読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

ヘイシーズの『ねじまがった恋の唄』をメンバーが全力で解説します

自分のこと 自分のこと-ヘイシーズ

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

ヘイシーズの第二弾音源を先月発表しました!

 

お馴染みのヘイシーズのLINEアカウント(とメルマガ)で配信しているのでが、おかげさまで多くのみなさんに聞いてもらってます!

フォローしてくれたみなさん、ありがとう!

 

そこで今日は1st音源でも実施された、メンバーよる楽曲解説したいと思います。

 

つまりセルフライナーノーツ!

 

メンバーそれぞれ独自の視点からヘイシーズの音楽の魅力をお届けしま~す。

それではお楽しみください! 

 

①ビバ・ラ・マドンナ

金山シンジ談

疾走感、これに尽きる。

ずっとこういるたたみかけるエイトビートに憧れていた。

ひとつ聴きどころがあるとしたら最後の多重コーラスと思いつきで入れたタンバリン。これは音源でしか聴けない聴きどころ。

歌詞のテーマは偏執的な愛。

これに尽きる。

高橋哲也談

今回の音源は全体通してロックナンバーとなってるんですがそれを象徴する一曲。

随所に入るギターフレーズが印象的で疾走感溢れる曲です。

「見捨てないで神様〜」の歌の入りが個人的にお気に入り。

星川崇談

こういうのずっとやっていきたいんですよね~。

早いテンポ。

8ビート。

リフ。

バンド始めてからずっと好きなタイプの曲です。

ヘイシーズでもやれたよかったなぁ。

聞きどころとしては二番のAメロ前にいきなり登場するBメロと、三回目のサビに重ねてあるギターですね(右でなってるやつ!)

後半にかけて盛り上がるので、ぜひ最後まで集中して聞いてください!w

 

②チャイナブルー、グッバイ

金山シンジ談

ご機嫌な一曲、曲はだいぶ前から、たぶん「輝いてください」と同じタイミングであった気がする。

しかし、ヘイシーズの作詞家は筆が遅いためドラム星川崇が作詞をし、それに俺が感化されアレンジを加えた。

まさに策士である。

言いたいだけだ、気にするな。

高橋哲也談

実をいうと最初この曲のシンプルなリフに「大丈夫かなぁ」と思ってました苦笑

まあ、出来上がりを聴いてそれは杞憂だったことがわかりましたが。

聴きどころは明るく弾けるような曲調から哀愁溢れる日本歌謡のような変化をみせるラスト前ですね。

星川崇談

個人的には一番思入れがある曲。

元になった詞を書いたっていうのもあるんだけど、なによりアンサンブルが気に入ってます。

ドラムが派手なので目立つんですけど、実は注目してほしいのはベースアレンジ!

Aメロとかめっちゃシンプルでしょう?

でもそのシンプルさが展開を作っていると思います。

あと曲が短くて良いねw

 

③ダラウェイ

金山シンジ談

以前所属していたバンドの曲。

今のほうが良い。

今の方が最新のダラウェイが最高のダラウェイ。

いつかはダラウェイ。

ダラウェイとはだらだら生き生き方のことである。

高橋哲也談

ボーカル金山シンジの前バンドの曲をヘイシーズでアレンジした楽曲。

前バージョンは途中インプロ的なアレンジが入っていたがそれらを省き、一切無駄のない楽曲に仕上がったと自負しています。

サビの「ダラウェイ」は是非みんなで合唱して欲しいですね。

星川崇談

カッコいい!わかりやすい!ノリやすい!

みたいな曲。

ヘイシーズでも随一の人気曲になったと思います。

コーラスが明るくて楽しいので、みなさん一緒に歌ってくださいね。

後日公開されるMVもこちらが採用される予定です!

 

④輝いてください

金山シンジ談

今回録音した曲の中で一番好き。

スタジオで15分くらいで曲の骨組みができて、そこからギターと歌メロは何も変えていない。

歌詞も、『ちょいとお兄さん寄っといで』というフレーズが浮かんでからとんとん拍子で完成。

眠らない街の汚れた歌。

高橋哲也談

1st音源が出来上がった時には既に存在していた楽曲。

当時ライブをする時に曲が少ないのでもう一曲増やそうということで作ったものです。
ライブでは毎回演奏してますが、手ごたえを感じる曲でこの曲の存在が今のバンドの方向性を作ったと言ってもいいでしょうね。

今回の音源ではハイライトとなる曲です。

こちらも「ビバ・ラ・マドンナ」同様ギターリフがかっこいいロックナンバーです。
ちなみに曲名の変わりようが面白い。

「海賊」→「○ンびき」→「新宿」→「輝いてください」

星川崇談

一番気合の入る曲ですね~。

っていうかこういうのって気合入れないとダサいですよね?

レコーディングでも力入れて叩きました!

なので若干、ドラムの音抜けが良くなっている気がしますw

ボリューム最高にして、ベロベロに酔っぱらって聞いてほしいですね!

そんなシュチュエーションが似合う曲。

まぁ、その状態で聞いたらどんな曲も良く聞こえますけども(笑)

 

⑤神様みたいな人

金山シンジ談

これぞまさしくねじ曲がった恋の唄。

映画『男はつらいよ』シリーズのリリーさんをイメージして作った。

シリーズ第15作の『寅次郎相合い傘』の柴又にリリーさんが(中略)とかその他シリーズも盛りだくさんです。

ぜひ観てください、俺も内容忘れたから観たい。

曲は5分くらいでできました。

高橋哲也談

こちらはこれまでの4曲とはちょっと色の違う楽曲ですね。

小話ですがこの曲はとある先輩バンドを金山がえらく尊敬しており、その思想がかなり入っております笑

僕の印象ですが他の曲の歌詞がその場面から一歩引いた第三者の視点から書かれたもので、この曲は主人公本人の直接の気持ちが書かれてる気がします。

詳しくは本人にライブハウスででも聞いてみてください。

ラストを飾るのには相応しい楽曲に仕上がりました。

星川崇談

「あぁ、ロックバンドやってて良かったなぁ」って曲ですねぇ。

こういうポエムリーディングっぽい曲は個人的に大好きでロックバンドならではのカッコよさがあると思います。

ラストの「お互い半分ずぶぬれでーー」ってとこはカッコいいので、ライブではぼくも歌うことにしました(笑)

 

まとめ

そんなわけでセルフライナーノーツをお届けしました!

以上5曲が収録された『ねじまがった恋の唄』はヘイシーズのLINEアカウントかメルマガに登録するとストリーミング&ダウンロードで聞くことができます。

 

まだヘイシーズを知らない方はホームぺージから視聴もできるので、聞いてみて下さい!

⇒ヘイシーズのホームページはこちら!

 

スマホの方はLINEがおすすめ!

 下の「友だち追加」ボタンをタップするとヘイシーズのLINEアカウントがフォローされ、楽曲が聴けるURLが送信されてきます。

友だち追加数

 


PCの方はメールマガジンがおすすめ!

ヘイシーズのメルマガ

 
  • メッセージの送信は月に2~3回を予定しています。
  • 個人情報を不正に使用、流用することはありません。

 

 

 

 以上、バンドマンがお送りしました!