読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

クリエイターがアイディアが出ない時にやるべき4つのコト

自分のこと 自分のこと-コラム

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

バンドマンをしたり、ブロガーをしたり。

何かと「モノづくり」が好きです。

好きでやっていることですがそんな中、「う~ん、アイディアが出ないなぁ・・・。」と悩むことがあるのも正直なところ。

 

今日はそんなアイディアが出ない時にやっていることをご紹介します。

きっとモノづくりをするあなたなら共感できるはず。

また、まだ試していないことがあったら是非、参考にしてみてください。

 

全部で4つご紹介します。

 

①歩く

歩く姿

とにかく歩くんです。

歩き回るんです。

家の中でも、外でも。

根拠があります。

「太ももの筋肉と脳が密接に関係していて、歩くと脳が活性化する」

らしいです(笑)

(これって根拠でしょうか?)

でも、なんとなくアイディアが出る時って歩いていたり、体を動かしている時だったりしませんか?

意外と共感してもらえると思います。

 

 

 ②コーヒーを飲む

コーヒー

コーヒーと仕事の愛称は言わずもがな。

眠気を飛ばしたり、集中力を上げる効果は有名ですもんね。

個人的に香りが豊かなスペシャルティコーヒーとかだとテンションがさらにあがります(笑)

 

 

③寝る

ベッド

もう疲れてたら無理なんですよ。

休みましょう。

ただ、布団に入って寝る前って創造が膨らみません?

「人生は夜つくられる」なんて名言がありますけども、まさにそんな気がします。

寝ることには休むといった理由の他にも、アイディアが浮かびそうな状況に自分を置くという理由もあります。

 

 

 

④本を読む

kindle

他の作品から刺激を受けて、アイディアが生まれるなんてことは当たり前ですがなるべく「熱量が高いモノ」を意識的に摂取すると良いです。

クリエイターたるものメッセージ性が強いものや、手間のかかった作品を鑑賞すべきです。

 

そういった意味で、メディアで言うとテレビ、ネットより本

同様にドラマより映画の方が良いです。

 

特にテレビを見るのは危険性が高いです。

テレビは基本的には消費文化ですから、受け手の思考が停止していても楽しめるように出来ています。

これはクリエイティブとは真逆。

受け手としての脳が出来上がってしまいます。

見る時はちゃんと批評性をもってみるのが良いでしょう。

 

まとめ

このようにアイディアが出ないときは、集中力や想像力が上がる行為、環境を覚えておいて意図的に取り入れるのが良いでしょう。

あなたの「スイッチ」はなんですか?

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com