読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

「生きづらい」と感じている人は『未来住まい方会議』から読むのがおすすめ!

趣味-おすすめ本

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

 

ウェブメディア「未来住まい方会議」はご存知ですか?

 

タイニーハウスという海外でムーブメントになっている小さな住まいを紹介したり、新しい生きかたをする人々を紹介するサイトです。

ぼくはそのサイトのファンでよく見るんですが、先日「未来住まい方会議」を運営するYADOKARIから3冊目の本が出版されました。

 

その名も『未来住まい方会議』

こちらは今までのYADOKARIの活動をざっくりとまとめた内容になっています。

 

今世の中では「生きづらさ」を感じている人は多いじゃないですか?

終身雇用は終わり、大企業でも油断できない経済情勢です。

止まることのない世の中の流れに辟易している。

でもこんなに情報が溢れる世の中なのに「そこから抜け出すなにか」を見つけることはきわめて難しい。

 

この本はそんな「生きづらさ」から抜け出したいと思う人にぜひ読んで欲しい一冊です。

 

YADOKARIのリアルドキュメント

YADOKARIの発足から現在までをまとめたこの本は、同時にYADOKARI主宰者のさわだいっせいさんと、ウエスギセイタさんの成長記録でもあります。

 

何を隠そうお二人とも「生きづらさ」を感じていた張本人なんです。

東日本大震災を契機に一気にそれが表面化。

勢いのままにYADOKARIを立ち上げて突き進んでいく様はまさにリアルドキュメントです。

 

お2人とも幼少期の記憶までさかのぼり、自分を見つめなおした文章をこの本に寄せられています。

文章を通じてその背中を見つめるだけでもきっと勇気がわいてくることと思います。

 

 

「新しい生き方」の案内本

また、この本の優れている点は本の中でいくつかの本が紹介されている点です。

ざっとあげると

などが紹介されています。

ぼくはほとんど読んでいますが、どれも価値観を揺さぶる良書です。

特に『フルサトをつくる』の著者、伊藤さんとは対談が収録されてます。

 

なので『未来住まい方会議』を読むと、それをきっかけに一気に自分の世界を広げることができるんです。

 

装丁がまた素敵

余談ですがコレ、装丁が素敵なんですよね。

未来住まい方会議カバーデザイン

カバーデザインもファニーで素敵なんですが、良く見ると上の部分がカバーから少し飛び出しています。

カバーを外すと・・・・。

未来住まいかた会議カバー内側

おぉ、ヤドカリが!(笑)

写真だとわかりにくいですがシルバーで光沢があってキラキラしてます。

ちょっと豪華。

 

楽しいデザインに手になじむ装丁が気持ちいです。

 

まとめ

『未来住まい方会議』ぜひ読んでみてください。

未来住まい方会議本の中身

難しい本ではなくて、文章も平易で読みやすく、文字ぎっしりでもないので疲れませんよ。(笑)

 

漠然と感じる「生きづらさ」の正体を突き止めましょう。

もう世の中にはそこから抜け出して自分の人生を見つけた人たちがいるんだと理解させられます。

 

あたらしい人生を踏み出す相棒になってくれる本です。

ぜひ一読を。

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com