俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

「音楽は将来役に立つ」に賛同の声が100000件以上集まる

スポンサーリンク

どうも、星川(Soh_RundabanSP)です。

 

 

いや~、感動しちゃいましたよ!

 

 

クラスの30人「音楽は役に立たない」←10万人「役立つよ!」

 私には中1の妹がいます。

幼稚園からバイオリンを習っていて、正直なところ先生からも一目置かれているような子です。

ただ、最近そのバイオリン対するモチベーションがすごく下がっています。

理由は、友達に

"音楽なんか将来なんの役にも立たない"

"音楽できても意味がない"

"音楽なんかなんでするん?"

とクラスのほとんどの人(20人~30人ほど)から何度も馬鹿にされたからだそうです。

(中略)

そこでお願いです。

音楽は将来絶対何らかの役に立つ

音楽をやることには意味がある

音楽は人々に何らかの感動を与えられる

 

そう思う人はこのツイートをリツイートして下さい。

 結果はご覧の通り!

27日の深夜1時ごろにつぶやかれたこのツイートは2日間(記事執筆時点)で10万リツイートを超えています!

 

いやぁ、なんか感動しますねぇ。

ぼくも音楽好きでバンドをやってきてた身としてなんかうれしくなっちゃいましたよ!

 

未来は音楽"しか"役に立たない時代

いやいや、大袈裟ですけどね。

でも今中学1年生の子たちが仕事に就くであろう10年後の社会は、今とはまったく違う社会になっていると思います。

 

AI、ブロックチェーン、スマートコントラクト…。

イノベーションの波が様々な職業をなくし、また新たな職業を生みます。

 

「音楽なんか役に立たない」と言っているその子がボンヤリ考えている将来のなりたい職業がなくなっている可能性も随分と高いのです。

むしろ音楽の方が無くならない可能性が高いと、ぼくは思います。

やっぱり音楽を使って人を感動させるって全てロボットではかなり難しいんですよ。

 

答えは神のみぞ知る、ですが一定レベルで真実でしょう。

 

そんな時代、子どもたちに大事なのは好奇心と夢を持つこと。

新しい仕事や生き方を自分から創造していくことが求められます。

そしてそのために人の好奇心を笑わないことです。

 

音楽が将来役に立つかはわかりませんが、ちゃんと自分の"好き"を持ち、努力をしている時点で、少なくともバイオリニストの子の方が"将来性がある"とぼくは思います。

人の目標や情熱を笑うその他大勢よりもね。

 

と、まぁ中学生の子どもたちをディスってもしょうがないですよね…(苦笑)

ただ子どもたちの社会がそうであるということは、やはり大人の社会もそうなんだと思います。

少しづつ「出る杭は打たれる」日本の文化が緩くなれば良いな~なんて、このツイートをみて思いました。

 

話題になると批判めいた声も届くでしょうが、のびのび音楽やってね~!

 

 

それでは!

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?