読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

貧乏人が貧困から抜け出すため、すぐに使うべきウェブサービス5選

生活ネタ 生活ネタ-ネット活用法

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)

 

この前テレビを見ていたら「宗教法人による貧困ビジネス!?」というニュースをやっていました。

その宗教法人は、食事と部屋を提供しているらしいのですが、食事は冷や飯で部屋といっても4畳で風呂・トイレ共有という劣悪な環境らしいのです。

 

そして次々の利用料は10万円!

利用者は生活保護費約13万円から10万円を宗教法人に渡していると。

 

う~ん…。

このニュースを見てなんとも言えない気持ちになりました。

 

だって13万円あったらもっと良い生活できますもん。

こんな独房暮らしみたいなことしてたら、人生に希望を持てないと思うんだよな。

 

今日はそんな貧困ビジネスに苦しんでいる人に知って欲しい「これを知っておけば貧乏でも暮らしていけるよ!」というウェブサービスをご紹介したいと思います。

少しの知恵で搾取とか支配から脱出できると思うんですよね。

 

みんなで知恵をつけて悪いやつらをやっつけようぜ!(笑)

 

①激安賃貸を探せる「部屋まる。」

f:id:sohhoshikawa:20170223155453p:plain

この国では住所がないと苦しいです。

働くのも、身元を証明するのも住所が必要です。

 

ってことはまず貧困を抜け出すには「家」を見つけないといけない。

 

東京の家賃って高いっすよね~。 

家賃が高い⇒払うために厳しい仕事をする⇒体と心を壊す⇒貧困。

という無限ループなんじゃないか…。

 

だからできるだけ家賃の安いアパートを借りることで安定した生活基盤を作りたい。

そこで使えるのが6万円以下の賃貸に特化した「部屋まる。」です。

部屋まるでは6万円以下のみならず、4万円、3万円以下の物件も特集していますので超お得な物件が見つかるかもしれません。

 

生活と時間に余裕をもつなら、めざせ3万円代ですね!

⇒部屋まる。の公式サイトを見てみる 

 

②不用品を安く手に入れる「ジモティ」

f:id:sohhoshikawa:20170223155558p:plain

自立して暮らす上で欠かせないのが「家電」です。

最近は安いのもたくさんありますが、ジモティーというウェブサービスも知っておいてください。

 

ここには不用品を譲りたい人や、売りたい人がいるんです。

ですから定価より大幅に安く家電を購入出来たり、もしくは無料でもらえることも!

 

とりあえず炊飯器・冷蔵庫・洗濯機があれば大丈夫でしょう。

エアコンは賃貸ならついてるし。 

⇒ジモティーの公式サイトを見てみる

 

③通信費を劇的に下げる格安SIM「LINEモバイル」

f:id:sohhoshikawa:20170223160003p:plain

あと生活に欠かせないものと言えば「スマホ」ですよね。

 

貧乏人は大手キャリアに月々8000円も払うのはやめましょう!

最近話題の格安SIMなら大概、3000円以内でおさまっちゃいます。

 

ぼくは「u-mobile」というのを使っていて、まぁこれも良いんですが最近色々見てみると「LINEモバイル」が大変すばらしいと思います。

 

LINEモバイルなら電話つきで最安1200円から使えます!

f:id:sohhoshikawa:20170223115619p:plain

めちゃくちゃ安いですよね!?

 

最安プランは月々1GBしか使えないのですが、LINEモバイルは何を隠そうLINEなら通信し放題なんですよ。

LINEアプリだけは「1GBしか使えない」とか関係ない!

つまり月々1200円で絶対に途切れないホットラインをゲットできるわけです。

ちなみに電話しないんだったら最安500円から使えますよ。

 

「1GBじゃこころもとない!」という人は、公共のWifiを利用するか自分でポケットWifiを利用してスマホを常時Wifiに接続するのが賢いです。

ポケットWifiだと「民泊Wi-Fi」がおすすめです。

 

これもぼく自身はUQ WiMAXというポケットWifiを使っているのですが、「民泊Wi-Fi」の方が良さそうなんです(笑)

関連記事:実際に使ってわかったUQ WiMAXのデメリット

 

 

民泊Wifiでは通信制限がないうえに、よくある契約2年しばりもありません。

月々4500円ポッキリですので、LINEモバイルと合わせても月々5000円程度でインターネットし放題なんですよ!

 

大手三大キャリアだと普通に7GBで通信制限になりますから、いかにこの組み合わせのコスパが良いかがわかります。

スマホ(電話)がないと仕事になりませんし、友人と連絡もとれません。

なによりスマホ一台あれば娯楽がたくさん楽しめます。

 

是非「LINEモバイル」のような格安SIMを利用してスマホを安くゲットしてください!

