読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

日本上陸は7月?Spotifyは儲かるのか、その是非を問う

音楽-音楽ニュース 音楽

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

 

音楽ストリーミングサービス『Spotify』

海外では最大手のサービスで、既に多くのユーザーを抱えています。

ついに日本でも上陸するとのウワサが流れ始めました。

音楽ストリーミングサービス「Spotify」が7月スタート!? 楽天も同月に音楽サービスを開始か | かみあぷ – iPhoneひとすじ!

月額料金で音楽を聞き放題という夢のようなサービスですが、いつまでもその是非が問われています。

論点は主に「ミュージシャンがちゃんと儲かるのか?」ということ。

果てして実態はどうなのでしょうか?

 

肯定的意見


エド・シーランがSpotifyのロイヤリティ料支払いを支援「Spotifyのおかげでスタジアム公演を完売できた」 | All Digital Music


Spotifyを使って大成功を収めた独立系シンガーソングライター「ロン・ポープ(Ron Pope)」(前半)

上記の2つの記事はいずれも「ライブ動員が伸びた」というのが肯定する理由です。


連載第16回 Spotifyは救世主なのか スウェーデンのレコード産業+30%の急成長 | Musicman-NET

こちらは「違法ダウンロードを撲滅できる」というのがSpotifyを後押しする理由に。

 

否定的意見


テイラー・スウィフト、定額音楽配信Spotifyから最新アルバム「1989」含む全アルバムを削除。Spotifyも認める | All Digital Music

しばしばspotifyからアーティスト側に支払われるロイヤリティが問題視される。

結果的にテイラースウィフトの新譜は近年、最も売れたCDになった。

テイラー・スウィフト、新アルバム「1989」が初週100万枚突破。2002年以来の最高売上を記録 | All Digital Music

 

世界はSpotifyを肯定する方向に動いている

Spotifyは拡大し続けて、それに伴い肯定的な意見を述べる人が増えてきている気がします。アーティストがSpotifyにうまく対応するためのポイントは2つ。

既存のビジネスモデルからの脱却

Spotify、唯一の欠点はロイヤリティの支払額の低さです。それを克服するために必要なのはCDを最大の商品としてた音楽業界の既存のビジネスモデルからの脱却です。上記の例を見れば「ライブ」が最も重要なマネタイズポイントになるでしょう。

SNSと連携したマーケティング

そして、ライブにファンを動員するためにはSNSとの連携が欠かせません。SNSとストリーミングの相性の良さは抜群で、海外では様々なマーケティングが行われています。(例えばこちら:

ワン・ダイレクションが実施する、SpotifyとTwitterをつなぎファンを動かす音楽マーケティングの仕組み #H1DDENinSpotify | All Digital Music

 

現状、他の選択肢はないのではないか?

Spotifyは海外で「音楽産業を復活させた」という実績を上げています。

ガラパゴス化しているという日本の音楽産業ですが、この変化を前向きに捉えるしか道はないのではないでしょうか?

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com