読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

結局、個人ブログは「ネタフル」が最強な3つの理由

ブログのこと ブログのこと-おすすめブログ紹介

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

最近のネットメディアの動向をみると「個人ブログ」、とりわけ「ニュース系」が強くなっていくんじゃないかな~?と思いました。

 

その理由を書いてみます。

 

①AMPでトレンド記事がアクセスを集めやすくなった

今年、GoogleでAMPという新しい機能がリリースされました。

AMPとは

ACCELERATED
MOBILE
PAGES

のことで、要するにスマホ表示に特化した高速表示のページのこと。

 

AMPはスマホの検索結果で、このように表示されます。

 

検索で表示されたAMP

(「芸能人」で検索してみた結果)

ご覧のように検索結果トップに表示され、横スクロールでいくつかのページが見れます。

当然AMPで表示されれば瞬間的にアクセスが集まります。

 

実は、はてなブログでも実装されていますよ。

はてなブログでAMPを実装する方法

ダッシュボードから設定⇒詳細設定⇒AMPにチェックを入れると自動で使えるようになります。

ぼくも使ってるんですが、思わぬ記事がAMPに表示されアクセスを集めることがあるんですよね。

別にニュース性もトレンド性もない記事だったりするんですが…。

最近だと、おそらくこのAMP×Pkemon GO!でアクセスを稼いだブロガーは相当数いるはずです。

 

②サイトは更新量が大事に!

先月(2016年9月)にGoogleの検索結果のアルゴリズムのアップデートがありました。

ペンギンアップデート4.0というらしいです。

 

それはリアルタムでサイトが評価され、スピーディに検索結果が変わる仕様だそうです。

こちらの分析記事がかなり説得力があって、サイトを定期的に更新する方が評価を得やすくなる?

ペンギンアップデート4.0完了でアルゴリズムは完全リアルタイム化?ということは… | 株式会社ヴァイス・ヴェーク

ペンギンのリアルタイム化は、コアアルゴリズム全部が細かく変動し、刻々と順位を動かしているということ。
これで言えることは、「サイトも刻々と動かしたほうが評価を得やすくなっているのではないか」ということだ。
ペラッペラのサイトを作り、作りっぱなしにしたところで、ロボットに拾われるが、初期評価だけでそこから先はほとんど上がりようがないかと思うのだ。そこから先。ロボットがほぼほぼ回ってこないからだ。

その意味で「個人」を軸にしたブログはネタに事欠きませんから、どんどん更新してサイトを「動かして」いけます。

逆に 「放置して資産になるサイト」は作り辛くなりそうですね。

 

③顔が見えるメディアが信頼される

もうず~っと言われていることですがこれからは「情報そのものよりも、情報の発信者が誰かが重要」だということ。

 

情報が溢れる時代に「その情報が正しいか否か」がユーザーはわからなくなっています。

ですからその判断に長けた人を頼りにするのは当然のこと。

 

ブログというよりも、「ブロガー」のファンになってもらえなければメディア運営は厳しくなるということですね。

その意味では個人ブログは、個人である時点で「顔が見える」にほぼ該当します。

もちろん意識して独自性を打ち出していく必要はありますが。

 

結局、ネタフル最強説!?

元祖プロブロガーとも言われるコグレさんの「[N]ネタフル」をご存知でしょうか?

ネタフル

2003年から更新され続けている老舗個人ニュースサイトです。

この3つの傾向を考慮すると、ネタフルのような個人ニュースサイトスタイルにはかなり追い風ではないかと思います。

 

近年のブログは「長文!長文!網羅性!」みたいなのがブームでした。

そのためプロアフィリエイターが付くるような教科書のようなサイトが評価が高かったです。

今度はまた時代が変わってネタフルのように「ニュース性が高く」「多更新で」「顔が見える」メディアが強くなってくるように思います。

 

なんにせよ個人がやっているブログは良くも悪くもアルゴリズムや流行の影響を受けづらいように思います。

このブログも今回のペンギンアップデート4.0の影響は全然受けてません。

(むしろプラスしているような…?)

ネタフルも流行に左右されず、我流を貫いた結果、今再び有利になっているだけだと思いますし。

(ってかご本人には余計なお世話ですが(笑))

 

 

そんなわけで個人ブロガーのみなさんは増々モチベーションを上げて、ブログを楽しんでいきましょう!

そしたら思わぬ良い結果が得られそうな感じが今はありますね。

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com