読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

「音質論争」は終わったと思うのでSONYの「ハイレゾ推し」が心配

その他

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

バンドメンバーの家で久々に”CD”で音楽を聞いてみたんですね。

そしたら衝撃でした。

 

「音悪っっっ!!」

 

一般的にはCDより圧縮されたmp3音源(つまりダウンロード)の方が音が悪いって言われているじゃないですか。

 

でも、問題は”再生機器”のほうにあったんです。

 

メンバーの家のCDプレーヤーの品質が悪かったんです。(まぁ、今日びもってるだけですごいのか)

僕自身、それまで音質として優位だからとCDを奨励していた面がありました。

しかし、本当に重要なのは「音の出口と入口」

つまりレコーディング(特にマイクの選別とマイキング)とスピーカーなのですね。

 

第一、僕は10代の時MDを聞いていた世代。

MDよりYouTubeやストリーミングのほうがよっぽど音が良いのではないでしょうか?

そう考えると僕が音質にこだわることに説得力がない。

 

これつまり「音質論争」が終わったということだと思うんです。

 

テクノロジーが進化すれば自然と音質は良くなるので、あまり議論する意味がない気がします。

つまり、コアな音楽ファン(もしくはミュージシャン)ならばともかく、一般のユーザーからすると「どうでもいい」ことなんだと思います。

 

SONYはコアな音楽ファンにウォークマンを売りたいのか?

最近、SONYが大々的にハイレゾをPRしてますよね。


木村カエラがハイレゾに包まれる!? 「ソニー ウォークマン」新CM - YouTube

音楽を売る側と買う側になんかちょっと温度差を感じるんですよね・・・・。

ハイレゾにどれほどのユーザーが興奮を覚えているのでしょうか?

いや、文化として、テクノロジーとしては僕も「ハイレゾ推し」なんですよ。

高音質がいつでもどこでも聞けるってすばらしい。

ただ、キャンペーンとして、マーケティングとして「今」それなのか?と疑問があります。

 

ちょっといくつか疑問点をあげてみます。

 

①音楽製作の現場はついていけているのか?

ミュージシャン側にとっては高音質で音楽を発表できるのは最高にうれしいことだと思います。

しかし、それは音楽の聞き方は二極化せず多様化すべき という記事にも書いたんですが、1つの選択支に過ぎない。

音楽製作の制作費がどんどん削られる業界でハイレゾを活かしきるレコーディングができるのか・・・・・。

 

がんばってほしい・・!!

 

②イヤホン高い!

ソニー 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-Z5

新品価格
¥55,790から
(2014/12/25 11:26時点)

こ、これはさすがに高すぎる・・・・。

安いのでこれぐらい。

ELECOM ハイレゾ対応 ステレオヘッドホン カナルタイプ 9.8mmドライバ CH1000 ゴールド EHP-CH1000GD

新品価格
¥7,554から
(2014/12/25 11:32時点)

最新のウォークマン本体がこの値段。

SONY ウォークマン ZXシリーズ <メモリータイプ> 128GB シルバー NW-ZX1/S

新品価格
¥65,315から
(2014/12/25 11:36時点)

おお・・・。高い(苦笑)

安いのでこのくらい。

SONY ウォークマン Fシリーズ 16GB ブラック NW-F885/B

新品価格
¥23,000から
(2014/12/25 11:38時点)

つまり合計で¥30000くらいは必要ということですね。

「音楽が無料」のこの時代。

「ハイレゾ」だけで¥30000を使ってもらうのは至難の業ではないでしょうか?

 

③いったい誰に売りたいのか?

CMに起用されているのが木村カエラさんですね。

木村カエラさんは僕ら20代や30代の方にとっても人気のあるポップアイコンだと思うんです。

でもその世代。

音楽に¥30000使うかな?

素人考えですが、音質にこだわりがあるユーザーに売りたいのなら例えばYMOのメンバーとかがいいと思います。

 

過去にテープからメタルテープ、CDからプルースペックCDなど、音質向上のテクノロジーは開発されてきました

しかし、PR戦略としてはことごとく失敗しているのですね。

いずれも次世代のメディアにとって変わられることになります。

 

その当時の音楽文化を変えるには至っていないのです。

 

もう音楽不況と言われて久しいのですが、その状態を脱するためには「音楽を消費するシーンごと変える」必要があります。

 

つまり、ライフスタイルを変えなければならない

 

その可能性は秘めているのは「ハイレゾ」より「ストリーミング」だと個人的には思っているんです。

 

SONYは世界を変えられる

ものすっごいSONY批判に聞こえちゃってると思うんですが、SONYの音楽文化の貢献度は計り知れないものがあります。

 

過去にはCDやウォークマンで革命を起こし、自ら音楽レーベルを持っている。

音楽の「揺り篭から墓場まで」をもっている数少ない企業です。

 

アップルが音楽業界で革命を起こせたのはアイフォンとアイチューンズ(またガレージバンド)といった音楽のインフラを作ったから。

SONYも同様にウォークマン(またはエクスペリア)やMusicUnlimitedなどインフラを既に持っている。

(追記:MusicUnlimitedは終了しました)

この日本から音楽革命を起こせる数少ない企業の1つであることは間違いありません。

 

とかく、もっと業界が豊かになって、ミュージシャンや音楽関係者に利益が還元されるようになって欲しいと切に願っております。

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

バンド活動にお役立ち『バン活!』カテゴリー主な記事一覧

バンド活動のノウハウをみんなで共有『バン活!』をはじめます!

