俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

「所さん!大変ですよ」の小屋特集をみた感想。今、小屋暮らしがブームです!

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

9月21日にNHKで放送された「所さん!大変ですよ」が小屋特集でした。

今、にわかに小屋が話題なのです。

 

ぼくも大好きで、小屋に関する情報を色々集めています。

関連記事:小屋、タイニーハウス(スモールハウス)が好きな人におすすめのウェブメディア6選 

 

今回、テレビでガッツリ特集されるというとこで楽しみにしてたのです!

 

テレビで紹介された小屋の事例

番組では様々な小屋の事例が紹介されました。

 

まずは自宅の庭に小屋を建てた男性。

定年退職後、夫婦の距離感に悩んでいたが、小屋を建てて自分の空間をもったことで関係が良好になったという話。

 

小屋キットを90万円で買って、自宅そばでケーキ屋さんを始めた女性。

二児の母でもあり、子育てと両立できる仕事のありかたを模索した結果、小屋での開業にこぎつけたそうな。

今でも1日6万円も売り上げがある日もある人気店になったそうです。

 

そして、小屋ファンにはおなじみの千葉県は九十九里に住む吉田克也さん。

初期費用100万円、月の生活費が2万3500円で動画配信とブログの広告収入で生活をまかなっている話もありました。

こんな動画を配信していますよ。

www.youtube.com

 

最後は秩父で小屋暮らしをして「幸せ過ぎて怖い」という新井亮介さん。

ソーラパネルでの発電や、川を天然の冷蔵庫として使うサバイバルライフを披露。

80坪の土地を20蔓延で購入。

月々の生活費は4万2000円ほどだそうです。

 

しかし新井さん、契約社員として普通に働いていて月収は22万円ほどあるそうです。

なんと年間で200万円も貯金できるのだとか!

う~ん、合理的~。

 

さらに、なんと!

小屋暮らしを始めたことで彼女ができたのだとか!

すげ~(笑)

彼女さんは新井さんの純粋で濁りのない目が好きだそうです。

 

小屋に逃げれると思えば、安心する

ぼくが小屋が好きなのは「ダメになったら、小屋暮らししたら良いじゃん!」と思えるから。

番組でも紹介された通り、必要最低限でも幸せに暮らしている人はたくさんいるんです。

だとすれば何を失うのが怖いのでしょうか?

小屋で幸せに暮らせるなら、もう何も怖いものはない!と前向きな気持ちが湧いてきます。 

 

番組の中では住宅ローンのために働くのはイヤだ、という話がありましたが、働く⇒支払い⇒働く⇒支払い…というループに徒労感を感じている人は少なくないでしょう。

小屋はそれ以外の「生き方」選択肢として注目されていうわけです。

 

小屋暮らしに興味をもったらぜひ関連書籍を読んでみて下さい!

 

まずは小屋暮らしブームの火付け役となった高村さんの本『自作の小屋で暮らそう』

リアルなレポートが最高にワクワクするぼくも大好きな本です。

関連記事: #ニートの日 に『Bライフの愉しみ 自作の小屋で暮らそう』を読んだら、最高だったので感想を紹介する

 

実際に小屋を建てる場合は番組でも紹介があった『小屋入門』が便利です。

関連記事: 小屋が欲しい人は必読の『小屋入門』が楽しすぎた

 

最新の小屋カタログでもある『ニッポンの新しい小屋暮らし』

タイニーハウスを紹介するメディアYADOKARIさんが発刊しています。

関連記事: あんたの死んじまった好奇心を『ニッポンの新しい小屋暮らし』で呼び戻せ!

 

同じくYADOKARIさんの本『アイム・ミニマリスト』は名著!

なぜ小屋やタイニーハウスが受け入れられているかが良く分かる内容だと思います。

関連記事:【書評】ワクワクドキドキして眠れなくなる『アイム ミニマリスト』


それぞれの本の詳しい内容が知りたい方は関連記事もどうぞ!

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?