読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

自分のお店のブログの作り方、書き方|月商100万円の事例も

ブログのこと-ブログツール ブログのこと

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

「自分のお店の宣伝をしたい!でも、予算はかけられない…。」

特に個人事業主の方はそんな悩みをお持ちのかたは多いと思います。

 

格安でできて、効果の高い宣伝方法とはブログです。

そこで今日は、自分のお店を宣伝できる「ブログの作り方、書き方」をご紹介します。

 

まずは「ブログマーケティングってこんなに強力なんだ!」と知ってもらうために、飲食や実店舗に限らず、ブログマーケティングの成功事例をご紹介します。

 

こんなにすごい!ブログの効果

①美容師+ブログ

kazuhirouno.jp

実店舗を構える小売業やサービス業がネットを積極的に活用する事例も増えてきましたが、こちらは典型的な成功例ですね。

「ストック型」のブログの特性を活かしています。

あとはLINE@によるコミュニケーションもポイントになっていますね。

 

②音楽+ブログ

kohrogi.com

僕も大いに参考にしているこおろぎさん。

現在、月間で10万PV前後のアクセス数があるブログに成長しています。

「音楽でメシ」を達成、進行中です。

 

③ウェブ制作+ブログ

liginc.co.jp

ブログマーケティングと言えば日本一有名なのがLIG。

なんと300万PV!

月に300万ものページが見られているんですね。

そりゃ、集客効果ありますよね。

そもそも実店舗のないWEBサービスとブログの相性はバツグンでしょうか。

 

④WEBマーケティング+ブログ

ferret-plus.com

こちらもITでは有名なブログです。

LIGとあわせてご覧ください。

っというかブログはじめウェブマーケティングの指南書になってますから是非。

 

このようにブログで成功している事業は世の中にたくさんあるんですね。 

 

それでは、次にお店のブログのつくる方法をご紹介します。

まずはしっかりホームページをつくりましょう。

ホームページはネットで常に配られ続けるチラシです。

対して、ブログはそのチラシを配ってくれる無料のアルバイトとでも言いましょうか。

 

この両輪をしっかりつくることが大切です。

 

飲食店とか、美容院、床屋さんなど個人事業のホームページにぴったりなサービスをいくつか見つけたので共有します。

 

検索すると結構たくさん出てきますよね?

でもちょっと大げさすぎたり、費用もかさむものが多いです。

そこで今回は無料~月額1000円ほどで運用できる格安のサービスを選びました。

 

個人商店むきホームページ作成サービス3選

①無料でサクッとつくれる「favyページ」

まず「ネットとか苦手!」「サーバーなにそれ?美味しいの?」レベルの人は「favyページ」がおすすめです。

メールアドレス、写真、文章を用意すればサクサクっと自分のお店のホームページがもてます。

ほとんどSNSのプロフィールを作る感覚で簡単に作れちゃう。

 

ページを作るだけならなんと無料です。

とは言え、飲食店に必要な最低限の機能「メニュー」「ネット予約」「求人募集」などは完備。

ネットマーケティングで集客は考えてないけど、とりあえず作っておきたいって人はこれでオッケーですね。

ブログサービスはついていないので、別途アメブロなどでブログを立ち上げておきましょう。

 

②本格的ウェブマーケティングなら「Micata」

ぶっちゃけ本格的にウェブマーケティングをやりたいなら業者に頼むより、自分でやったほうがよっぽどコスパが良いです。

マーケティングとホームページの立ち上げがセットになったサービスもいつくも見かけますが効果はわかりませんし。

逆に言うと、「レンタルサーバーを借りてワードプレスをインストールする」ぐらいはできないと実りあるマーケティングとかは難しかなというのが実感です。

 

で、それができるならテーマ(テンプレート)は断然「Micata」がおすすめです。

Micataはブログ・アフィリエイト界では有名なStingerの作者Enjiさんが作ったテーマです。

ウェブで稼ぐプロがウェブマーケティングを前提に作ったテーマですので、かなり信頼感は高い。

 

