読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

アーティストマネージャーになるには?仕事内容や給料を経験者に聞いてみた

音楽 音楽-音楽と仕事

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

音楽業界の仕事として誰もが思い浮かべるのが「アーティストマネージャー」ですよね。

今日はアーティストマネージャーになりたい人のために、経験者にその実情を聞いてきた話をお届けします。

知人Aさんはミュージシャン自らが代表を務める音楽プロダクションでマネージャーを務めた経験のある人物です。

 

貴重な音楽業界で働いた体験談です。

ぜひ参考にしてみてください。

 

アーティストマネージャーの仕事内容は?

アーティストマネージャーの仕事

Aさん:

マネージャーの仕事の内容は営業先との日程調整やギャラ交渉など、アーティストの窓口業務が主です。

他にも、みなさんがよく想像するような「コレ買ってきて!」みたいな付き人のような仕事ももちろんありますよ。

ユニークだったのは「ライブ写真の撮影」です。

これはアーティストのカッコいいところを撮る、というよりかはお客さんが盛り上がっているところを撮る仕事でした。

ブログやSNSにアップして宣伝効果を高めるために必要な写真ですね。

他にも会社の規模に合わせて、SNSの管理やフライヤー・ポスターの制作、物販の管理・販売、機材の管理、車の運転など仕事は多岐にわたります。

1つの仕事を突き詰める職人的な仕事ではなく、アーティストのホスピタリティを確保しサポートするのがアーティストマネージャーの仕事と言えそうです。

 

アーティストマネージャーの給料や待遇

コッソリ給料を教えるアーティストマネージャー

Aさん:

ぼくがお世話になった会社は時給制でした。(時給1000円)

決まった休みがあるわけではなく、仕事がある時にガッツリ拘束される感じです。

休日も電話対応や書類の整理をすることも多く、なかなかしっかりは休み辛かったですね。

また福利厚生もなく、不安定でした。

一応良い仕事をすれば歩合で給料があがるシステムでした。

 Aさんの例はちょっとひどいですね…。

しかし一般的に給料に関しては、それほど不安になることはなく相場では年収250万円~となっております。

多い人で1000万円の年収になるようです。

もちろん正社員となれば各種社会保険完備は当たり前です。

 

アーティストマネージャーの仕事の大変なところは?

アーティストマネージャーの苦労

Aさん:

一言でいうと「空気を読む」こと。

音楽業界には独特の常識や慣例があります。

例えば、ギャラ交渉においても他の事務所のアーティストさんの相場と比べて「高すぎず・安すぎない値段」を交渉しなければいけないこと。

とは言え、営業先とアーティストが特別な関係があれば格安で受けるべき時もあります。

そういったサジ加減はアーティストや営業先とよくよくコミュニケーションをとって確認しなければいけないところで大変です。

 

業界の風土は体育会系で上下関係がハッキリしています。

ぼくは完全に文系で慣れるのが難しかったですね。

 これはテレビなども含めたエンタメ業界ではごくごく当たり前のことかもしれませんね。

またエンタメ業界は基本的に不定休です。

多くの人が休む土日に需要が多いんだから当たり前ですよね。

 

アーティストマネージャーになってよかったことは?

愛されるマネージャー

よかったことは色んな所に旅できたことでしたね。

日本はもちろん、海外にも行きました。

 たしかに音楽業界ほど色んな土地に出向く仕事は珍しいかもしれません。

様々な風土を知ることは人生にとって大きな財産になるでしょう。

 

またアーティストが成長して、ステージがどんどん大きくなっていくことにやりがいを感じる人が多いようです。

もちろん「芸能人に会える」のも特典の1つですね(笑)

 

アーティストマネージャーになるには?

最後に実際にアーティストマネージャーになる方法をお伝えします。

多くは音楽事務所(音楽プロダクション)への就職・転職を目指すことになります。

 

新卒で音楽業界の会社に就職する場合

新卒で音楽業界の会社に入社を目指す場合は、基本的に大卒が有利です。

特に誰もが知っているメジャーレーベルとなると、やはり大企業になります。

残念ながらある程度高い学歴の持ち主が就職する会社になるでしょう。

就職に有利な大学を調べるには、まずはリクナビ進学のような一括して資料請求できるサービスを利用して大学に関する情報を集めましょう。

⇒リクナビ進学

 

中途で音楽業界の会社に転職する場合

中途採用で音楽業界を目指す場合はネットの「転職サービス」を使うのが一般的です。

今回ご紹介したAさんは「音楽系求人専門の転職サイト」を使ってそうです。

しかし結果的に転職は失敗。

 

なので個人的にはリクルートエージェントのようなエージェントサービスをおすすめします。

実際に厚生労働省の『雇用動向調査』の特別集計によるとエージェントを使うと離職期間が短くなり、転職後の年収もあがることがわかっているそうです。

 

こちらにおすすめの転職サイトをまとめてありますのでご利用ください。

音楽業界に転職したい人におすすめの転職サイト5選

 

 

 

 

以上になります。

音楽業界は一時期より不景気になりました。

しかしそれはどの業界にも通ずるところで、どんな仕事を選んでも「一生安定」などということは今後の日本ではなかなかないでしょう。

だからこそ音楽に情熱をもっている人は音楽業界で働いてほしいと思います。

 

今回のAさんの体験談。

みなさんのお役にたてたらうれしいです。

ぜひアーティストにとって欠かせないカッコいいアーティストマネージャーになってくださいね!

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com