俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

Polcaで支援を募れば、音楽活動が何倍も楽しくなる!

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

 

クラウドファンディングはみなさん、ご存知だと思います。

 

「ライブDVDを発売したい!」

「海外に自分の音楽を広めに遠征に行きたい!」

 

そんな自分一人ではなかなか叶えられない夢や目標の支援を募ることができるウェブサービスです。

 

で、クラウドファンディング大手のCAMPFIREがこの度新しいサービスをリリースしました!

 

Polcaでちょっぴり支援を募ろう!

それがこのPolcaというサービス。

f:id:sohhoshikawa:20170817082245j:plain

 

クラウドファンディングならぬ「フレンドファンディング」と題して、より身近な人たちから少額を集めることを目的としたミニクラウドファンディングとも呼べるサービスです。

なので、資金を募る理由もよりパーソナルなものでもOK。

 

今現在、Polcaを利用している人を見てみると、「彼女にフラれたから飲み代をおごってくれ!」とか、「友達の誕生日を祝いたい!」とか、かなりカジュアルな使い方をしている人が多数います(笑)

おもしろいのが、それでちゃんと支援が集まっているんですよね。

 

基本的に300円~1000円の少額ですし、支援する側も気軽にできちゃうんです。

 

なので、音楽活動での資金提供を募って悪いワケがない!

もう既に音楽関連のプロジェクトを立ち上げている人もたくさんいますよ。

 

音楽やっている人を支援してみた

気づいたらポチポチ支援しているぼくがいました…。

Polca恐ろしい!(笑)

 

ホント気軽に支援出来て、まるでAmazonで衝動買いするノリでポチッと押せちゃう。

今は決済手数料と振り込み手数料が無料のキャンペーンもやってますし、盛り上がってますよ~。

 

Polcaの上手な利用方法

Polcaはフレンドファンディングなので、友人関係でお金を出し合うのが基本です。

まぁ、でも友人関係ってどこからどこまででしょう?

長年フォローしあっているフォロワー同士だと友情にも似た何かが芽生えていませんか?

 

実際、ぼくが支援した方々は全然知らない方ですし。

 

Polcaに興味ある方はぜひブログも併用して使ってみて下さいね。

実際、Polcaだけだとその活動の意義が伝わりにくいな、という印象があります。

クラウドファンディングだとガッツリとプロジェクトページを作り込むのですが、Polcaだとそれがない。

特に友人以上に広く支援を募りたい場合は、ブログやツイッターで自分の志をしっかり表明して記録しておきましょう!

 

また、クラウドファンディングとPolcaの使い分けについても、CAMPFIRE代表の家入さんがアドバイスしています。

 

「少額なら自分でバイトでもした方が良くね!?」と思いました?

そう、たしかに10000円程度なら、自分で準備しても良い。

 

でもそれ以上にみんなでお金を出し合うことには魅力があると思うんですよ。

 

例えば、ミュージシャンも「応援してくれる人がいることを実感すること」ってとても大切だと思います。

そしてファンの方もファンとしても自意識が芽生え、より深くミュージシャンに関わってくれるようになるでしょう。

つまりPolcaはそれ自体がコミュニケーションでもあり、きっかけでもあるのです。

 

審査不要ですぐに始められるのもPolcaの魅力です。

ぜひ、ミュージシャンのみなさんも使ってみて下さい!

polca (ポルカ) - 身近な友だち同士ではじめるお金集め、カンパや割り勘にも。
polca (ポルカ) - 身近な友だち同士ではじめるお金集め、カンパや割り勘にも。
開発元:CAMPFIRE, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 

また昨今はPolcaだけでなく、創作活動とお金の在りかたを変えるサービスが続々出てきています。

ぜひ、こちらの記事も読んでみて下さい。

関連記事:どちらも支援だけど、クラウドファンディングとVALUの違いを考えてみた

 

関連記事:投げ銭の意外な弱点!?「毎回"清算"されてしまう」「心理的コストがかかる」

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?