スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

最近、iTUNESやApple MUSICなどのデジタル音源販売サービスへの楽曲登録を代行してくれるサービスがにわかに増えてきているのでまとめておきます。

 

もちろん、ご紹介すべてのサービスでiTUNESやApple MUSICだけでなく、SpotfyやLINE MUSICなど一通りの音楽サイトで配信可能です。

それぞれ特徴がありますので、自分の目標やスケールに合わせて選んでみて下さいね。

 

①TUNECORE JAPAN

TUNECORE JAPAN

デジタル配信を代行してくれるサービスを「アグリゲーター」とか「デジタルディストリビューション」なんて言いますが、TUNECORE JAPANは日本のアグリゲーターで代表的な存在です。

 

日本のほぼ全ての配信サイトに登録できることはもちろん、海外のサイトへも登録できます。

またYouTubeのライセンスを管理することで収益が得られる「YouTube収益化サービス」AmazonでCDをオンデマンドで受注生産・販売ができる「Amazon DOD」などもセットで利用できます。

関連記事:Amazonで誰でも自主制作のCDを受注生産で販売できるようになります

 

売り上げはアーティストに(各配信サイトの手数料をのぞいた)100%還元。

配信手数料は以下のとおり、

<シングル>

  • 1年間:1,410円 (税抜き)
  • 2年間:2,650円 (税抜き)
  • 3年間:3,790円 (税抜き)

アルバム

  • 1年間:4,750円 (税抜き)
  • 2年間:8,560円 (税抜き)
  • 3年間:12,370円 (税抜き)

 

配信時には詳しいメタデータ(レーベル名など)も付随して登録でき、配信日(発売日)の設定もできます。

「配信事業」に特化したサービスなので細かいところも安心できますね。

TuneCore Japan

 

スポンサーリンク

②Frekul

Frekul

 Frekulはメールマガジンを中心とした音楽マーケティングを一元的に提供してくれるサービスです。

Frekulでも各配信サイトへの配信を代行してもらうことができます。

 

こちらはなんと利用料が無料!

その分売り上げの還元率は60%となっています。

Frekulは独自に音楽パーソナルラジオの「Lumit」なども運営しており、そちらにも合わせて配信できたりしますよ。

メタデータの記載や配信日の設定ができませんが、その分登録作業は簡単になり、気軽に配信ができます。

 

Frekulのサービスは他にもあって、

  • ファンクラブ的な「プレミアムサポート」
  • メルマガ
  • カラオケ配信

など色んな宣伝・活動スタイルを提案してくれます。

またマネージャーのキャラクターと、チャットのように会話を進めていくだけで簡単に使えるのでネット関係が苦手な人にもおすすめです。

Frekul(フリクル)

 

③BIG UP!

BIGUP!

BIG UPは2016年の秋にavaxがスタートさせたサービス。

「アーティストのためのマルチマネタイズプラットフォーム」を謳っています。

様々なサービスの中に音楽配信サービスもありますね。 

 

利用料金はベーシックプランだと。

  • 1年間:シングル1380円/アルバム4500円
  • 2年間:シングル2600円/アルバム8150円
  • 3年間:シングル3700円/アルバム11750円

 

になっています。

還元率は国内ダウンロード販売が60%。その他ストリーミングの場合は100%です。

 

さらにBIG UP!では継続更新に限り利用料金がかからないフリープランもあります。

その場合の還元率はダウンロードが50%。ストリーミングが70%になります。

 

BIG UP!はTUNCORE JAPANのプランと、Frekulのプランを合わせて持っている感じですね。

リリース初期はベーシックプランでしっかり利益を狙い、作品数が多くなってきたら、フリープランで手堅くストック収入を狙うという戦略もイメージできます。

これはかなり便利そう。

 

さらにYouTubeコンテンツIDも使うことができますし、アーティストページの開設も無料です。

他にもアプリ制作、パッケージ制作・ネットショップ販売、音楽著作物の登録などが利用できるようです。

さながらデジタルの誰でも使える「ミニレコード会社」のようですね。

関連記事:音楽サービスが全部入り!?エイベックス提供の「BIG UP!」の効果的な使い方を考えてみた

 

今後にさらに期待のサービスです。

BIG UP!

