俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

バンドマンを救う!PAに照明…あなたのスキルで稼げるpookに注目

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

ランサーズというクラウドソーシングサービスが2017年6月に新たに「pook」というサービスを始めるのでご紹介します。

 

コレはミュージシャンのみならず、色んな音楽スキルをもった人に可能性に与えると思うんですよね~。

 

ランサーズが手がけるpookとは?

f:id:sohhoshikawa:20170427102324p:plain

pookとは公式サイトによると以下のようなサービス。

プライベートレッスンから家事代行まで、依頼するユーザーとスキルを持ったランサーをつなげることで、安心・手軽に“日常の困った”を解決するプライベートサービスです。

ユーザーからの依頼を受け、ランサーがヨガレッスン、ネイル・ヘアメイク、家庭教師、家事代行など様々なサービスを実際に会って提供します。

 

つまり自分のスキルを手軽に売ることができるサービスですね。

これまでクラウドソーシングというと、ネット上で完結できるライティングやプログラミングのスキルが主でした。

 

しかしpookは対面式のリアルな現場で使えるスキルを売ることができます。

売買を支えるサービスもバッチリ提供します。

このあたりはさすがランサーズでのノウハウが活きてますね。

f:id:sohhoshikawa:20170427102728p:plain

 

音楽人も活用できる!

音楽に関係する使い方も色々できますよね!

ミュージシャンだったら、

 

ドラムを教えます!

 

みたいなスキルを売ることができるし、他にも

  • レコーディングエンジニア
  • ライブPA
  • ライブ照明

など様々なスキルを売ることができます。

 

実はこういったスキルをもっている人って多いと思うんですよねぇ…。

音楽関係や舞台関係の専門学校の卒業生のほとんどは違う分野の会社に就職する、なんて話を聞いたことがあります。

 

つまりこれらのスキルを宝の持ち腐れにしちる人たちがいる。

Oh!Mottainai!

 

バンドマンたちは専属のスタッフが欲しいなぁ…なんて思ってるんですよ。

関連記事:ライブの照明をカッコよくしたい!どうすれば良いか考えてみた

 

でも人材の発掘や予算の都合から、そういった要望を実現することはむずかしかったです。

しか~し!pookならイケるかも!?

 

クラウドソーシングのメリットとは?

クラウドソーシングを使うと手数料がとられるので何かと損した気になりがちなんですよ。

 

でも、こういったプラットフォームにはちゃんとメリットがあります。

 

バンドマン側からすると、ライブやレコーディング前に事前にコミュニケーションがとれるのが魅力です。

ライブハウスやレコーディングスタジオとのスタッフとバンドマンは常に一期一会。

事前に少しでも打ち合わせができれば、作品のクオリティってすごく上がると思うんです。

pookを使って相性の良い人を発掘しておけば色んなリスクに備えることができそうです。

自分たちだけの力で協力的な人材を発掘するなんて難しいですよね。

pookなどクラウドソーシングで探すと自分が求める人材と出会えるかもしれません。

 

ランサー(スキルを売る側)からすると、営業の必要がないのが魅力です。

例えば、あなたに照明を操作できるスキルがあったとして、何かバンドと仕事がしたいと思ったら、地道にライブハウスに行って名刺を渡して…という営業が必要になります。

 

しかし様々な人と需要が行き交うクラウドソーシング上なら、営業は実質的にはプラットフォームが代行している状態。

なんの宣伝もしなくても仕事が舞い込むことも少なくありません。

 

もちろん単価も安くなりがちですし、手数料もとられます。

ですから成長として描けるのは

  1. クラウドソーシング(pook)で実績を積む
  2. その実績をブログやSNSでアピールする
  3. 独自に仕事ゲット!

という流れです。

 

変化する労働市場であなたのスキルを活かそう!

インターネットの最も得意とするところは重要と供給のマッチングです。

 

クラウドソーシングはそれまで市場にでることがなかった小さな仕事を掘り起こしまいた。

労働力の売買のありかたは今、大きく変わってきています。

これからは個々人の評価が可視化される時代です。

 

会社員として働く以外にも、自分を看板とした仕事で実績を重ねることで、この労働市場で生き残れる可能性が増していきます。

関連記事:4月3日のNHKあさイチ「パート特集」を見て考えた”新しい働き方”

 

ロックバンドもライブハウスシーンもこの流れをうまく利用したいですよね。

スキルのある方はぜひその力でもってバンドマンを救ってあげて下さい!

 

pookに興味があるかたはこちらからどうぞ!

pook(プック)の公式サイトを見てみる

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?