読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

石の上にも三年?それは「努力」じゃなくて「忍耐力」だから報われない

自分のこと 自分のこと-コラム

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

若者のはみなさんは年配の方からよく言われませんか?

 

「最近の若者は努力が足りん!」

 

みたいな。

「とりあえず3年」なんてどこ吹く風。

すぐ会社を辞める「サトリ世代」の若者は、努力できない人種だと人生の先輩から思われていたりします。

愛ある説教(?)の最中も「はぁ。」と気のない返事。


どうしてこうも世代間で相いれないのでしょうか?

それは多分「努力」の意味がお互い違うからなんでしょうね。

 

ベビーブーム世代の「努力」=「忍耐力」

おそらくベビーブーム世代の先輩方言う「努力」とは厳密言えば「忍耐力」です。

(いや、厳密ではないのですが(笑))


「努力」と「忍耐」の意味をGoogleに聞いてみました。

努力の意味

忍耐の意味

これをもう少し、かみ砕くとぼくは

忍耐力は「やりたくないこともやり続ける力」

努力は「やりたいことをやり続ける力」だと考えています。

 

忍耐力が幸せにつながっていた昔とそうでない今

その昔、忍耐力がある人はかなり高い確率で幸せになれていました。

日本の会社には「終身雇用」と「年功序列」があったからです。

(加えて年金も)

その場から動かず「耐え忍ぶ」ことが確実に幸せにつながるシステムです。


ご存知のとおり、今そのシステムはなくなりました。

コレつまり「耐え忍ぶ」だけでは報われない時代です。


今は個々人の市場価値が問われる時代です。

ですから主体性をもって、学びを進めていかなければいけません。

それがつまり「努力」ということだと思います。


コレはなにも人間的、倫理的に「忍耐力なんて必要ない!」なんてことではありません。

あくまで今現在、忍耐力よりも努力の方が市場に評価されてしまう、ということなんです。

ぼくはむしろ忍耐力のある人間が好きですし、やさしさを育むことだと思います。


現在50歳前後の方たちは「忍耐力」を尊びます。

それは忍耐力が通用した時代を生きてきたから。

けれでもそれを今の若者にいくら説いても、やはり共感は得られません。


感情を乗り越えて行動しよう

こういった「努力論」って世代間でケンカになりがちじゃないですか?(笑)

そりゃあ、誰だって自分たちが培ってきた「忍耐力」を否定されたらツラい。

きっと受け止めるのは難しい。


でも忍耐力が市場に評価されないということは認めざるを得ない事実です。

 

おそらく今後数年は「忍耐力が市場から評価されないという悲しみを如何に乗り越えるか?」ということが大切になってくると思います。

「理解されない!」という悲しみや怒りは問題の解決を遠ざけます。


別に若者の中にも「忍耐力があれば幸せになれる」と考えている人もいるんですよ。
(それは厳密に言えば、考えていないということだけど…。)

それは自分の人生の責任を上の世代に転嫁している態度だと思います。


誰だって楽したい。

努力の時代は何かバラ色な感じもしますが、それ相応の悲しもやツラさもついて回ります。

ですが、その「欲望」や「悲しみ」と言った感情を乗り越えて行動しなければ生き残っていけません。

 

「我慢」はもっとダメだよ

ちなみにですが「忍耐」の類義語で「我慢」があります。

「慢」とは「おこたる・あなどる」という意味。

慢心の「慢」ですね。


「我慢」も崇高なスキルに思われがちですが、その実「われのおごり」という意味です。

つまり「自分は悪いと思ってない。ちょーしのった態度」という意味ですね(笑)

 

これは忍耐よりも悪い態度です。

考えてみると「我慢力」なんて言葉はありませんよね。


自分に対して「我慢、我慢…」と言い聞かせたり、部下に対して「我慢しろ!」と言っているうちは戦いのステージにすら立ってないのかもしれません。

 

我慢せず、せめて忍耐、できれば努力。

石の上にも三年、とはよく言われますが、どうやらそんな悠長なことも言ってられないようです。

 

努力の難しいところは自分の目標や夢、興味関心に紐づいていることろ。

自分自身の「好きなこと」を見つめる内省性を持つことが、つまらない石の上から飛び出すために必要なことなのかもしれません。

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com