俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

「スマホ=バイトやめる装置」って気づけば社畜フリーターから抜け出せる

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

そうなんですよね。

身近過ぎて気づきにくいのですが、コレって革命だったんですよ。

未来はぼくらの手の中!

 

スマホがあればバイトを辞められる

その名も『バイトやめる学校』という名タイトルの本に書いてあることです。

スマホは2010年頃から普及し始めて、現在ほぼすべての人に配布し終えた感があります。

ほぼすべての人がスマホを持っている状態=なんでも買える状態なので、部屋にある売り買いできるものを見つけて、それを売って自分の収入にすることは特別なことではなくなりました。

 

つまりスマホ=「バイトやめる装置」です。

 

ヤフオクとかブックオフとかメルカリとか、フリマのプラットフォームありますよね。

家にあるいらないものを売る。

すると、1日のバイト代に相当したりする。

 (中略)

みんなもう気づいてると思いますけど、雇われてはたらくことが崩壊してきていますよね。

それに実はあんまりはたらかなくても生きていける。

シェアサービスを利用するとか、Air B&Bみたいな副業をやったり、メルカリを利用して不用品回収して販売すれば収入を得るのは容易だし、そうした副業は1日8時間はたらかないといけないわけではなし。

「バイト辞める装置」をどういう発想で使っていくかに、おもしろい毎日がかかっています。

 

スマホ=バイト辞める装置。

この視点を持てるかどうかは非常に大切な気がします。

 

社畜フリーターのみなさん!

スマホを単にYouTubeを見たり、ニュースアプリでゴシップみるだけ装置にしてしまっていませんか?

 

それを今すぐ辞めて、バイト辞める装置として使ってみましょう。

ブログやメルカリならホントに今すぐ始められます。

関連記事:「趣味ネットサーフィン」の人はネットでの小遣い稼ぎにむいている

 

最近ではこんなアプリも登場しました。

“まちの用事”(クエスト)を頼みたい人とそのお手伝いをしたい人(冒険者)をマッチング&サポート!!  スマートフォンアプリまちかどギルドは・・・ 地域密着型“まちづくりサポートアプリ”です。 地域の支え合いを増やし、地域の活性化を目指します! 「まちの用事を解決する」をコンセプトに若者も楽しめるように考案したのが、「まちかどギルド」具体的に“まちの用事”とは「商店街のお店で一日限りのバイト」「独居老人の買い物代行やおしゃべり相手」「草むしりや雪かき」「農作業のお手伝い」などが想定されます。 こうしたハローワークや求人情報誌に載らない“まちの用事”を、これまで町内や商店街との接点がなかった学生、地元で何か活動をしたいけれど動き方がわからない人、新たに引っ越してきた家族、その他、空き時間をまちのために使いたいと考えている方々に『まちかどギルド』を利用していただきたいです!

つまりは地域の「何でも屋」を誰でもすぐに開業できちゃうわけです。

これだけの”食い扶持"がもう既にあなたの手中にある。

バイトなんてあろうが、なかろうがもう怖くねぇ! 

 

最近では、世界中を飛び回ってほぼスマホだけで働くモバイルボヘミヤンなる人も登場しました。 

 

ぼくも今でこそ、なんとかフリーランスで食べれてますけど、ほんと3年前くらいは社畜フリーターでした。

時給950円で残業バリバリやってましたよ(笑)

3年前はちょうどスマホのスペックが上がってきたり、格安SIMが普及しだした頃で、時代が個人にやさしくなってきてのを実感していました。 

 

冷静に考えるとスマホだけじゃなく、PCだって安くなっています。

あなたが好きなことで開業するのに必要なお金は実は意外なほど少ないです。

関連記事:ブログで月10万円稼ぐまでに必要だった初期費用、維持費用がたったのコレだけだった件

 

もちろん、いきなりバイト辞めるのは不安だし、危険だと思います。

でもバイト+好きな仕事というワークスタイルなら結構簡単。

ぼく自身、そんな1年半くらいはそんな生活をしていました。

 

そしてその時点でもう結構幸せなんですよねぇ。

午前中で仕事終わって、「さ~!今から何しよう!」っていう生活は最高ですよ(笑)

関連記事:フリーターこそフリーランスを目指すべきじゃない?アラサーは特に  

 

バイトが辞めれないなら『バイトやめる学校』へ

っとここまで言っても実感がわかない人は是非『バイト辞める学校』を読んでみて下さい。

著者の山下陽光さんは実際に「バイト辞める学校」というイベントを主催していて、その経験が書かれているのがのが本書です。

 

具体的にバイトをやめるステップを解説してくれています。

何より著者の山下さんの実体験に基づく話が説得力があります。

 

この本おもしろいのが最後に「この『バイトやめる学校』をメルカリで売ろう!」と提案しているんです。

それこそがバイトを辞める力を鍛えるファーストステップなんですね。

他にも感想文を送ってくれた人にその文字数分「バイトを辞める学校2」を送ってくれるとか、おもしろいアクティビティつきの本なんですw

 

なので、メルカリをダウンロード後に読み進めてみて下さい。

なんなら『バイト辞める学校』が出品されてないかチェックして、もしあったら買ってみたら良いのでは。

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

タイトルでズバリ刺さった人はぜひ買ってみて下さい!

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?