俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

ブロガー歴3年のぼくが、初心者がネットで稼ぐコツを4ステップでメモするよ

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

ブログも丸3年になり、最近はnoteで自作のコンテンツを発売したりして、なんとなく「ネットで稼ぐ」ことが分かってきた気がします。

今の時代、なかなか給料も上がらず、先行き不透明ということで、副業に興味がある方も多いと思うんですよね。

 

そこで、ぼくの経験をシェアしておきます。

 

4ステップで0からネットで稼ぐ方法をメモします。

ぜひ参考にしてみて下さい!

 

①まずはSNSを始める

「ネットで稼ぐってどうやるの?」ってまずはみなさん疑問に思うと思うんですよ。

しかし!

とりあえず細かいことは気にせずにSNSを楽しむのがおすすめです。

 

今、インターネットでは売れないものはありません。

音楽とかイラストはもちろん、アプリやアクセサリー、文章、悩み相談から野菜まで!

いろんなプラットフォームが用意されていて、あらゆるものが売れます。

 

でも、往々にして出品しただけでは売れないのです。

 

勇んで商品を売り出したは良いものの全然売れない…。

そこでモチベーションがなくなってしまい「やっぱ無理じゃん!」と辞めてしまう。

これは初心者が陥りがちなパターンですね。

 

そこで、まずはSNSを頑張って、あなたが商品を売り出した際には興味をもってもらえる人をつくりましょう!

 

SNSはツイッター、フェイスブック、インスタと色々ありますが、どれか一つに絞るのをおすすめします。

っというも、それぞれ全然風土が違うんですね。

 

ざっくりいうと、

  • ツイッター:オタク気質。アニメ、マンガ、ゲーム、アイドル。自虐ネタ。
  • フェイスブック:ビジネス気質。猫・犬ペット動画。年齢層高め
  • インスタ:キラキラ系。グルメ、旅行、レジャー。年齢層低め

といった傾向が見て取れます。

 

なので、向いていないSNSをやっていると全然リアクションがなくて萎えます(笑)

とりあえず全部触ってみて、自分が楽しいなぁと思えるものに注力します。

 

そして、SNSで発信すべきことは、

  • 好きなことに関する情報
  • 仕事の過程
  • これまで上げた実績

です。

これを人に役に立つ形に編集して発信しましょう。

 

例えば、食べ歩きが好きだったら、食べにいったお店の情報や感想をいち早くSNSに流します。

すると、同じ趣味をもったフォロワーに増えていきます。

そしてお店に行った際に困ったことや、解決方法も書いていきます。

すると「この人の発信は役に立つ!」とさらにフォローされていくんです。

 

さらに同時にブログもやるのもおすすめです。

SNSはフロー型の情報プラットフォームだと言います。

対してブログはストック型。

フローとはその場限りで流れていく性質のこと。

ストックとは蓄積され、あとから必要な人がその情報を漁れる性質です。

 

SNSでの情報発信=フローを、ブログ=ストックに再編集することによって、Googleなど検索エンジンから自分を知ってもらえる機会を得ることができます。

SNSとブログ、両方を使うことで効率的に情報発信できるわけです。

 

そうやって、フォロワーが増え、信頼が増えていったあかつきに、あなたが自作の焼き菓子を売りだしたらどうでしょうか?

「こんなに食べ歩きしている人なら舌はたしかも?食べてみたいな!」と思う人が出てくるでしょう。

 

まずはその段階までSNSをがんばります。

SNSやブログは財産です。

何はともあれ、いざあなたが「何か始めよう!」と思った時に、必ず力になってくれますよ。

 

あと一つ注意なのですが、フォロワーの数に執着する必要はありません

「1000人の村説」というのがあります。

どんな商売でも1000人ファンがいれば、成り立つという話です。

ですから、ツールや無理な営業でフォロワーを無下に増やそうと頑張らなくても十分ビジネスに発展していきます。

 

むしろ濃いファンがいる方が周りからの評価も高いですね。

個人でネットを使って副業をはじめるなら、スターバックスのような大手カフェチェーンよりも、町の老舗喫茶店をイメージすると良いかもしれません。

 

ヘタすると老舗喫茶店の常連客は1000人もいないかもしれませんよね?

