読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

青春の意味とは「無理・無茶・無駄」のことである

自分のこと-コラム

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

昨日、NHKの人気番組「ドキュメント72時間」をご覧になった方いますか?

一か所を72時間、定点観測してそこを行きかう人々を取材する番組です。

 

昨日は京都は鴨川の中州、通称「鴨川デルタ」でした。

 

そこにある大学生が登場したんですが、その方がめっちゃくちゃ青春してたんですよ。

何をしてたと思います?

 

鴨川デルタにいる時間を記録する大学生

なんとただその場にいる時間を毎日計るだけ、です(笑)

実際にホラ、ツイッターでアカウント作って記録してるんですよ!

 いやぁ、もうぼくなんかはめっちゃ感動しました。

これぞ青春!って感じじゃないですかぁ。

 

青春って仲間とワイワイ、パーリーピーポーってイメージがあると思うんですけどそれだけじゃぁないっ。

 

若さをただ漫然と浪費していく。

その贅沢さこそ青春。

 

わかるかなぁ?この感覚(笑)

 

ぼく以外にもこの大学生に共感した方は結構多いみたいですよ。

 

青春とは?

青春とはwikipediaによれば

青春(せいしゅん)とは、季節の「」を示す言葉である。転じて、生涯において若く元気な時代、主に青年時代を指す言葉として用いられる。

とのこと。 

やはり「若く元気」なイメージが強い言葉ですよね。

 

ぼくはもうちょっと深く考えると、青春とは「無理・無茶・無駄」のことだと思っています。

子どもの頃って無理なことに挑戦しませんでした?

何も知らず「サッカー選手になりたい!」とか(だいたいの人が)無理な夢を描いたりもしたでしょう。

社会人になっても「徹夜で飲んでそのまま仕事」なんてこともしても無理がきいた。

 

「盗んだバイクで走りだす」ような無茶をした人もいるかもw

 

鴨川デルタでたたずむ青年は典型的な無駄を過ごしている。

 

そしてそれらは歳を追うごとに失っていくものです。

体力・気力が落ちればおのずと無理はしなくなります。

家族や仕事に責任があるから無茶はできない。

人生の残り時間を考えると無駄をしたくないのが人情です。

 

だからこそ、何も考えずにそれができた青春という季節を人は愛おしく思うのでしょう。

番組の後半で鴨川デルタにたたずむ学生さんは仲間を見つけます。

「いつも同じ人がいる」と気づいた同世代の学生さんが話しかけてきたそうです。

きっと彼らは無理で無茶な無駄をしていくんだろうな~。

うらやましい。

 

なんの意味もないことに、ただ笑っていられたあの時間。

人生における最高の贅沢に一つです。

 

青春の次の季節へ

そんな青春を懐かしみながらグラスを傾けるのは大人の楽しみの一つですね。

なかなかオツじゃぁないですか。

 

そうは言っても小一時間で現実に逆戻り。

まだ怒涛の戦いの毎日へ、みなさん戻っていくと思います。

 

そんなみなさんに「朱夏(しゅか)」という言葉を贈りたいと思います。

青春とはもともと中国で生まれた言葉で、人生の4つの季節を表す言葉の内の一つだそうです。

人生の4つの季節とは青春、朱夏、白秋、玄冬です。

(ちなみに歌人の北原白秋はココから名前をとったらしい)

 

朱夏とは年齢で言うと30歳~60歳ぐらいまで。

そしてその季節を中国では「最もアツく、人生の盛りの季節」というらしいです。

日本では青春こそが花盛り、人生の最盛期だというイメージが強いです。

 

ところがどっこい元々この言葉が生まれた中国では、その次の季節「朱夏」こそが人生のハイライトだと。

たまには青春を懐かしむのも良いでしょう。

ただ過去ばかりを振り返っていてはいけません。

 

だってみなさん今まさに花盛りの「朱夏」なんですから。

一番良い時間を過去にすがって無駄にしてほしくはないです。

それぞれの季節を一生懸命生きて下さい。

 

最後に朱夏を生きるカッコいい大人にピッタリの一曲をお届けします。

www.youtube.com

「あの頃は、あの頃は」ってやってりゃそれ酒もうまくなるさ

だけど俺はやめたんだ

そういうのはもうやめたんだ

 逆にお酒が飲みたくなりますけども(笑)

 

 

 

それでは!

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

 

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com