読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

ドラムが上手くなるには?←フェスへGO!

ドラム ドラム-ドラムテクニック

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

 

このブログではたまにドラムについてあーだこーだと語っておりますが、今日は「ドラマーはライブを見るのも大切だよ!」って話です。

 

 

ライブへ行って踊れ

良いドラマーになりたかったらライブに行って踊らないといけません。

うん、これは絶対だと思います。

 

いわいるバンドミュージック=軽音楽とクラシックの違いってなんだかわかりますか?

あ、特にライブにおいて、見る側にとってです。

それは軽音楽がスタンディングで、クラシックが着席した状態での鑑賞が多いことでしょう。

その理由にはは軽音楽がことさらダンスミュージックとして発展してきたという背景があります。

元々、今バンドで使われている楽器はマーチングから発展し、ダンスホールができたことで進化してきたそうです。

つまり、ライブにくる観客は踊りたいのであり、逆に言うとプレイヤー(ドラマー)は観客を躍らせるという使命があります。

 

で、そのためにまずは自分が観客になって踊ってみましょう。

お客さんの気持ちや快感を味わうことで得るものはそりゃあ、大きいわけです。

ドラマーはドラムによってグルーヴを表現するわけですが、まずグルーブそのものをプレイヤーが知っていないと話にならないです。

 

理屈で言うと上手なドラマーのグルーヴで踊ることでそのドラマーのグルーヴを擬似的にコピーできます。

うまいドラマーってたとえ手拍子だけでもグルーヴを出せますよね?

体がグルーブを知っているからです。

ライブにいって踊るってことは、そのドラマーとセッションすることに近いです。

よく「上手い人と一緒に演奏すると上手くなる」って言うじゃないですか?

それと似たような効果があります。

 

これはCDだけではちょっとできない体験です。

 

 

フェスに行って踊りまくれ

そこでおすすめしたいのがフェスです。

僕は学生時代、毎年北海道の「ライジングサンロックフェスティバル」に行っていました。

そこではもちろん、色んなドラマーが色んなグルーヴを叩いているわけです。

 

世の中には実に色んなジャンルがあって、色んな個性をもったドラマーがいます。

求められるグルーヴも様々です。

フェスには一流のプレイヤーが出演しています。

一つのグルーヴで勝負する男らしいドラマーも入れば、キッチリ叩き分けるCOOLなドラマーもいます。

 

一番衝撃的だったのは「くるり」だったなぁ。

フェスなのでシングル曲を連発するのですが、どれも土台になっているリズムとグルーヴが違うんです。

故にどれも個性的に聞こえる。

(それでいてポップに仕上げるセンスもすごいが)

そして、それをしっかり叩き分けるドラマーの凄さ。

(当時、外国人の方だったけど名前忘れてしまった)

 

もちろん他にもたくさんのバンド、ドラマーをその日いっぺんに味わうことができます。

「色んなグルーヴ」を体感できるのがフェスのいいところなんです。

クオリティも含めて、そういう場は他にはちょっとないですね。

 

 

まとめ

ドラマーにとって如何に「ライブを見るのが大切」がわかっていただけたでしょうか???

実際、別になんにも難しくありません。

ただライブを楽しめばいいのです。

 

ドラマーはフェスにいってグルーヴを聞き分ける、感じ分けながら楽しく踊りましょう!

 

参考になったらうれしいです。

 

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com

 

 

【PR】バンドマンお役立ちブログの『Shellbys』です

今、読んでいただいているブログはバンドマンが運営しています。

 

自身のバンド経験からバンドマンに役立つ情報をたくさん共有しています。

きっと役立つものがあると思います。

 

 

是非、他の記事も読んでいってください!

 

 

バンド活動にお役立ち『バン活!』カテゴリー主な記事一覧

バンド活動のノウハウをみんなで共有『バン活!』をはじめます!

