読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

クラウドファンディングのCAMPFIREでファンクラブのシステムがリリース! ミュージシャンの宿り木に

バン活!(バンド飯) バン活!(バンド飯)-便利なウェブサービス

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

クラウドファンディングサービスでは日本最大手のCAMPFIREが新しいサービスを開始しました。

ミュージシャン/バンドマンの方は要チェックですよ!

 

CAMPFIREファンクラブが開始

CAMPFIREファンクラブ

クラウドファンディングはある特定のプロジェクトに対する資金提供を募るものでした。

CAMPFIREファンクラブでは一回だけの資金提供でなく、継続的な支援を募ることができます。

 

そもそもファンクラブの設立、運営はとても大変です。

専用サイトを用意し、会員の連絡先を管理し、コンテンツを提供し、入金の管理をする。

労力もお金も相当かかります。

 

しかし今回のCAMPFIREのサービスなら、利用料は支援額の10%

(つまり維持費は無料)

既存のクラウドファンディングと同様に支援者の連絡先の管理なども容易です。

 

それだけでも便利ですが、リターン別に支援額に差異をつけれるそうです。

campfireファンクラブ

 

この機能なら多様なコンテンツを提供できそうですね。

 

ミュージシャンだけでなく、あらゆるビジネスにおいてファンクラブのようなコミュニティビジネスは注目されてきました。

しかし今までそのインフラは整っていませんでした。

今回CAMPFIREファンクラブができたことで、その現状に風穴をあけたことになります。

 

ミュージシャンという職業ではなく、ミュージシャンと言う生き方を選ぶ時代

職業としてのミュージシャンとしての定義に「音楽でお金を稼いでいる」という要素が必要であろうと思います。

しかし、インターネットの登場により色んな分野でプロとアマチュアの差があいまいになりました。

そして誰しもがそれでお金を稼ぐのが難しい時代です。

今後「一発屋」のような現象はどんどん見られなくなっていくでしょう。

もはやミュージシャンの定義に「音楽で稼いでいる」という要素は該当しなくなってきています。

 

おそらくミュージシャンは職業ではなく、生き方そのものへと変容していくと思います。

 

CAMPFIREの代表、家入一馬さんが今回のローンチに合わせて対談を行っています。

その中で共感する部分があったのでご紹介します。

家入:たとえば車を買うぞとか、マイホームを買うぞとか、そういうわかりやすい目標があった時代は、それはそれである意味幸せだったと思うんですよね。でもこの先の日本はそうはならない。ほしいものは特にない、夢もない、そういう感じになっていくと思うんです。そういう中でどう生きていくか。

僕は「リバ邸」というシェアハウスも運営しているんですけれど、そこに住んでいる奴らは大体月5万円くらいの生活費で、好きなことやって生きているんです。5万で生活できることがわかると、すごく楽になるみたいで。それって幸せなことなのかもしれないなって最近思います。

引用元:クラウドファンディングは業界をどう変える?家入一真×岡田一男 - インタビュー : CINRA.NET

 CAMPFIREファンクラブはその5万円をミュージシャンが音楽で稼ぐ仕組みではないでしょうか?

5万円では今までの定義ではプロとは呼べないかもしれません。

しかしこれからの時代、5万円を音楽で稼ぐことを選択した人はみなすべからくミュージシャンであろうと思います。

そしてそれはCAMPFIREファンクラブのようなプラットフォームがあれば実現可能なんです。

 

ぼくはこれは夢のあることだと思っています。

 

たしかに90年代、音楽業界がCDバブルで沸いていたころのような夢は描けません。

しかしそれはやはりバブルであって、虚構と言い換えても良い。

悪く言えば音楽活動が「一発当てればOK!」というギャンブルになってしまい、バブルの陰で多くのミュージシャンが夢破れ、生活を失った人もいるでしょう。

 

CAMPFIREファンクラブが提供する夢は、あくまで現実と地続きの極めてリアルな夢であると思います。

少なくとも家入一馬さんはリアリティのある目線でサービスの提供に取り組んでいるのではないかと想像しています。

 

本気だとか、遊びだとか、そんな二元論を超えて一生懸命音楽をやっているミュージシャンの宿り木になってくれる。

CAMPFIREファンクラブはそんなサービスになっていくのではないでしょうか?

 

今後も続々と新機能が続々リリースされる予定だそうです。

『CAMPFIREファンクラブ』をさらに便利にするサービスを今後も追加していきます。予定されている機能は、こちら。

 

  • ・ファンへの音声・映像など各種ファイルのダウンロード提供
  • ・ファンへのアンケート機能
  • ・会員費(月額)ごとに活動報告の公開範囲を選択できる機能
  • ・Facebookの「非公開グループ機能」を利用したコミュニティの作成
  • ・ファンへの限定グッズの販売機能

引用元: 誰でも無料で「ファンクラブ」が作れる!『CAMPFIREファンクラブ』スタート!【CAMPFIRE mag.】

 

ミュージシャン/バンドマンの方は今後の動きもぜひチェックしてください。

またぜひご自身の音楽活動の中で使ってみて下さい。

クラウドファンディング - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com