俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

松本市のtabi-shiroはゲストハウス初心者に”超”がつくほどおすすめだった

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

先日、長野県の松本市に旅に出かけました。

宿泊は2016年にできたばかりのゲストハウス「tabi-shiro」

ゲストハウスtabi-shiroの外観

 

いくつかゲストハウスには泊まったことがあるのですが、この「tabi-shiro」は特に「ゲストハウス泊まったことないからなんか不安…」という人にもおすすめできちゃうトコロでした。

 

ポイントをしぼってご紹介しますので、松本市に行きたい人やゲストハウスが気になっていた人は参考にしてみて下さい!

 

オシャレで清潔!

「tabi-shiro」さん、できたばかりと言うこともあってかすっごいキレイでオシャレなんですよ~。

ゲストハウスと言うと、バックパッカーだけが使う寝るだけの場所、というイメージもあるじゃないですか?

 

tabi-shiroはそんなことなくてカッコいい。

こちらがロビー(リビング)。

tabi-shiroのリビング

 

こちらがカウンターバー。

壁は松本城の黒をイメージしてるそうです!

tabi-shiroのカウンターバー

 

カウンターの向かいには子上がりが。

壁は漆喰なんですが、日本でトップ3に入るほどの職人さんによる施工だとか。

めっちゃツルツルでビックリしますよ!(笑)

tabi-shiroの小上がり

 

ところどころかわいいデザインが施されています。

tabi-shiroのかわいいデザイン

tabi-shiroの靴箱

 

薪ストーブも趣があって良いな~。

tabi-shiroの薪ストーブ

 

tabi-shiroをデザインされたのがお馴染み(?)の東野さんということで、モダンでカッコいい。

関連記事:ここでなら生きていける…リビルディングセンタージャパン(リビセン)に行ってきた! 

 

さらに女性に嬉しいのが、シャワーとトイレの女性専用があること!

男子禁制のエリアが用意されています。

tabi-shiroのシャワールーム

 

ヘタなビジネスホテルより全然ホスピタリティが充実しています。

衛生面が気になる人でもまったく問題なし!

 

個室がある!

ゲストハウスと言うと、ドミトリー(相部屋)が一般的ですが、tabi-shiroには個室があります。

お値段はちょっと上がりますが、めっちゃ過ごしやすかったです。

 

和室で部屋には鍵付き。

鏡台があったり、エアコンもついてる!

 

「今年最強の寒波が襲来!」みたいな時期に行ったのでエアコンは嬉しかったなぁ~。

ドミトリーだとなかなか自分に最適な環境にするのは難しいですが、個室だと気を遣わずに済みます。

おかげで風邪をひかずに済みました。

 

最大3人まで1つの個室で泊まれますので、部屋は結構広いです。

荷物が多い方にもおすすめですよ。

 

食事とお酒が充実!

 tabi-shiroは食事やお酒が充実していてびっくりしました!

まず宿泊するとドリンクが一杯が無料で飲める「ドリンクチケット」をもらえます。

 

ドリンクチケットで飲めるお酒は一部ですが、夜のカウンターバーでは色んなお酒を飲むことができます。

tabi-shiroのお酒類

ツマミもけっこうたくさんありました。

 

さらにこの日は特別メニューでおでんがあり、「おでんセット」はおでんネタ×5、自家製漬物、ご飯がセットで500円という充実っぷり!

食事は別に用意してたのですが、いやコレでよかったわ(笑)

 

もちろんゲストハウスならではのキッチンも用意されてますので、ご当地食材を調達して料理するのもOK!

tabi-shiroの調理器具

tabi-shiroのキッチン

 

結構本格的な料理もできそうです。

この日は長野名物「おやき」と信州みそに付け込んだ豚肉を簡単調理しました。

おやきと信州みその豚肉

 

はじめてのゲストハウスはtabi-shiroがおすすめ!

このようにtabi-shiroさんはゲストハウス初心者でも気兼ねなく利用できるホスピタリティの高い宿でした!

松本市はコンパクトシティで自転車で観光地を巡ることができます。

tabi-shiroは松本駅から徒歩10分と立地も良好。

 

さらにオーナーさんは旅行代理店に勤務されていた経験があるそうで、観光名所をうかがうとサクッと案内してくれました!

ほとんどそれ任せで旅行しましたね(笑)

 

ゲストハウスならではの交流もあり、この日は同じ宿泊者のカナダ人バーテンダーによる「ブランボー」というカクテルをお相伴にあずかりました(笑)

カクテルのブランボー

寝室の飲食は禁止で、ドリンクチケットもあるので宿泊者はみなさんロビーで食事やお酒を飲みます。

自然な出会いがデザインされているので、何気なく会話をしてみて下さい。

 

tabi-shiroはさながらまっさらな「旅白」を自分色に染めるに最適な場所です。

まだ出会ったことのない人や感動がここから始まる、ワクワク系のゲストハウスかもしれません。

 

松本市を訪れた際は、ぜひ旅の拠点に利用してみて下さいね!

 

 

 

それでは!

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?