読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

氷が溶けてアイスコーヒーが不味い!解決する方法を考えてみた

趣味-コーヒー

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

 

夏が近づくと飲みたくなりますよね、アイスコーヒー!

ところでみなさん、本当にアイスコーヒーを美味しいと思って飲んでます?

 

冷静に考えて美味しいアイスコーヒーってなかなか飲めないんですよね。

缶コーヒーはとりあえずおいといて、ちょっとよさそうな喫茶店でもめちゃくちゃ苦いか、逆に薄かったり。

しょーがないからミルクに砂糖入れるか・・・ってそれじゃアイスカフェラテで良くない!?

 

アイスコーヒーは日本ならではの飲み物らしいですが、その実あんまりレベルは高くありません。

一番の問題は氷が溶けだして味が薄くなること!

抽出の問題も多々ありますけども、まずはそこをクリアしたい。

 

そんなわけで考えてみました。

「アイスコーヒーの氷を(なるべく)溶かさないで美味しく飲む方法」です。

 

①固い氷を使う

まずは溶けにくい氷を使いましょう。

溶けにくい氷を「固い氷」なんて表現します。

固い氷を作るには普通の冷凍庫より少し高めの温度をキープしてゆっくり凍らせることです。

多くの場合

  1. ボールに水を入れる
  2. ボールごと発泡スチロールに入れて冷凍庫へ
  3. 6時間ほどたって半分くらい凍ったら、まだ凍ってない水を捨てる。これは不純物の入ってない純水から順に凍っていくためです。
  4. 水を足し、再び発砲スチロールに入れ冷凍庫へ
  5. 8時間ほどで完成!

といった手順でつくるそうです。

うん・・・・。

 

めんどくさい!!

 

とてもじゃないけど家庭で再現性はないですね。

ただ簡略化した手順でも自動で作るキューブアイスより固い氷をつくることができます。

ボールに水を入れて、冷凍庫で凍らせる。

 

ただこれだけでも幾分上等な氷になります。

中央に不純物がたまるので、その部分は捨てちゃいます。

余裕があったら、途中で水を捨てて足す肯定もやると、さらにきれいな氷になりますよ。

氷を砕くには安全のためアイスピックを使ってください。

 

 

この氷があればちょっとはゆっくりアイスコーヒーを楽しめますねぇ。

 

 

②コーヒーの氷を使う

そもそも溶けだす氷がコーヒーだったら・・・・?

味は薄くなりません。

ぼくがたまにいくカフェでもこんな感じのコーヒー氷のアイスコーヒーを提供してくれます。

コーヒー氷

単純にコーヒーを凍らせるだけですから、簡単っちゃ簡単です。

ある時に多めに抽出しておいて氷の用のコーヒーとして使うのが良いかもしれませんね。

 

③グラスを工夫する

次に考えられるのは氷を溶かさなきゃいいって話。

そのためにはグラスを工夫しましょう。

 

例えばアイスコーヒー用にこんなグラスが売っています。

二重構造になっていて外の熱が伝わりにくい設計になっています。

そのため結露もしにくいので、何かと使い勝手が良いんですよね。

グラスにしてはちょっと高いんですが、見た目も良くて欲しくなりますねぇ。

 

ぼくはこれを使ってます。

これはアレです「氷を入れて一晩おいていても中の氷が残っていた!」という宣伝文句が有名なやつです。

真空断熱の二重構造なので冷たさが続きます。

 

当たり前ですがどちらもアイスコーヒー以外にも使えます。

ボダムはカクテルやウィスキー、サーモスはビールを入れるのに適しているので、お好みで選んでみてください。

 

④水だしコーヒー

さてアイスコーヒーが不味い原因に、抽出した(ホット)コーヒーを氷で急冷する工程の難しさがあります。

コレやってみるとわかるんですが、結構難しい。

狙った濃さにするのは至難の業です。

 

そこで水出しコーヒーの出番です。

水で入れるので失敗しにくい。

 

実は特別な器具はいらなくて、こんな感じの保存瓶でもあればOKです。

 

どの家庭でも似たようなものはありますよね。

これに水と挽いたコーヒー豆(アイス用)を入れて6~8時間、冷蔵庫で置きます。

最初に軽くワシャワシャとふってあげるとよいかな?

 

抽出されたらあとはドリッパーで濾すだけです。

簡単で安定した味がつくりやすいですよ。

 

大量に作りたい場合はこんなアイテムも売ってます。

まとめ

そんなわけでアイスコーヒーの氷について考察してみました。

ご家庭で導入しやすいものを選んで試してみてください。

 

この夏はぜひ美味しいアイスコーヒーをどうぞ!

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com