読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

コインロッカー革命!『ecbo cloak』にライブハウスが参入できる可能性があるって話

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

『ecbo cloak』という新しいウェブサービスが始まったのですが、ご存知ですか?

コレがなかなか賢いサービスなんです。

 

コインロッカー業界を変える『ecbo cloak』とは?

f:id:sohhoshikawa:20170120124218j:plain

「ecbo cloak」は手荷物を登録してあるカフェなどに預けることができるというシンプルなサービスです。

なんぞ簡単な話に聞こえますが、よく考えてみると「三方良し」の素晴らしいサービスですよねぇ。

 

まず、ユーザーはもちろん荷物を預けて手ぶらで遊べる。

渋谷とか新宿駅のコインロッカーってまぁ空いてないですよね…。

バックサイズで300円/1日。

スーツケースサイズで600円/1日と価格もリーズナブルです。

 

カフェはすごく宣伝になりそう。

っというか「実際に足を運んでもらう」以上の宣伝効果ってないのではないだろうか?

荷物をとりに戻り、ついでにそのカフェでコーヒー飲んで休憩!

なんてシュチュエーションはごく普通に考えられます。

さらにデットスペースを活用した副収入も得られますからね。

 

そしてもちろん運営元も手数料で儲かる。

う~ん、よくできてるなぁ…。

 

そんな便利な「ecbo cloak」ですが、今後カフェはだけでなくライブハウスも登録できるようになる”かも”しれないらしいのです。

 

「ecbo cloak」でライブハウスも宣伝のチャンス

先日、「ecbo cloak」についてツイートしたところ…。

すると運営さんからリプライが!

おぉ!これは素晴らしい!

 

最近はライブハウスもキレイな場所が多いですし良いかもしれない。

もちろん、検討中ということでどうなるかは分かりませんがライブハウス側が声を上げれば実現できる可能性は高まるでしょうね。

 

ライブハウスのデットスペースを活かせば…?

「ecbo cloak」はいわゆる「シェアリングエコノミー」という分野のサービスです。

 

余っている物や場所をシェアすることで資源を有効に使おうというもの。

UberやAirbnbなどが有名ですね。

 

考えていると、ぼくらの主戦場ライブハウスにもまだまだ「シェア」できるモノが多いかもしれません。

例えば「喫煙所」として開放するのはどうでしょうか?

禁煙のライブハウスもどんどん増えていますが、今日び外でタバコ吸えるのはバーかライブハウスぐらいです。

 

ライブハウスが動き出すのはだいたい15時くらいからですよね。

11時~15時までライブハウスを喫煙所にしてみる。

喫煙所ではお金はとれませんが、タバコや消臭スプレーを売ったりしてマネタイズする。

あとはその日の出演者の音楽をライブハウスのスピーカーで流して宣伝する。

「気になったら夜遊びに来てね!」って感じで。

なにかタバコとロックって親和性高い気がしますしね。

 

まぁ、ちょっとスタッフの仕事が増えて大変だと思いますが「モノの例え」です。

(そして思いっきりバンドマン目線だが(笑))

なにはともあれ「シェアリングエコノミー」は今後も注目され伸びていく分野だと思います。 

 

 

「ecbo cloak」では公式サイトから「オーナー登録」の申請ができるようです。

カフェやライブハウス以外にも気になった方は問い合わせてみてはいかがでしょうか?

⇒ecbo cloakのサイトを見てみる

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?