読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

まだ都心で消耗してるの!?23区外で遊ぶ『銭湯経済』のすすめ

ローカル情報 ローカル情報-狛江のこと

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

いやぁ、ぼくは都心で遊ぶのも好きなんですけど移動がだるいから、ついつい近場ですませちゃうんですよねぇ。

今、住んでいるのが「狛江市」ということろ。

 

いわゆる東京都下で、住みやすい街です。

住みやすい街ですがレジャーやエンタメがない…!

と思われがち。

 

ですがちょっと深堀してみるとなかなか良いもんです。

今日はぼくの休日を紹介しましょう。

ムリして流行に敏感にパンケーキを食べに行かなくても良いのです。

(古い?)

 

まだ都心で消耗してるの?

 

早起きは必要ない。だって急ぐ必要はないから

まず朝はゆっくり8時くらいに起きます。

天気が良かったので、軽く掃除や洗濯をして…。

簡単な家事を済ませちゃいましょう。

 

狛江から新宿までは電車で2、30分ほどなんですが都心に出かけるとなると気合入っちゃってオシャレやなんやで準備に時間がかかります。

移動を考えると逆算してこの時間に出発しなきゃ…と考える必要もナシ。

 

地元ですから気楽でOKです。

余裕が出た分、平日たまってしまった用事を午前中に済ませましょう。

 

午前中は家でゆっくり、庭で育てたミントとローズマリーでアロマをしてみました(笑)

f:id:sohhoshikawa:20161013111058j:plain

(意外と香りが充満してびっくり)

お昼も自炊して午後からでかけます。

もちろん自転車圏内!

 

日本を代表するコーヒー屋さん「堀口コーヒー」へ

堀口コーヒー

まずは「堀口コーヒー」へ行きます。

狛江市民にはおなじみかもしれませんが、ココはなかなかスゴイコーヒー屋さんで昨今のサードウェーブムーブメント以前から、スペシャルティコーヒーの普及に尽力してきたお店です。

社長の堀口さんはコーヒーセミナーの講師や、本の執筆なども手掛けています。

 

そんな堀口コーヒーでは定番のブレンドはもちろん、その時々で個性豊かな「シングルオリジン」を楽しむことができます。

今まで体験したことない華やか~な香りを楽しむことができますよ。

 

堀口コーヒーについてはこちらも。

狛江で本格カフェなら「堀口コーヒー」でキマリ!コーヒー好きのトビラを開けよう! 

 

今日はとりあえず上質なコーヒーを飲みながら、読書をしてみます。

まぁ、読んでいるのはKindleでセールをしていたギャグマンガですが(笑)

 

コーヒー飲みながらグルメ漫画読むのはなんか微妙ですねw

 

多摩川をサイクリングしよう!

さて続いては多摩川ぞいを自転車でぶっ飛ばしてみます。

狛江市は多摩川が近い。

 

この日は久々に天気もよくて最高! 

空がひらけて気持ちいいんですよね~。

 

銭湯でサウナに興じる

サイクリングで汗をかいたら銭湯に行きましょう。

狛江には老舗銭湯が2つほどあるんですが、今日は駅から近い「狛江湯」へ。

創業60年!

 

ここはサウナがあって、サウナ込みの料金で800円です。

サウナを使うとバスタオルとタオルがセットになるので意外とお得かも。

 

サウナ10分⇒水風呂5分⇒休憩

を3セットしてきました!

 

いや~、ちょっとフラフラ(笑)

でも確かに疲労回復には良い気がします。

サウナにハマったらもう親父ですか?

 

なんと「狛江湯」ツイッターアカウントがあるじゃないですか。

がんばってるな~。

 

 

夕食は名店「茶々」へ

本日のシメは狛江で超おすすめの名店「茶々」です。

一応、カフェなんですが夜はお酒に食事も楽しめるダイニングバー的な使い方もできます。

 

メニューはその時々で様々な楽しめます。

 

牛もつカレー!

牛もつカレー

 

エスニック風うどん!

エスニック風うどん

 

マグロ大根!

マグロ大根

 

などなど体に優しい食材をつかった、マスター渾身の逸品がいただけます。

本当に美味しいので狛江市民のかたはぜひ!

 

狛江湯から近いですよ~。

くわしくはこちら。

茶々Facebookページ

 

『銭湯経済』とは?そのメリット

いかがでしょうか?

狛江って意外と良いお店やスポットがあるでしょう。

 

こういった自分の地元で生活し、遊び、経済をまわしていくことを「銭湯経済」というらしいです。

こちらの本で提唱された言葉です。

 

銭湯や商店街を中心とした顔の見える経済の重要性と可能性を考えた内容になっています。

気になった方は是非。

実際にこうやって地元で過ごしてみると「銭湯経済」にはメリットがあるなぁと思いました。

 

とにかくマイペース

とにかくゆっくり、自分のペースで過ごすことができます。

行列に並ぶこともないし、電車の待ち時間もありません。

 

流行りのお店を目指したはいいものの、行列を見ておっくうになり結局、マクドナルド…。

なんて悲しすぎます。

 

銭湯経済は全ては気分次第。

ゆっくり過ごすにはうってつけです。

 

またサイフにもやさしいかなと思います。

この日つかったお金は5000円ほど。

堀口コーヒー:約900円

銭湯:800円

茶々:3000円

茶々ではビール・日本酒・料理に二品に〆はおにぎりセットまでいただいてお腹も満足。

電車代とか移動費って結構かさみますよね。

 

デジタルデトックスに最適!

この日はスマホを家に置いていきました。

スマホがなくても安心なんですよ。

 

だって地元だから。

 

Googleマップも、乗換案内も、なんなら時計だっていりません。

暗くなったら帰ればよいのです。

ぼくなんかブロガーですから、ついついスマホみちゃう性分。

でもやっぱり意味のない観覧も多い。

 

サイクリングとサウナで頭をカラッポにして、マスターと語り。

その夜はウソかホントかいつもよりも良く眠れました(笑)

 

都心に出かけるとスキマ時間でついついスマホを見てしまうことは少なくありません。

もちろんネットは大好きなんですが、大好きでい続けるためにもネットから離れる時間は必要だな~と思います。

 

銭湯経済で癒されよう

きっとみなさんの地元にもまだまだ隠れた魅力的なスポットがあると思います。

ブロガーにとっては美味しいネタになるかもしれませんよ(笑)

是非探してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

それでは!

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

 

 

 

こちらもどうぞ! 

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com