おすすめの人気記事

  1. ミュージシャンやバンドマンなら知っておくべきウェブサービス47選 
  2. 仕事がないミュージシャンにおすすめの副業6選 
  3. 【現役バンドマンが教える】バンドマンの定番おすすめバイト5選 

ライブ集客をしよう

  1. あなたのバンドがライブ集客に失敗する理由とその改善方法 
  2. 「音楽が無料になる」その理由が圧倒的過ぎる 
  3. ロックバンドやアーティストの「ファンクラブ」の作り方と運営方法 
  4. アーティストの音楽活動におすすめのメルマガスタンドまとめ
  5. 「くるり」も使ってる!バンドの音楽活動における『note』の可能性 
  6. ロックバンドが『LINE@』のアカウントを絶対に開設すべき3つの理由
  7. ロックバンドの売れるホームページの作り方&便利なサービス 
  8. ロックバンドやアーティストがファンを増やす方法とは?音楽以外の活動も必要

YouTubeを活用しよう

  1. 知っておくべきYouTubeの再生回数が増えない理由
  2. YouTubeに最適な設定をしてミュージックビデオの再生回数を増やそう!
  3. 【YouTube】ミュージックビデオの再生回数を10倍にする方法  

SNS宣伝術

  1. 【初心者OK】ミュージシャンがツイッターをうまく使う方法 
  2. 【ツイッター】エンゲージメント(反応率)を上げる方法 
  3. ミュージシャンやバンドマンの音楽活動でブログを活用する方法 

有料の広告を使ってみよう

  1. バンドの活動の無駄!あなたが払ったノルマ代の¥30000でこれだけの広告ができたよ 
  2. Facebookページであなたの音楽を1万人以上にアピールする方法
  3. Google adwords広告を使ってミュージックビデオの再生回数を増やす方法 
  4. ツイッターであなたの音楽を20万人に宣伝する方法
  5. ロックバンドのライブフライヤー(チラシ)の作り方 

バンドマンのモノづくりあれこれ

  1. おもしろいライブイベントの企画をつくる方法を考えてみた 
  2. 都内でノルマ制じゃないライブハウスまとめ
  3. 格安でレコーディングする方法はセルフレコーディングです
  4. 格安でレコーディングできる秘密は”個人経営”のスタジオだから 
  5. CDが売れない?バンドはCDを作るべきか、否かを考え対応策をとろう 
  6. おすすめの激安CDプレス会社と紙ジャケットを手作りする方法 
  7. インディーズバンドのミュージックビデオ(PV・MV)作り方色々(僕のドキュメントを含めて)
  8. ノーリスクでバンドTシャツとかグッズをたくさん作って売る方法
  9. 【成功例も紹介】音楽制作の資金を募る『クラウドファンディング』て知ってる? 

音楽を流通して売る方法

  1. CDを全国流通したいあなたの音楽を売ってくれるディストリビューターまとめ 
  2. 自分の音楽が売れる通販サイトをつくれるサービスまとめ
  3. イベントやライブのチケット流通して売る方法 

バンド活動のさらなる飛躍を

  1. 【超重要】バンド名の決め方、これだけは意識すべきポイント 
  2. 【バンドを辞めたい人へ】U2に見るバンドを“長く続ける方がいい理由” 
  3. ダメバンドマンって「音楽性の違い」でケンカして、解散するよね
  4. キャッチコピー(フレーズ)が秀逸なロックバンド3選 
  5. ミュージシャンやアイドルが海外進出するために必要なツール7選
  6. ツアーバンドが見ておくべき便利サイト6選
  7. バンドの機材車を手に入れるおすすめの方法4選
  8. 路上ライブの許可のとり方&必要な機材、そしてそれで家族を養った話とは? 
  9. ロックバンドのステージ衣装の選び方とお店まとめ 
  10.  バンドロゴ作成のやり方&便利なサービス
  11. 【プロから趣味まで】ミュージシャンになるには楽器を練習しなきゃ!演奏力を上げる7つの方法 

参考になるアーティスト集

  1. ミュージシャンは業界に頼らずに「こおろぎさん」と「まつきあゆむさん」を目指すのはどうだろう? 
  2. 田舎で自由に音楽をするという最高の生活『mothercoat』と『凡人ハウス』
  3. 『Sleepyhead jaimie』に学ぶ稼げる音楽活動論 
  4. ロックバンド『忘れらんねえよ』のマーケティング(宣伝)が面白くてウケるwww
  5. ロックバンドがSEO対策をがんばるとこうなる。『ロックバンドおかん』 
  6. フラカンみたいにずっとライブバンドをやり続ける方法 

『バン活!』最新の記事はこちら