスペシャルドラマシリーズ。

 

と、言いつつもほとんどストーリーらしいストーリーはほとんどないんですよ。

セリフとストーリーで魅せるタイプのドラマではなく、演出と音楽で見せていくドラマです。

毎回ラストにミュージカル的な歌のシーンがあり、黒柳さんを演じた主演の満島ひかりさんの才能を見せつけられます。

なんと三浦大知さんが出演するシーンもあり、満島ひかりさんとは16年ぶりの競演とか。

ファンにはたまらないシーンとなっております。

 

みて欲しいのは贅沢な演出。

「え!?その1秒のワンシーンのためにセットつくったの!?」みたいなシーンがゴロゴロでてきます。

とにかく画の作り込みがハンパなく、その道を志す人には参考になる部分も多いのではないでしょうか?

マニアックな作品ですが、俳優志望とか監督志望の方は見ておくと良いかも。

NHKオンデマンドで「トットてれび」を今すぐ見る

 

第10位:悪党たちは千里を走る

誘拐犯に操られ、自分も誘拐に加担してしまう主人公。

真犯人1人を10話かけて追いかける話です。

 

こちらはトットてれびと違って、予算は少なそうなドラマ(笑)

基本的に主人公に家のシーンが多くて、あとは多少のロケで構成されています。

その分ストーリーと謎解きでCOOLに見ている人を引っ張るドラマです。

 

また違った意味で、その道の人は見ておくと良いかも。

i phoneとかでも「撮れんじゃね!?」と思わせてくれる、良い意味で「同人臭」が漂う作品。

(実際には無理だと思うけど)

 

自分が大学生のころみていたら、影響受けただろうなぁ…。

U-NEXTで「悪党たちは千里を走る」を今すぐ見る

  

年末年始にどうぞ!

以上がぼくが見て今年おもしろかったドラマです!

どうです?

あえて逃げ恥が入っていないランキング(笑)

 

各ドラマを配信している動画オンデマンドサービスをリンクしておきましたでご活用ください。

無料期間がありますので、今すぐ試聴できますよ!

年末年始のお休みにぜひどうぞ。

※配信の確認は記事執筆時のものです。配信は予告なく終了する場合がありますのでご了承ください。

 

 

それでは!

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?