俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

豪快な山男じゃなくても『ぐうたら山暮らし』ならできそう

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

たまに思うんですよね…。

遠い山に山小屋建てて、もう世間と関わらず生きたいって…。

 

みなさんもそんな現実逃避することありません???

 

でも、冷静に考えるとそんな屈強じゃない文系バンドマン男子だし、山暮らしとか絶対無理!って思っちゃう。

せめて山暮らしの本でも読んで癒されようと思ったら、厳しい山暮らしのイメージを覆すようなマンガに出会いましたよ。

 

タイトル最高!

 

『ぐうたら山暮らし』に憧れる

『ぐうたら山暮らし』作者の松井雪子さんは「寝ながらできるから」という理由でマンガ家になった生粋のぐうたら人間。

(失礼)

 

学生時代から生命力がないキャラだったそうです。

f:id:sohhoshikawa:20170428141207p:plain

 

そんな松井さんがいきなり山暮らしをはじめ、それを"ぐうたら"に乗り切っていく様子がマンガになっています。

「ホントに山暮らしなんてできるの!?」なんて心配になりそうですが、ところがどっこいこれがなかなか楽しそう…。

 

山暮らしならぬ、「ぐうたら山暮らし」にはこんなメリットがあるようですよ!

 

超マイペースに生活できる!

松井さんがマンガ家ということもあると思うんですが、生活スタイルが超マイペース!

3~4時間って(笑)

f:id:sohhoshikawa:20170428141534p:plain

 

さらに夜10時には就寝して、掃除は毎日する気力がないのだとか。

 

これって…最高じゃねーか!(笑)

 

考えてみると、昔から作家さんは田舎に家をもってそこで創作活動をしていますよね。

漫画家さんの移住ルポマンガは探すとたくさんあって、やっぱり創作と田舎は相性が良いのかもしれません。

 

温泉最高!

f:id:sohhoshikawa:20170428141737p:plain

 

これぞ田舎の醍醐味ですよねぇ~!

ぼくは山形出身なのですが、山形には市町村すべてに温泉があります。

 

本州で山地だと、それと似たような温泉が豊富な土地は珍しくないと思います。

以前、旅行した長野の下諏訪というところは歩いていける距離に町湯がたくさんあったし…。

 

ホントは関東平野は日本有数の温泉地帯なんですけどね…。

土地代などコスト面からか、なかなか田舎ほど身近な存在にはなっていません。

 

ぐうたら生活+温泉…。

それだけで大分幸せになれそう。

 

無駄遣いが減る!

結局、こういった「ぐうたら山暮らし」ができるのも、お金の面でのメリットが大きいからだと思うんですよ。

 

だってお金を使う場所がないんだから!(笑)

f:id:sohhoshikawa:20170428142103p:plain

 

ただこれは一概には言えなくて、現代はスマホがあります。

スマホの中には娯楽がいっぱいありますけど、それは常に広告とセット。

現代人は常に手の平から宣伝にさらされていると言っても過言ではありません。

そして、そこからネット通販などすぐに消費行動がとれるのです。

 

もちろんネットのおかげで、都会と変わらない情報やエンタメを楽しめるようになりました。

やっぱり所詮は道具なのでうまく使わないといけませんよね。

そうじゃないとせっかくの都会のメリットを台無しにしてしまいます。

 

そうは言っても、田舎のコスト面の安さは魅力でなんといっても土地代と家賃!

"山"となると不便な分、さらに安いんじゃないかなぁ…。

一度ぼくの地元の空き家バンクを見たことがあるのですが、一軒家が50万円で売っていました(笑)

 

現代ではその田舎のメリットを活かして創作活動を続けるアーティストがたくさんいるようだし、「ぐうたら山暮らし」もダラダラしてそうに見えて実は意識高い系なのか!?

関連記事:俺たちも音楽で『「小商い」で自由にくらす』をやってみたいよな!?

 

山にフォーカスした田舎暮らしを知りたい人におすすめ!

田舎暮らしと一口に言っても色々ありますよね。

地方都市、限界集落、離島、東京近郊…。

 

その中でも『ぐうたら山暮らし』はとりわけ"山"にフォーカスした内容です。

山暮らしは田舎の中でも大変そうな感じに思えますが、それをぐうたらにしてしまっている作者さんの生活っぷりが参考になる本です。

登場人物も山ならではといった感じのユニークな人が多く登場しますよ!

 

フルカラーでポップな絵柄で1巻完結なので読みやすいです。

興味ある方はぜひ読んでみて下さい!

 

 ちなみに電子書籍kindleはアプリをダウンロード(無料)すると、スマホやタブレットでも読めます。

せっかくのフルカラーなので白黒のkindle端末よりそっちがおすすめですね。

Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数
Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

 

それでは! 

 

 

 

 ところで俺、まちがってねぇよな?