どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

意外とコレ知られていなのかな?と思ったので記事にしてみます。

プライベーターのミュージシャンが音楽雑誌に広告を出すなんてハードルが高いと思われがちですよね。

 

しかし『音楽と人』は広く、一般の人も出せる広告を募集しているんです!

 

音人の「プチ広告広場」

音楽と人のプチ広告広場

これは広告ページです。

広告を募集しています。

個人・法人を問わず、1枠10,000-です。

詳しいことは、担当・小高 odaka@ongakutohito.jp までお問合せください。

音楽と人 編集部

 1枠、縦6.8センチ×横7.3センチでフルカラーで出稿できます。

なんかもうちょっと大きくできると思うんですけど(笑)

 

ご覧のように1人で何枠かを買うこともできるようです。

メジャー・インディー問わず、どのような立場のアーティストでもOKです。

 

『音楽と人』の発行部数は?

「音楽と人」は株式会社 音楽と人から発行されています。

宣伝効果の目安となる、発行部数はどの程度でしょうか?

 

残念ながら正確な数字は公開されていないようです。

一般社団法人 日本雑誌協会が公開しているデータによると、音楽関係の雑誌の発行部数は、おおよそ以下のとおり。

音楽雑誌の発行部数

(データは2014年10月~2015年9月の期間集計された、1号当たりの平均発行部数 天才元:一般社団法人 日本雑誌協会 - JMPAマガジンデータ

 

一年以上前のデータですから、全体的にもう少しづつ発行部数が落ちていると思います。

ここから類推するに『音楽と人』の発行部数は80,000程度ではないでしょうか?

なんとなくドラムマガジンやキーボードマガジンよりは、読まれる気がするんでけど(笑)

 

有料広告を出してみよう!

宣伝活動で壁にぶつかるアーティストやバンドは多いと思います。

ぜひこういったアイディアを覚えておいてください。

見たところ、広告枠が全部埋まることも少なさそうなので、簡単に出稿できそうです。

 

他にもGoogleやFacebookなどのネット広告などのやり方もご紹介しています。

こちらもどうぞ。

⇒「音楽活動の宣伝」に戻る

音楽活動の宣伝の関連記事
  • チラシ(フライヤー)配布代行サービスまとめ。ポスティングやコンビニ配布、ヴィレッジバンガードにも
  • インディーズバンドのミュージックビデオ(PV・MV)作り方色々(僕のドキュメントを含めて)
  • 世界最大のライブ配信サービス17live(イチナナライブ)の使い方。バンドマンも使えるか調べてみた
  • ライブ配信サービス7つまとめ 音楽も生で届けよう!
  • 路上ライブの許可がとれる場所や方法を紹介。必要な機材やファンを増やす効果的な方法も!
  • ファンクラブの作り方!ミュージシャンの音楽活動で使える作成サービスまとめ
おすすめの記事