読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

「める配くん」がロックバンドの公式メルマガにめっちゃ良さそうだった

バン活!(バンド飯) バン活!(バンド飯)-ライブ集客

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

ぼくがやっているロックバンド「The Hayseeds」ではメルマガとLINE@を運用しています。

いまいちメルマガの使い勝手が悪くて、悩んでいたのですが「める配くん」というサービスが良さそうだったのでご紹介します。

 

メール配信システム「める配くん」がイイ!

f:id:sohhoshikawa:20160912142905j:plain

「める配くん」はメルマガを簡単に開設できるサービスです。

他者と比べても「コレはいいなぁ~!」と思える内容でした。

 

具体的にここが良い点!

 

①無料プランあり!120アドレス500通まで無料!

なんと言ってもコレですよ。

無料でメルマガが運用できるのってあんまりないんです。

いや、無料のメルマガスタンドも他にあるんですよ。

でも個人的にはあまりおすすめしません。

 

無料メルマガスタンドは登録してもらったアドレスの管理をスタンドに委託してる状態になっちゃいます。

アドレスの所有権がメルマガスタンドにあるわけですね。

そのため読者に意図しないメールが送信されたり、広告が挿入されたりとユーザービリティーはイマイチ。

 

める配くんのフリープランは有料プランとほぼ一緒の機能が使え、登録してもらったアドレスの所有権もメルマガ運用者にあります。

読者のストレスはそっちの方がないでしょうね。

 

また120アドレスまで無料と言うのも太っ腹ですよ。

120って実際すごい数字です。

特にロックバンドとかアーティスト系のメルマガで100超えてたら結構な人気バンドだと思う。

逆に言うと、そのぐらいの規模で十分とも言えます。

5000アドレスまで登録できる上位プランでも月額1880円ですから、相場から見るとかなり安い方だと思う。

 

②日本語のサービス最高!

無料でメルマガ配信できるシステムとして有名なのが「Mailchimp」です。

実際、The Hayseedsでも利用しています。

 

でもMailchimp日本語対応してないんですよね~。

操作画面が全部英語。

「勉強しろよ!」と言われたらそれまでなのですが(笑)、音楽活動の付帯業務はなるべくノーストレスでやりたいですよね。

言語が違うだけならまだ良いんですが、何というのかな…?外国のウェブサービスって「操作性のセンス」というか「ソコそんなセキュリティいる!?」みたいな感じで使い心地が悪いんですよね。

初期のFacebookとかも使いづらくなかったですか?

 

その点「める配くん」は日本のサービスなのでぼくは安心(笑)

フリープランは非対応ですが、サポートがちゃんと日本語で受けられる安心感もありますね。

 

③空メール登録に対応

わずらわしいメルマガ登録の手間を簡単にする「空メール登録」ができます。

○○@mhai.jp(○○に任意の文字を指定)というアドレスを取得でき、そこに空メールを

送信してもらうと読者登録できるというシステム。

 

ライブ会場で気に入ってくれたお客さんがその場で登録できるように設定しておきたいですね。

 

色々調べてみたら、このように「める配くん」にはメリットがあるとわかりました。

ぼくも乗り換えようかなぁ…。

 

ところで、ロックバンドにとってメルマガの必要性とは?

まぁ、そもそも「メルマガとかいらなくね!?」と思うかもしれません。

でもお客さんと「つながり」を持つって商売の基本なんですよね。

 

火事の多かった江戸時代。

商売をしている人は店舗が火事になったら「顧客名簿だけは持ち出せ」と言われていたそうです。

商品とか設備とかは二の次。

お客さんとのつながりがあれば商売は再生できるのだとか。

 

別に現代でもそうですよ。

みなさんが普通に使っているポイントカードやクレジットカード。

それもまたお客さんと「つながり」を持つためのツールです。

 

ですから、少なくとも「集客を増やしたい!」とか「バンドで食っていきたい!」というロックバンドにとってはメルマガのようなツールは必須と言えます。

 

LINE@も同時に運用しよう!

とは言え、メールを使ってる人って減りましたよねぇ…。

そのため冒頭のとおり、The Hayseedsではメルマガと同時にLINE@も運用しています。

 

LINE@はLINE上にバンドのアカウントを作れる機能で、メッセージを送ることができます。

つまりLINE版メルマガですね。

 

実際に運用していると明らかにLINE@の方が登録者(フォロワー)が多いのですが、メルマガも読者が0ではありません。

先月に至っては新規購読者はメルマガの方が多かったし…。

 

ですから2016年現在においてはメルマガとLINE@の同時運用がおすすめです。

⇒LINE@

⇒める配くん

 

LINE@についてはこちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

 

ぜひみなさんのバンドでも使ってみて下さい。

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com