それでも十分に商売がなりたっているわけです。

ですからネットの副業でも、むしろ必要なのはその喫茶店にあるような暖かみのある接客や、濃いコミュニティです。

画面越しでもやっぱり、商売は人対人なんですね。

 

個人的には、このSNSを頑張る段階だけで半年~1年は見て良いと思っています。

実際のところ、モノづくりをしながらSNSを運用できる器用な人は少ないです。

ですからまずはメリハリをつけて「SNS注力期間!」を設けるのがおすすめです。

 

  • 向いているSNS1つに注力する
  • 「好き」を「役立つ」に編集して発信する
  • 並行してブログも行う
  • フォロワー数にこだわる必要はない

 

②お試し品を提供してみよう

SNSでつながりが増えて来たら、次はあなたの商品のお試し品を発信してみます。

つまり無料で商品を提供するのです。

 

ネット越しでお客さんとの距離は思ったより遠いです。

まずはお試ししてもらって、信頼を得ないとなかなか有料で販売はでないと実感があります。

 

例えば、音楽ならiTUNESの前にYouTubeに楽曲をアップします。

マンガ家さんなら、ツイッターに4コマ漫画を上げちゃいます。

 

まずは無料のお試し作品で確かな手ごたえをつかむことが大切です。

マネタイズはどのタイミングでもできるのがネットの特徴ですからね。

 

ですから、まずは惜しげもなく

  1. SNSで人の役に立つ情報発信をする
  2. 無料で楽しんでもらう

ということにいそしみます!

 

この時点ではお金になりませんが、目に見えない信頼貯金が確実に貯める段階です。

 

③有料で販売してみよう

そしていよいよ有料で販売!

 

しかし、どのタイミングで有料販売に踏み切ったら良いのでしょうか?

これはかなり難しい問題です…。

「売りだしたら、意外と売れた!」ということもあるし、その逆もあるからです。

 

確実なのは「勝手にお金払う」人が出てきたタイミングです。

例えば、イラストレーターなら人気が出てくると、ギャラがあるイラスト作成依頼が届いたりします。

もう、その段階まできたら自作のコンテンツを販売して良いと思います。

 

自作コンテンツを売れるサービスはホントにたくさんあって、ネットショップのBASEや、お馴染みのメルカリ、アクセサリーに特化したminne、占いまで売れちゃうココナラ、文章や音楽も売れるnoteなどがあります。

 

このサービス選びも重要ですよ。

手数料やサービス自体の集客力など特徴が色々あります。

例えば、アクセサリーはBASEでもminneでも売ることができますが、手数料が安いのはBASEです。

しかし集客力があるのはminneです。

 

どちらに注力するか、はたまた両方使うか…。

先輩クリエイターを参考にしたり、サービスの概要をよく考えながら選びましょう。

詳しくはこちらの記事も参考にしてみて下さい。

関連記事:【副業】好きなことで稼げるWEBサービス10選(スキル別)

 

④ファンとつながろう

「やった売れた!」

 

最高にうれしい瞬間ですが、そこで終わってしまってはダメです!

続いてファンとつながる仕組みを作りましょう。

継続的に新商品の情報を届けたり、自分のことを知ってもらってさらにファンになってもらったり。

商品や自分のことを好きになってくれた人とつながり続け、リピーターになってもらうことは継続的な活動に必要不可欠です。

 

火事の多かった江戸時代。

商売人は火事になった時も「顧客名簿だけは持ち出せ」と言われていたそうです。

それだけファンとのつながりは重要なんですね。

現代でもポイントカードなんかは継続的に顧客と関係性を続ける仕組みとしてありますよね。

 

ネットの世界において、その役割を担うのは具体的には「メールマガジン」や「LINE@」です。

先ほど紹介したBASEなどはメールマガジンの機能がデフォルトでついてるので心強いですよね。

またnoteはフォロー機能もありますから、②~④の段階までを担える優秀なプラットフォームです。

 

ファンが1000人になったら、おそらくあなたはその界隈では有名人。

専業で食べていけるぐらいの規模になっているでしょう。

そこまで来たらすごいですね!

 

まとめ

そんなわけで、初心者がネットで稼ぐコツは

  1. SNSを始める
  2. 無料で提供する
  3. 有料で販売する
  4. ファンと繋がる

の4ステップでした!

 

これはぼくの実感ですが、最初の収益をあげるまでおそらく半年以上はかかると思います。

だからこそ、自分の「好きなこと」でチャンレジして欲しいと思います。

続けることこそ成功の絶対条件。

むしろ好きなことでないと難しいでしょう。

 

逆に言えば、自分の好きなことでちょっとお金を稼ぐメソッドだと思えば、かなりハードルが下がる感じがしませんか?

 

ぜひ、参考にしてもらってあなたの人生を豊かなものにして下さい!

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?