俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

ミニマリスト必見のドキュメントムービー『simp life』は超楽しいぞ!

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

『simp life』という映画を見てきました!

このタイトルにビビッと来た人はもう立派なミニマリスト。

 

一般的な住宅より随分と小さい「タイニーハウス」という住まい。

タイニーハウスは大小さまざまですが、大体30㎡以内かその程度で車輪がついているのが大きな特徴です。

よって不動産ではなく「動産」

購入する時も住宅ローンではなく、自動車ローンで買ったりします。

 

そんなユニークなタイニーハウスを紹介する映画が「simp life」です。

 

全国キャラバンで旅をしながら上映会!

「simp life」は全国ロードショーされる映画ではなくて、かといって単館で上映される映画でもありません。

なんと移動型の上映会を全国を開催しているんです!

 

ぼくが見に行ったのが、5月19日下北沢ケージで開催された東京の回。

この全国キャラバンのなにが楽しいって、映画に登場するようなタイニーハウスが実際に見れるんですよ!

 

作ったのは「simp life」の制作者でもあるツリーハウスビルダーの竹内さん。

Takeuchi Yuichi

1974年生まれ。20歳で渡欧、クリエイターの下で便利屋修行、たまに不思議な日用品を制作、発表。2008年から小屋の制作開始。2010年株式会社ツリーヘッズ設立。ツリーハウスやタイニーハウスの制作をしながら全国各地を旅している。

 

実際に中に入ることもできます。

いやぁ、かっこよかったなぁ…。

年甲斐もなく(?)興奮しました!

 

入口!

ヴィンテージ間のあるドアがかわいい。

f:id:sohhoshikawa:20170520210438j:plain

 

中に入ると左手に小さなキッチンスペース。

f:id:sohhoshikawa:20170520210531j:plain

 

正面にはソファがあります。

f:id:sohhoshikawa:20170520210612j:plain

 

ソファの上にはロフトも!

寝る時はココでしょうね。

f:id:sohhoshikawa:20170520210704j:plain

 

内装もセンスが良くてかわいい…。

f:id:sohhoshikawa:20170520210740j:plain

 

このタイニーハウスには車輪がついているので、車で牽引できます。

f:id:sohhoshikawa:20170520211122j:plain

 

これで全国を回れるわけですね~。

 

で、タイニーハウスに入ってみた感想ですが…。

まず暑い!(笑)

窓は3か所ほどあるのですが、この日の東京がアツかったこともあり車内(屋内?)はかなり暑く感じました。

 

こりゃ、夏は大変だな~と思います。

ですが車で引っ張れるのだから夏は北国に行っちゃえばいいんじゃない?

土地に家を合わせるのではなく、家に土地を合わせる。

そんなユニークな暮らしができる可能性があるのもタイニーハウスの魅力だと思います。

 

狭さについては個人的には全然OKだなと思いました。

普通に暮らせる大きさかなと。

(もちろん1人暮らしだけど)

同じ狭さでもタイニーハウスで気ままな旅をした方が、都心のワンルームにモノを詰め込んで寝るだけの生活よりよっぽど楽しそうです。

 

実物を見た後は映画「simp life」を堪能!

タイニーハウスを体験した後はいよいよ映画鑑賞です。

 

下北沢ケージに併設されているアジア料理を頂きながら…

優雅に観賞させていただきました!

 

一言でいうと「超楽しい!」映画でした。

ここでもだいぶ興奮!

 

いや、もちろんドキュメントであり、ロードムービーなんでハリウッド映画的な楽しさじゃないですよ(笑)

 

個人的にとても楽しかったんですよね。

だって憧れていた暮らしをしている人がた~くさん登場したんだから!

 

  • ポートランドのタイニーハウスコミュニティーで暮らす人々。
  • 広大な土地にいくつかのタイニーハウスを立てて暮らす家族。
  • タイニーハウスを連れて、ジャーナリストとして全国を旅する夫婦。

 

などなど…「自由」と「幸福感」たっぷりのライフスタイルが切り取られていました。

タイニーハウスで暮らすメリットは、

  1. 金銭的負担が少ない
  2. 身の丈がわかる

ということだと思います。

 

タイニーハウスその狭さ故に一般の住宅よりもちろん安く購入できます。

作中には自作する人もたくさん出てきますよ。

 

身の丈がわかる、というのはその狭さゆえの副産物だと言えるでしょうか?

タイニーハウス暮らしに挑戦すると、狭い⇒持ち物を吟味する必要がある⇒自分にとって本当に必要なものがわかる、という過程を半ば強制的にたどるんです。

それが人間的、哲学的な成長に寄与して登場人物はみな一様に幸せそう。

 

興味深いには物語の最後に出てきたタイニーハウス⇒アパートに移り住んだ女性の言葉です。

彼女は仕事や友人関係の都合からアパート暮らしを始めたそうですが、

 

「でも、タイニーハウスにいる頃からモノは増えていないわ!」

 

と言います。

これは一度タイニーハウスを経験することによって得られた「身の丈」の効果でしょう。

きっとこれからも彼女は散財したり、モノに人生を奪われることはないと思います。

 

「simp life」全国キャラバンは5月27日(土)山梨県北杜市で終了!

この映画はミニマリストはもちろん、ヒマな人みんなにみて欲しいですね(笑)

実物のタイニーハウスも見れるので普通に遊びに行ってみると楽しいと思います。

 

トレーラー映像はこちら↓

 

全国キャラバンは次の山梨で終了とのこと。

今後はDVDにするかなど検討中とのことですが、ぜひAmazonプライム・ビデオなどで配信して欲しいですよね!

人にも薦めやすいので。

 

「simp life」の詳細は公式サイトへどうぞ!

シンプライフ / simplife : a tiny house film & workshop | 自分がいちばん、自由になれる暮らし

 

 

いや~、楽しかったなぁ…。

みなさんも是非ごらんになってみて下さい!

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?