 

④Wix MUSIC

WIX MUSIC

Wix MUSICはホームページ作成サービスでは世界的なWixが提供しているミュージシャン向けサービスです。

 

料金体系が少し複雑で、以下のようになっています。f:id:sohhoshikawa:20161226142704j:plain

 

1年間のまとめ払いのプランで、音楽配信をする場合は最安で月間1100円から費用が発生します。

ここまで3つのサービスと比較するとずいぶんと高い感じもしますが、これはホームページの維持費などもコミコミの値段です。

さらに売り上げは100%還元です。

 

Wixで出来ることは

  • ホームページ作成
  • メルマガ配信
  • ネットショップ作成
  • WIXミュージック(音楽配信)
  • ブログ

などなど多岐にわたります。

関連記事:Wixでブログ機能が強化!バンドマンブロガー的にもおすすめ 

 

これら全ての機能を外部から調達するとそれなりにお金も手間もかかるので、全ての機能を使って月1900円だったらまぁ、妥当なところかな?と思います。

音楽配信だけを考えても、年額22800円で20タイトル配信したらTUNCORE JAPANとBIG UP!よりお得ですね。

関連記事:ホームページ作成サービスWixのミュージシャン向け音楽配信ツールを試してみた

 

 

海外発のサービスなので、ちょっと使い勝手が悪い感じもしますがサービスの充実度はすばらしいです。

無料ホームページ作成 | Wix.com

 

⑤LUNDR

f:id:sohhoshikawa:20170713200618p:plain

 

LUNDRはオンラインマスタリングサービスとしてスタートしたカナダ発の会社です。

最近になって、音楽配信サービスも開始しました!

 

利用料は以下の通り、ドルでの取引になります。

f:id:sohhoshikawa:20170713202545p:plain

3ドルで無制限はかなりコスパ良いですね。

売り上げも100%還元です。

配信タイトル数が多ければ多いほど他のサービスよりお得です。

 

さらに従来のマスタリングサービスの利用者は無制限配信が無料でついてきます!

f:id:sohhoshikawa:20170713203442p:plain

 

LUNDRを常用していたミュージシャンにとっては”ついで”に配信しても良いレベル。

配信先もDeezerやPandraなど他のサービスでは配信できない海外で人気のストアに配信できるのも魅力です。

関連記事:マスタリングのLANDRで音楽配信が可能に!うまく使えばコスパ良いです

 

LUNDRにお世話になっているDTMerや、海外を視野に入れたアーティストは考えたい選択肢です。

LANDR

 

⑥Fan's Music

f:id:sohhoshikawa:20171018112948p:plain

 

Fan’s Musicは音楽ストリーミングサービスへの配信の他に、Fan's Music内で販売ストアを持てたり、販売パーツをサイトに埋め込めたりするのが特徴です。

 

ストリーミングサービスへの配信は有料で、月額900円のプランに加入する必要があります。

収益の還元率は70%ですね。

 

ランニングコスト、還元率ともに中程度といった感じですが、Fan’s Music内での販売だけなら無料です。

他のサービスと組み合わせるのもアリですね。

関連記事:音楽販売プラットフォーム「Fan’s Music」がスタート!特徴を解説

 

また著作権管理団体のNEXTONEに楽曲を登録できるなどユニークな特徴もあります。

⇒Fans' Music

 

結局、どれを選べばよいの? 

いやぁ、難しいですねぇ(笑)

 

どれも一長一短。

自分のスキルと目的に合わせて選ぶしかありません。

 

例えば、今バンド活動を始めたばかりでホームページも何もない人はBIG UP!かWix MUSICが便利です。

YouTube収益化サービスやAmazon DODに魅力を感じたらTUNECORE JAPANだし。

とにかく「ウェブわかんね!」という人や、ランニングコストを嫌う人はFrekulですよね。

 

音楽配信だけを考えるのではなく、トータルでどのように音楽活動を進めていきたいかをよく考える必要がありそうです。

 

例えば、ぼく自身のバンド「ヘイシーズ」では現在、iTUNESやApple MUSICでは音楽を配信していません。

  1. 自前で作ったホームページと、YouTubeで宣伝。
  2. LINEとメルマガで音源を無料配信。
  3. BASEという無料でネットショップが作れるサービスでダウンロード販売

をしています。

これはランニングコストを嫌ったためですね。

かかっている費用はホームページの維持費が年に4000円程度です。

ドメインキングというサーバーを利用しています)

 

今後もう少し活動が充実してきたらTUNECORE JAPANあたりを使ってみたいと思っています。

やっぱりもっと多くの人に自分の音楽を聴いてほしいですからね!

 

そんなわけで、ぜひみなさんもご自身のやり方やメンバーと相談した上で利用してみて下さい!

 

 

それでは!

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

スポンサーリンク
音楽で稼ぐの関連記事
  • おすすめCDプレス会社4選とはじめての自主製作CDガイド
  • バンドのホームページにアフィリエイトを導入して、活動費の足しにしてみよう!
  • 一曲から楽譜をダウンロード販売できるpiaScore楽曲販売。JASRACに登録されている曲の楽譜も販売も可能です
  • ミュージシャンもOK!VALUの使い方をやさしく解説。音楽活動の資金をビットコインで調達しよう
  • クラウドファンディングを音楽活動で活用する方法!成功のコツをCAMPFIRE社長から聞いてきました
  • ぼくがCDを全国流通した方法。ディストリビューターを比較

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事