読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

音楽に集中!ミュージシャン/バンドマンにおすすめの不労所得・ストックビジネスとは?

バン活!(バンド飯) バン活!(バンド飯)-ロックバンドとお金

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

先日行ってきた「ミュージシャンのミュージシャンによるお金のセミナー」でなんとも興味深い話を聞いてきました。

税金や確定申告の話がメインのセミナーだと思ったので、急にこんな話が出てきたのでびっくしましたよ(笑)

 

それは「ミュージシャンと不労所得」というもの。

話してくれたのは自身もインストバンドLITEで活躍する行政書士の武田さんです。

f:id:sohhoshikawa:20170228170536j:plain

 

なんかウサんくさい!?

お金の話なんてただでさえ謙諸されるのに、「不労所得」なんてワードめっちゃあやしい…。

いやいや、聞いてきたのはごく普通にみんなやってる正当なビジネスの話なんです。

 

怪しまずに(笑)、まじめに考えるととても重要なことです。

音楽活動にはどうしたって「時間」と「お金」がかかります。

 

だから時間をお金に変える「時給制」の仕事だけをやっていては、いつまでたっても音楽活動に集中できる時間は生まれてきません。

そこで、少ない労力でまとまったお金を生むことができる「不労所得」の構築に挑戦してみてはどうか?というのがセミナーの中でなされた提案でした。

 

改めて、不労所得とかストックビジネスと言われるものが何があるかを確認して、どれがミュージシャンやバンドマンにおすすめなのか考えてみます。

 

①金融商品を買う

f:id:sohhoshikawa:20170228192114j:plain

不労所得と言うと、パッと思い浮かぶのがみなさん「株」ではないでしょうか?

最近はマイナス金利と言うこともあって、ただ口座にお金を預けていてもなんにもならないので、興味をもっている方が増えているようです。

 

「株」「FX」あたりに加えて、最近では「ソーシャルレンディング」なんかもあります。

ソーシャルレンディングは貸付型クラウドファンディングとか投資型クラウドファンディングとも言われ、ごくごく簡単にいうと「数十万円単位のお金を、2ヶ月〜3年程度のスパンで預けると、年利6.0〜10.0%くらいで増やしてくれる」という商品です。

 

代表的なところで言うとクラウドバンクなんかは1万円から投資できますね。

f:id:sohhoshikawa:20170228173654p:plain

 

金融商品のメリットは、

  • 圧倒的に手間がかからない
  • 場合によっては大きな利益を得られる

と言ったところでしょうか。

 

対して、デメリットは

  • そもそもお金をもっていないと始められない
  • 元本が保証されない

と言ったところです。

 

②不動産の賃貸経営

f:id:sohhoshikawa:20170228173808j:plain

セミナーで武田さんがおすすめしていたのが、不動産を購入して賃貸経営をする方法

 

普通に楽待、健美家、HOMES、SUUMOなどネットを使って物件を探したり、仲良くなった不動産から物件を紹介してもらうこともあるそうです。

もっとも、購入するのはそれなりの格安ボロ家で、それをDIYや人脈を使って直していくのだとか。

バンドマンって意外と多様な人脈をもってますよね。

そう言えば、ぼくも電気屋と大工の音楽仲間がいます(笑)

 

賃貸経営のメリットは、

  • 現金だけでなく銀行ローンが使える(レバレッジ)
  • 最初の手直しだけであとは手がかからない
  • 毎月安定してキャッシュが生まれる

と言ったところです。

金融商品と違って、現状の元手が無くてもできるのが最大の魅力です。

 

デメリットは

  • 入居がないとお金にならない

と言ったところでしょうか?

 

③ネット資産

f:id:sohhoshikawa:20170228192244j:plain

「ネット資産」というとピンとこない方も多いと思います。

(ってか賛否両論あると思うけど)

 

ネット上の資産を形成して、そこから収益を上げていこうというモノ。

例えばサイトやブログ記事もそうですし、SNSのフォロワーも資産の1つです。

サイトなんかはそれ自体を売買したりもするんですよ。

参考サイト: サイト売買Z

 

これは何を隠そうぼくのパターンですね(笑)

ブログをコツコツ更新することで、アクセス数が上昇し、アドネットワークやアフィリエイトといったツールでマネタイズします。

 