⇒LINEモバイルの公式サイトを見てみる  

 

④すぐに仕事をはじめる「クラウドワークス」

f:id:sohhoshikawa:20170223160824p:plain

お金稼ぎたいけど仕事がないって?

それはウソですよ。

じゃあこの「クラウドワークス」を開いてみて下さい。

f:id:sohhoshikawa:20170223162437p:plain

ホラ、目の前に仕事がたくさん出てきましたよ!(笑)

 

クラウドワークスはクラウドソーシングという類のサービスで、個人・法人が仕事を簡単に受注できるサービスです。

仕事内容は様々なで記事作成などのライティングの仕事や、簡単にアンケートに答えるだけの仕事だったり、中にはポスティングや写真撮影、お弁当販売の仕事まで!

なかなか侮れませんよ。

 

もちろん仕事の単価低いモノが多いんです。

普通にバイトする方が短時間では稼げる場合も多いと思います。

 

ですが、知って欲しいのは「インターネットがあれば個人でも、すぐに市場にコミットできる」ということ。

クラウドワークスだけでなく、ココナラminne、YouTubeもそうです。

ネットがあれば、誰でも今すぐ低リスクでビジネスをはじめることができるんです。

 

ある程度成功するには時間がかかります。

ですが「仕事がない!」と嘆いている暇があったら、今すぐに手を動かすべきです。

そしたら現金がもらえるんですから。

 ⇒クラウドワークスの公式サイトを見てみる 

 

⑤人間関係を広げる「はてなブログ」

f:id:sohhoshikawa:20170223161249p:plain

もう1つ人生において欠かせないのは「人間関係」です。

貧乏人にはありがたい田舎的な食べ物の物々交換も、はたまた仕事の紹介も全ては人間関係あってこそですよね。

なにより心の支えとして他者との関わりは必要です。

 

貧困になると何がツラいかというと、人間関係が狭まること。

だって遊ぶ金がないんだもん!

 

そこでおすすめなのがブログを書くことです。

ブログに自分の趣味趣向・思想を書いてみて下さい。

すると同じような価値観をもった人たちが読書になってくれます。

 

例えば、最近ブログを始めたというこの方。 

ね?すごいでしょ?

なぜこの方を知っているかと言うと、何を隠そうブログでこのぼくのブログを紹介してくれたからです!

参考記事:駆け出しブロガーの僕が、影響を受けたブログを紹介します! - ヤマイハ氣カラナル

 

難しく言えば、人脈が広がることで相互扶助の関係が出来上がり貧困から脱出する機会を得られるかもしれません。

 

ブログを書くなら「はてなブログ」がおすすめです。

はてなブログはブロガー同士が交流するツールが整っているので、人とつながりやすいんです。

無料から使えますよ。 

⇒はてなブログの公式サイトを見てみる

 

貧困から脱出して、貧乏になろう!

f:id:sohhoshikawa:20170223161905j:plain

生活がままならい、人として文化的な生活ができていない「貧困」という場所からはいち早く抜け出すべきだと思います。

でも!

みんながみんな「金持ち」を目指す必要はないと思うのですよ。

 

今回ご紹介したサービスは貧困を抜け出すためのウェブサービスであると同時に、実は「貧乏でも幸せに生きるためのウェブサービス」でもあるんです。

 

インターネットとは強力な「中抜きサービス」です。

それまで他のものが担っていた流通やコミュニケーションのコストを劇的に下げました。

ですからネットをうまく利用するとお金がなくても豊かな生活ができるようになるんです。

 

ぼく自身のことを言うと現在、

  • 家賃 3万4000円 都内風呂トイレ別の1K
  • ネットからの収入で月約20万円
  • 好きなこと(バンド)をやっている

という状況です。

政府の基準からすれば全然貧困層なんですけども、それでも豊かさを感じています。

自由に好きなことをしているんですから。

 

それに年3900円払えば、Amaoznプライム会員になれて映画や音楽も浴びるほど楽しめるわけですし。

貧乏なんて怖くない!(笑)

関連記事:プライムミュージック(Amazonプライム)が音楽好きにとって神サービスだった件

 

そんなわけで今回ご紹介した、

ぜひ覚えておいてく下さい!

 

また、こういった考えは主にこの2冊から影響を受けました。

興味ある方はぜひ読んでみて下さい。

 

 

 

 

 それでは!

 

 

 

 

 ところで俺、まちがってねぇよな?