読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

家庭用の防音室の性能って実際どうなの?「音レント」を使って試してみよう

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

「心ゆくまで自由に楽器を練習したい!」

 

音楽好きだったら誰しもが思うことですよね?

最近では色んな方法で「マイスタジオ」を持つことも可能になってきました。

関連記事:防音室やスタジオ付きの物件を手に入れる6つの方法

 

Amazonでもこんな家庭用の防音室が売ってるんですよ。

 

 

でも、実際の音の漏れ具合とか気になりますよね。

防音性能って数字で見てもわかりにくし…。

価格も結構するし、いざダメでも捨てるのも大変!

 

そんな時は「音レント」というサービスが便利そうです。

文字通り音楽アイテムをレンタルしてくれるサービスです。

 

「音レント」では防音室をレンタルできる

f:id:sohhoshikawa:20170222112012j:plain

ヤマハが提供している「音レント」では防音室をレンタルすることができます。

 

ご覧のラインナップの防音室をレンタルできます。

最安10100円/月からレンタルできますね!

f:id:sohhoshikawa:20170222112238p:plain

 

しかもこのレンタル、試した商品を気に入って購入する場合は購入金額に今まで支払ったレンタル代を充足することができるそうです。

ご利用いただいている防音室がお気に召した場合、レンタル期間中 いつでもご購入することができます。しかも、ご購入価格は今までのレンタル料を充当した金額となります。
(充当されるお支払い済みレンタル料は、レンタル中の商品に対してお支払いいただいた分のみです。)

レンタル期間中のご購入例
セフィーネNSの場合
■レンタル期間6ヶ月経過時にご購入の場合、レンタル料6ヶ月分(お支払済)+43ヶ月分程度
■レンタル期間15ヶ月経過時にご購入の場合、レンタル料15ヶ月分(お支払済)+34ヶ月分程度
■最長レンタル期間経過時にご購入の場合、レンタル料48ヶ月分(お支払済)+1ヶ月分程度

つまり実質的なローンとしての購入することもできると。

これはなかなかありがたいサービスですね。

 

防音室一個あると、かなり音楽制作の幅が広がりますよね。

今までわざわざスタジオをおさえていたボーカルレコーディングやギターレコーディングが、防音室とDTM環境があればやりたい放題!

 

10000円と言うとスタジオを8時間くらい使うとすぐ飛んで行ってしまう額です。

8時間でもレコーディングするとなると、実際は準備・撤収の時間がありますから正味の作業時間は6時間くらいか…。

 

自分専用の防音室ならそういった面倒くささ、コストがなくなります。

まさに夢のような環境ですねぇ…。

それだけに買うのは慎重に考えたいところ。

ぜひ音レントのようなサービスを使って後悔のない買い物にして下さい!

 

「音レント」では楽器もレンタルできる

f:id:sohhoshikawa:20170222113138p:plain

他にも「音レント」では楽器もレンタルすることができます。

YAHAMAだけあって軽音楽よりかはクラシックに強いですね。

最近は電子ドラムのレンタルも始めました!

もうちょと上位機種にしてほしかったが(笑)

 

PAシステムなんかもレンタルできるので、集中的に路上ライブをやりたいグループの方なんかは使えるかもしれません。

あと、モニタースピーカーのレンタルとかあったら素敵なのになぁ~。

YAMAHAってDTM関係は作ってませんでしたっけ?

 

なにはともあれ、楽器・機材は安い買い物ではありません。

こういったレンタルサービスをうまく利用して納得して購入したいですね!

気になった方はぜひ「音レント」のサイトを見てみて下さい。

⇒ヤマハ楽器レンタル・リース総合サイト「音レント」

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?