読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

やさしさとは?インターネットからそれを感じた話

自分のこと-コラム

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

うれしい出来事があったのでご報告。

 

ブログに書いてもらった

Crimsonbootsの松下健一さんにこのブログShellbysについて、言及していただきました!

月100本の記事を書くと0.8万PVもアップ!著名人からもフォローされるって!

大変、ほめていただいた内容で恐縮です(笑)

月に100本書くことの効果を分析していただいたんですが、こうして記事にしてもらうことが自分的には一番の「100本効果」です。

 

「誰かが見てくれている」感覚が一番モチベーションになりますね。

アクセス解析を覗くと、たしかに考えられない多数の人に見てもらっているんですが、実感は乏しい。

わざわざ時間を割いて記事にしてもらえたのはありがたいです。

 

また、実益もあるんですよ。

ブログの評価として大切な「被リンク」という要素があります。

ブログをリンクしてもらう=被リンクがそのページの評価になります。

被リンクが多ければ多いほど「価値ある情報」としてインターネット上では評価されます。

それが検索エンジンの流入に影響したりするのですね。

 

インターネットは優しさでてきている

www.ted.com

ネットの世界ってなんとも冷たく、なにかつけては「炎上、炎上」と怖いイメージがありませんか?

でも、実はネットの本質って「親切」とか「やさしさ」なんですよ。

この動画はそのことを理論的に説明しています。

情報が人から人へとわたって行く。

誰にも強制されたわけでもないのに、です。

そして良質な情報を中継している人はその人自身も評価を得ることができます。

おそらくそれがキュレーションの本質なのでしょうが、僕がよく他のミュージシャンや音楽情報をとりあげる意味がココにあります。

 

自分をさらけ出してみよう!

偶然かも、しれませんが「活動報告記事」「ブログ飯」などで自分のポジショニングを明確にすると、ツイッターのフォロワーが増えはじめました。

それは正に僕と同じように「良質な情報を中継しよう」と考える人たちがいるからです。

自分の意思を表明することで応援してくれる人が現れて、人生が転がっていく。

ブログを続けていく中でそんなことを実感しています。

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com