メリットとしては

  • 初期投資がほぼない
  • リスクがない
  • 少額なら比較的誰でも稼げる

という点が挙げられます。

パソコンとネット回線だけで始められ、ランニングコストも安いです。

関連記事:ブログで月10万円稼ぐまでに必要だった初期費用、維持費用がたったのコレだけだった件 

 

また、ぼくの実感としては1年ぐらいまじめにやると多くの人が月に3万円程度の収入ならコンスタントにあげられるようになると思います。

そのくらいまでになったら2日に1回、1時間~2時間程度の作業でキープできるかな?って感じですね。

 

デメリットはズバリ、

  • 稼げるようになるまで時間がかかる
  • 将来的に通用するかは不明

という点です。

稼ぎたいのなら、3ヵ月くらいは無収入を覚悟して毎日ブログを更新するというのが通説です。

ネット資産を形成するなら、この労力を高いとみるか安いとみるかですね。

 

また将来的にウェブサイトという媒体が残っているかは不明です。

あるいはSNSにも流行り廃りがあるので、例えばせっかくツイッターでフォロワーが増えても、ツイッター社がつぶれてしまった!なんてことも考えれれるわけです。

もっとも一度、発信力とか影響力が高まった人は次世代のプラットフォームでもフォロワーがつきやすいですが。

 

不動産は家ですから、無くなることはないですよね(笑)

比べると不安定な資産かもしれません。

 

おすすめはネット資産か不動産!

個人的におすすめできるのはやはり「不動産」か「ネット資産」です。

金融商品はちょっと難しいですよね…。

パーセンテージで勝負する以上、スタートでお金を多く持っている人が多くを手に入れる構造になっています。

 

強きものがさらに強く…ぼくはそんなイメージを金融には持ってますね。

何より元本が保証されないので、おいそれと薦められるものではないかと(笑)

 

不動産については、武田さんの話を聞いてぼくはちょっとおもしろそうだなと思いました。

一軒家がおすすめらしく、掘り出し物物件を探すのはなんだか宝探しみたい(笑)

リノベーションとか興味あるので普通に楽しそうです。

関連記事:ここでなら生きていける…リビルディングセンタージャパン(リビセン)に行ってきた!

 

ネット資産については、ぼくも実践している身なのでおすすめですよ。

とにかくリスクがないので、お金のないバンドマンでもチャンレジできるんです(笑)

 

なにより昨今のバンドマンは既に活発にネット上で発信行為を行っています。

それらをちょっと工夫してストックしていくだけでも、少しづつ資産が積み重なって、ひいてはお金になっていくので、音楽活動との相乗効果も期待できますよ。

 

「たかが2、3万円じゃなァ…」と思われたかもしれません。

もちろんそれ以上稼ぐことも可能ですし、もとい3万円は大きな金額です。

1万円ならアルバイトの給料の1日分になりますよね?。

つまり3万円ネットから稼げれば、3日間バイトを休めるわけです!

 

このインパクトは大きいですよ。

5連勤が2日⇒休み⇒2日になる

それが月に3回もあれば生活は大きく変わります。

ネットで稼ぐと通勤時間や、休憩などのバイトに不随する時間もありませんしね。

 

「不労所得」を学ぶには?

金融商品について興味がある方は、是非よくよく勉強してからチャレンジして下さい。

各種本やセミナー、FXだったらデモトレードなどで知識をつけて下さいね。

 

不動産について知りたい方は、無料の資料請求でまずは概要をつかんでみると良さそうです。

こちらのサイトなど。

 

ネット資産(ブログ)について知りたい方は、ぜひこのブログの「ブログのこと」カテゴリーを読んでみて下さい。

ぼくが実際にブログで稼ぐまでに実践した内容をまとめてあります。

 

おすすめの記事はこのあたり。 


「不労所得」ってやっぱり怪しいイメージですか?

 

でも、そもそもミュージシャンの印税も不労所得にあたりますからね。

そう考えれば何も悪いことではないと直感的に理解できると思います。

ってかみんなそれが欲しくてやってるんじゃないの!?(笑)

 

それはじょーだんとしても、やっぱり音楽にさける時間が増えることは魅力です。

バンドマン/ミュージシャンのみなさんは、ぜひバカにせずに今回ご紹介したものを検討してみて欲しいと思います。

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?