俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

フリーターこそフリーランスを目指すべきじゃない?アラサーは特に

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

 

アラサーから、はじめての就職はむずかしい…

ぼくは大学を卒業してから6年間ず~っとフリーターでした。

同じ境遇の先輩がいたんですが、ちょっと前に彼女ができたらしく「俺は就職する!」と決意したんです。

 

ところがどっこい、これがなかなか厳しい…。

 

1年間、就職活動を続けてみたものの内定はナシ!

(彼がえり好みしたのかもしれませんがw)

まぁ、実際難しいですよね。

 

MIIDAS(ミーダス)というサイトで自分の「市場評価」がわかるんですが、フリーター経験のみだった時のぼくの推定年収はこんな感じ。 

先輩も同じスペックですので、同じような結果になるはず。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sohhoshikawa/20151017/20151017152439.jpg

関連記事:売れないバンドマンが自分の「市場価値」を調べたら悲惨だった

 

意外と良さそうに見えますが、中央値は350万円~400万円ぐらいです。

東京で子育てするには年収500万円以上は欲しいというのが一般的だと考えると、かなり物足りない感じ…。

 

いや、仕事それ自体はた~くさんあるんですよ。

データで見ても昨今の有効求人倍率は高い。

総務省が30日発表した5月の完全失業率(季節調整値)は前月より0・3ポイント高い3・1%だった。厚生労働省が同日発表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は前月から0・01ポイント高い1・49倍だった。

引用元:5月の完全失業率、3.1% 有効求人倍率は1.49倍:朝日新聞デジタル

 

でも、先輩みたいに、

  • 良い歳だし、それなりに良い仕事がしたい
  • 結婚したいから年収は高くないとダメ
  • でもスキルが無い!

というニーズ(?)を満たす求人ってなかなかないですよね。

(ってか、そこまで甘くないかw)

 

世の仕事の平均年収が430万円ほどなので、そもそも子育て世代が必要とする年収と乖離があります。

なので、アラサーフリーターがいわゆる「普通の幸せ」に挑戦して、勝てる勝算って実はかなり低いんですよね。

 

副業でも実績があれば、就職に有利になる!

そこでやるべきなのがフリーターからフリーランスへの転身です。

 

念のため、フリーターとフリーランスの違いを書いておくと、

  • フリーター:会社から給与をもらうアルバイトやパートなどの非正規雇用
  • フリーランス:自分で事業をやって、法人や個人から報酬をもらう事業者

ですね。

 

プロブロガーのタクスズキさんが転職エージェント「レバテックキャリア」を取材した記事によると、副業もちゃんと実績があれば市場評価としてカウントされるそうです。

副業であっても数字を使って語れる結果を出せば転職で有利になるんだ、ということ

僕の場合、「副業でこれくらいのレベルのメディアを持っています」と言っただけで、エージェントの反応が変わったので、本業でなくても持っているスキルは伝えておくべきです

副業でスキルをつけておく重要性を学びましたね。

引用元:【評判・口コミ】社会人2年目で転職活動をした時にレバテックキャリアを使ったから感想書いとく | らふらく^^ ~ブログで飯を食う~

 

ぼくの知人でも、プログラミングを独学で学び、自分でウェブサービスを立ち上げたことがきっかけで就職を勝ち取った人が2名ほどいます。

2人とも先に紹介した先輩と同じく、正社員経験がない人たちです。

 

このように独立してやっていたこと=フリーランスの仕事が、転職や就職に有利になることは事実なんですね。

ぼくの場合も、一応半年間はメディア運営で食えたという実績があるので、就職したくなったら、どこかのウェブメディアが拾ってくれるのではないでしょうか?(笑)

 

おすすめはフリーター+フリーランス

有利なのは分かったけど、 「フリーランス?なんか難しそう…」って思いますよね?

 

そこでおすすめなのが「フリーター+フリーランス」というワークスタイルです。

ぼく自身、1年間はその感じでやってきました。

結局のところ、バイト一辺倒でやっててもダメなわけです。

バイトをできるだけ減らして、自分への投資の時間をつくりましょう。

そして投資して得たことをアウトプットして、自分の市場評価を高めましょう。

 

「フリーター+フリーランス」は税制上も良いんですよ。

上手くするとかなり節税できます。

同じ年収でも、手取りが増えるのでかなりお得な気分(笑)

関連記事:貧乏なのに自由に使えるお金が多い!?下積み中のバンドマンは節税対策で自由な時間を手に入れよう!

 

このライフスタイルを達成すると、

  1. フリーター+フリーランスを続行して、マイペースに暮らす
  2. 完全フリーランスで独立
  3. フリーランスの実績を武器に就職

などなど、その後の選択肢が広がります。

 

今日から始めるフリーランスの仕事

「なんか良さそう」と思った方はぜひ今日から、フリーランスの仕事に挑戦してみて欲しいと思います。

実際、すぐできるんですよ。

ブログも良いですし、音楽も良いですし…。

 

ぜひ自分の「得意」と「好き」を一度棚卸して、挑戦を始めてみて下さい。

具体的にはこちらの記事などを参考にしてもらえれば。

関連記事:【副業】好きなことで稼げるWEBサービス10選(スキル別)

 

 

こんなこと書いてると「世の中厳しいな~」ってなんか嫌になっちゃいますけど(笑)、みなさんの参考になったら嬉しいです!

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?