読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

わりと上級者ブロガーむけノウハウ「クラウドワークス」で自分のブログをSEOに強くするズル技

ブログのこと ブログのこと-ブログツール

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

今日はブロガーむけ情報ですが、ちょっと上級者むけ。

と、いうか「ブログで稼ぎたい!」とか「アクセス上げたい!」という人むけです。

 

いやぁ、クラウドワークスってこんなに便利だったのかと…。

 

 

日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」

f:id:sohhoshikawa:20161105103550j:plain

クラウドワークスは日本最大のクラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングとは法人(個人)⇔個人間で仕事を受注できるサービスのこと。

 

ぼくはブログで収益を上げるのを頑張っているのですが、ちょっと壁にぶち当たっておりまして…。

このクラウドワークスが、その壁を乗り越えるのに一役かいそうです。

 

あともうちょっと!な記事に…

検索上位を狙って記事(サイト)を作成することを「SEO対策」なんて言いますが、そう簡単に検索上位にはいけませんよねぇ。

がんばって書いた記事が「お!1ページ目に出てる!」となったらもう少し。

 

大体5位以上ぐらいなると、目に見えてアクセスも上がってくるし、収益にもつながります。

そんな記事にもうひと押し!

 

クラウドワークスでアンケートや記事作成を頼んで、もっとボリューミーな記事になるように追記しちゃいましょう!

 

記事作成やアンケートが簡単にとれちゃう

クラウドワークスでは簡単なアンケートや、ブログ記事の執筆をクラウドワーカーのみなさんにお願いすることができます。

やり方は非常に簡単でした。

 

まずはクラウドワークスに登録。

⇒クラウドワークス公式サイト 

 

右上メニューバーから「クライアント(発注者)メニュー」にメニューの種類を変えます。

クラウドワークスで仕事を依頼する手順1

 

次に「新しい仕事の依頼」をクリック。

f:id:sohhoshikawa:20161105095541j:plain

 

次に実際に仕事の依頼内容を書いていきます。

ここでは「タスク・作業・事務」を選び、さらに「質問・アンケート」を選びます。

クラウドワークスで仕事を依頼する手順3

 

依頼の形式は「タスク形式」を選びます。

簡単なアンケートや質問の場合、多くはタスク形式で良いと思います。

クラウドワークスで仕事を依頼する手順4

 

仕事内容を入力していきます。

まず仕事の概要を入力する画面。

クラウドワークスで仕事を依頼する手順5

(画像の内容は適当です)

 

タイトルには具体的に「(作業時間3分)」など書くと、仕事を請け負ってもらいやすいみたいですよ。

諸々のサポートも設定できますが、ぼくはまだ使ったことないです。

 

次にクラウドワーカーさんが実際に作業する画面を作ります。

これも簡単。

クラウドワークスで仕事を依頼する手順6

簡単なアンケートですので、必要事項を作ります。

年齢や出身を調べても良いですね。

 

最後に仕事の単価を入力しましょう。

クラウドワークスで仕事を依頼する手順7

文章系の仕事の場合は、最低でも1文字0.5円程度の単価にする必要はあるのかな?と思います。

相場観はよくわかりませんが、あまりクライアントを買い叩くようなギャラは良くないのかなと。

(ってかやってくれる人減るからね)

 

ぼくは600文字300円の口コミを募集したところすぐに3日ほどで、4人の方に仕事をしてもらえました。(募集は5人までの依頼)

1500円で5人のリアルな口コミをゲットできるとなると、結構安いのではないでしょうか?

本を一冊買って自分で勉強するのとあまり変わらないし。

 

レビュー・比較系に使える!

口コミや評判などはレビュー系のコンテンツの強化にぴったりです。

 

例えばあなた自身がなにか専門学校に行っていたとして、その学校の評判口コミをブログにしたとします。

さらにクラウドワークスで同じ学校出身者の口コミを募集するんです。

それも記事に追記する。

 

するとあなたの主観にプラスして、複数人のフラット意見も読者の提供することができます。

これは読者にとって有意義なことではないでしょうか?

 

検索上位に行くには「長文」と「独自性」が必要

今のところGoogleで検索上位に記事を表示させるには「長文」と「独自性」が必要だと言います。

個人的にはこの要素が読者にとってホントに有意義かどうかは微妙に思いますが…。

 

いわずもがな、クラウドワークスを使ってコンテンツを調達すればおのずと長文になるでしょう。

そして自ら自腹を切ってとったアンケートですからリアルタイム性もあり、独自性(他のサイトにない)もある。

 

あくまで仮説ですが、検索上位への後押しになることは間違いないかと思います。

 

アフィリエイター御用達の技!

実はコレ、ウェブサイトやブログで稼ぐいわゆるアフィエイターさんの中では普通の技らしいです(笑)

なるほど、自分の知識や経験を超えて記事を量産しまくるアフィエイターさんはやはり外注をうまく使っているのですね。

 

ぼくの場合はブログですから自分の意見も入れたいところですが、前述のとおりそれにプラスして客観性が入ることは悪いことではないと思います。

まぁ、最近ではブロガーもアフィリエイターも差がなくなってきる感じもありますし…。

 

クラウドソーシングは他にも色々使えます。

例えばブログデザインのカスタマイズをお願いしたり、アイコン画像を作ってもらったりと。

経験上、デザイン方面の簡単な仕事に関してはココナラの方が盛り上がっている印象があります。

ブロガーの方はココナラ(登録無料)もチェックしておきましょう。

関連記事:【ナリワイ活動】ブログの立ち上げを手伝ったよ!

 

 

 

そんなわけでブロガーによるクラウドワークス活用法でした。

なかなか自腹切ってブログで結果だそう!という人は少ないと思いますが(笑)、なにか参考になったら幸いです。

 

クラウドワークスは登録だけなら無料です。

もちろん自らが書き手になって稼ぐことも可能ですよ!

まずは登録してみて下さい。

⇒クラウドワークスの公式サイトを見てみる 

 

 

それでは!

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?