使用するにはもちろんレンタルサーバーが必要です。

おすすめは本気ならやっぱりエックスサーバーですかね。

いろんなブロガー御用達のサーバーで、月額1000円から利用できます。

 

Stingerはブロガー使用でしたが、Micataは店舗があるビジネスに最適化されたヴァージョン。

本気のウェブマーケティングで勝負したい人はぜひ使ってください。

 

③王道!でも格安な「Goope」

「無料サービスより細かい設定がしたいけど 、一から自分でやるのは無理!」

というのも人情ですよねぇ。(笑)

 

そんな人は「グーペ」でオールオッケーです。

グーペは王道のホームページ作成サービスですが、なんと月額費用1000円と言う安さ。

でもちゃんと競合サービスと一緒でサポートも付いてます。

 

グーペを運営しんているGMOペパボはレンタルサーバー、ウェブショップ作成などなど幅広くウェブサービスを提供している会社です。

専門的で閉鎖的な同業サービスの中において、全体的にポップな印象でとっつきやすい。

以前類似サービスを使って挫折した方とか、こういったサービスを始めて使う方におすすめです。

もちろんブログも併設できますよ。

 

ホームページは意思をもってつくろう!

インターネット、とりわけホームページというのは使いようによってはビジネスの強力な味方になります。

でも、その正しい効果的な運用方法って意外とブラックボックスですよね。

 

色々調べてみると、自分のスキルと目標にあわせてこの3つの選択肢で十分だとわかりました。

Micata製作者のEnjiさんのブログにもこうあります。

まだ会社にホームページが無い方、あるけど全く効果が出ていない方はこれを機に見直しては如何でしょうか?「高い、カッコいい、お洒落」なホームページが効果があるなんてのは大間違いです。

引用元:大金をかけずに勝つ!自分で作る「戦うホームページ」の骨子案 - 無料ホームページ作成のmicata(ミカタ)

 まったくその通りでできる人はどんどんやって、できない人は良心的なサービスを使えば良いのです。

 

今回ご紹介した3つのサービス。

飲食店で勝負をかけるみなさんにとって良いガイドになったら幸いです。

 

ぜひ、検討してみてください。

 

お店の宣伝に効果的なブログをつくるポイント

最後にブログマーケティングのポイントをお伝えします。

ブログには以下のような特徴があるんですね。

これを覚えておかないと、どんなに記事を書いても暖簾に腕押しです

成果を上げたい人は意識しておきましょう。

 

①時間がかかる!

ブログマーケティングは時間がかかります。

たまたま何かの拍子に記事がバズる(瞬間的にアクセスが集まる)ことはあっても実際に顧客に繋がることは少ないようです。

ちなみに僕のブログですと月間で約4万人が見ています。

ここまでくるのに1年ほどかかりました。

(まぁ、これはかなりヘタクソ。超凡人レベルです 笑)

とはいえ、ジャンルに特化したブログならばそんなにアクセスがなくても顧客につながりやすいと思います。

コツコツやるのがコツ、です(笑)


②役立つコンテンツをつくる!

じゃあ、書くものが何でも良いかというとそうでもない。

「読んだ人のためになる記事」を書きましょう。

仮に理容師なら「絶対に痛まない髪の洗い方」とかですよね。

また、最低限タイトルに気を配ることも大切です。

タイトルに固有名詞を入れることで検索に引っかかりやすくなります。

 

③気軽に外注する!

ブログ運営で大変なのは実は記事を書くことじゃなくて、デザインのカスタマイズやそもそも立ち上げ方だったりします。

これはある程度、プログラミングなどの専門知識が必要です。

自分で覚えてもいいのですが、やっぱり本業があるのでここは外注に頼りましょう。

今はクラウドソーシングなどで気軽に専門の人に作業をお願いすることができます。

おすすめはココナラというクラウドソーシングサイトです。

ココナラは単価500円~という非常に気軽なシステムになってますので初心者でも使いやすいのでおすすめです。

 

 それでは以上です。

 

ぜひみなさんのお店の宣伝に役立ててくださいね!

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com