おすすめの人気記事

  1. ミュージシャンやバンドマンなら知っておくべきウェブサービス47選 
  2. 仕事がないミュージシャンにおすすめの副業6選 
  3. 【現役バンドマンが教える】バンドマンの定番おすすめバイト5選 

ライブ集客をしよう

  1. あなたのバンドがライブ集客に失敗する理由とその改善方法 
  2. 「音楽が無料になる」その理由が圧倒的過ぎる 
  3. ロックバンドやアーティストの「ファンクラブ」の作り方と運営方法 
  4. アーティストの音楽活動におすすめのメルマガスタンドまとめ
  5. 「くるり」も使ってる!バンドの音楽活動における『note』の可能性 
  6. ロックバンドが『LINE@』のアカウントを絶対に開設すべき3つの理由
  7. ロックバンドの売れるホームページの作り方&便利なサービス 
  8. ロックバンドやアーティストがファンを増やす方法とは?音楽以外の活動も必要

YouTubeを活用しよう

  1. 知っておくべきYouTubeの再生回数が増えない理由
  2. YouTubeに最適な設定をしてミュージックビデオの再生回数を増やそう!
  3. 【YouTube】ミュージックビデオの再生回数を10倍にする方法  

SNS宣伝術

  1. 【初心者OK】ミュージシャンがツイッターをうまく使う方法 
  2. 【ツイッター】エンゲージメント(反応率)を上げる方法 
  3. ミュージシャンやバンドマンの音楽活動でブログを活用する方法 

有料の広告を使ってみよう

  1. バンドの活動の無駄!あなたが払ったノルマ代の¥30000でこれだけの広告ができたよ 
  2. Facebookページであなたの音楽を1万人以上にアピールする方法
  3. Google adwords広告を使ってミュージックビデオの再生回数を増やす方法 
  4. ツイッターであなたの音楽を20万人に宣伝する方法
  5. ロックバンドのライブフライヤー(チラシ)の作り方 

バンドマンのモノづくりあれこれ

  1. おもしろいライブイベントの企画をつくる方法を考えてみた 
  2. 都内でノルマ制じゃないライブハウスまとめ
  3. 格安でレコーディングする方法はセルフレコーディングです
  4. 格安でレコーディングできる秘密は”個人経営”のスタジオだから 
  5. CDが売れない?バンドはCDを作るべきか、否かを考え対応策をとろう 
  6. おすすめの激安CDプレス会社と紙ジャケットを手作りする方法 
  7. インディーズバンドのミュージックビデオ(PV・MV)作り方色々(僕のドキュメントを含めて)
  8. ノーリスクでバンドTシャツとかグッズをたくさん作って売る方法
  9. 【成功例も紹介】音楽制作の資金を募る『クラウドファンディング』て知ってる? 

音楽を流通して売る方法

  1. CDを全国流通したいあなたの音楽を売ってくれるディストリビューターまとめ 
  2. 自分の音楽が売れる通販サイトをつくれるサービスまとめ
  3. イベントやライブのチケット流通して売る方法 

バンド活動のさらなる飛躍を

  1. 【超重要】バンド名の決め方、これだけは意識すべきポイント 
  2. 【バンドを辞めたい人へ】U2に見るバンドを“長く続ける方がいい理由” 
  3. ダメバンドマンって「音楽性の違い」でケンカして、解散するよね
  4. キャッチコピー(フレーズ)が秀逸なロックバンド3選 
  5. ミュージシャンやアイドルが海外進出するために必要なツール7選
  6. ツアーバンドが見ておくべき便利サイト6選
  7. バンドの機材車を手に入れるおすすめの方法4選
  8. 路上ライブの許可のとり方&必要な機材、そしてそれで家族を養った話とは? 
  9. ロックバンドのステージ衣装の選び方とお店まとめ 
  10.  バンドロゴ作成のやり方&便利なサービス
  11. 【プロから趣味まで】ミュージシャンになるには楽器を練習しなきゃ!演奏力を上げる7つの方法 

参考になるアーティスト集

  1. ミュージシャンは業界に頼らずに「こおろぎさん」と「まつきあゆむさん」を目指すのはどうだろう? 
  2. 田舎で自由に音楽をするという最高の生活『mothercoat』と『凡人ハウス』
  3. 『Sleepyhead jaimie』に学ぶ稼げる音楽活動論 
  4. ロックバンド『忘れらんねえよ』のマーケティング(宣伝)が面白くてウケるwww
  5. ロックバンドがSEO対策をがんばるとこうなる。『ロックバンドおかん』 
  6. フラカンみたいにずっとライブバンドをやり続ける方法 

『バン活!』最新の記事はこちら