読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

音楽性の違いで解散する前にチェックすべき3選

バン活!(バンド飯) バン活!(バンド飯)-バンドコラム

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

よくロックバンドの解散の理由として挙げられるのが「音楽性の違い」ですよね。

 

これは言うなれば永遠の悩みで若手のバンドマンもメンバーとこの課題にぶつかったことがあると思います。

溝が埋まらずケンカになって、そのまま解散・・・・。

少なくない例です。

 

でも、ちょっと待って!

 

メンバーに「音楽性の違い」を問う前に検証して欲しいことがあります。

 

①音を確認

スタジオで音を出すときの音量は適量ですか?

ドラムを基点にヴォーカルがしっかりモニターできる音量が基本です。

また、帯域は適切ですか?

1つの楽器が低域(low)から高域(high)まで出してしまうと他の楽器が響きません。

 

音量と帯域。

この2つが整理させていないと「マスキング」という現象が起きて、どれかある楽器の音が聞こえなくなります。

 

②演奏を確認

曲のテンポ、BPMは決まってますか?

テンポがヨレたり、ハシッたりすることは一概に悪いことではありません。

しかし、メンバー内の共通認識、個人練習の基準として決めておく必要はあります。

 

また、リズムの認識を一致させましょう。

 

8ビート?16ビート?シャッフル?ブギ?適切な演奏をするにはリズムを学ぶことが必要です。

リズムに関する知識、技術が不足している場合はまずはクリック(メトロノーム)を手本に演奏してみることをオススメします。

クリックはBPM(テンポ)を合わせるだけの道具ではなく、メンバー間で「グルーブの通訳」になってくれる道具です。

 

③曲を確認

良い演奏ができるとやっと曲の問題点が見えてきます。

 

ヴォーカルのキーがヴォーカリストに合っていなかったり、ギターリストやベーシストが余計なフレーズを弾いていたり、ドラムのフィルインが多すぎたり・・・・。

音と演奏が適切で初めて曲を検証できます。

 

また同様にカバーをしてみることもおすすめです。

有名曲、ヒット曲はリズムや音が完璧だから人気なんですよね。

それをカバーすることで自分の演奏力の高さをハッキリと認識できます。

 

「音楽性」よりも「音楽」を求めよう!

どんなジャンルの音楽にも共通して存在するのが「音楽的快感」です。

 

それは演奏者が感じるものであり、リスナーが感じるものでもあります。

そしてそれを作り出すことがプレイヤーの第一の使命になります。

 

「音楽的快感」を作ることができないバンドが「音楽性」を論じてもあまり意味がありません。

 

まずは個々の趣味趣向よりももっと基礎的な「音楽」を追求しましょう。

良い音楽には正解がなく、壁にぶつかった時、「音楽性の違い」「才能」「センス」など、あやふやな言葉で解決しようとしてしまいがちです。

 

しかし、翻って基礎にもどることにより、こと若手ロックバンドにとっては解決できることが少なくありません。

上記①~③は何も難しいことではありません。

やってみると意外と簡単です。

また、その先にはもっと「楽しい演奏」が待っていると約束できます。

 

 

 

音楽性より音楽を大事に!

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com