俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

ライブハウスが正式な音楽の高校に!「下北沢音楽塾」に未来を感じる件

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

下北沢を散策していて、ライブバー440の前を通りかかったらおもしろい情報をゲットしました!

それは「下北沢音楽塾」という高校の話!

 

高卒資格が貰える音楽の学校「下北沢音楽塾」

f:id:sohhoshikawa:20170715100451p:plain

 

下北沢音楽塾は塾と言ってもれっきとした高等学校(通信制)です。

ちゃんと卒業すれば「神村学園高等学校普通科」の卒業資格が貰えるとのこと。

 

ユニークなのが授業を行う場所が下北沢のライブハウスなんですよね。

440をメインに併設したスタジオなどを利用するそうです。

 

ライブハウスにもめちゃくちゃメリットありますよねぇ。

朝から昼まで営業してないという、都内でもこんなにスペースを余らせている分野はなかなかないんじゃないかな?

その隙間にまさかの高校!

すばらしい発想だと思います。

 

創設者の河野素彦さんのインタビューから。

ーーー教室が会議室のような場所ではなくライブハウスというのは、言ってみればコロンブスの卵ですよね。まさに“現場”なわけですから。

はい。

だって、朝から午後3時までこれだけの資産が日本中で死んでるわけですから。

ライブハウスの空き時間と学校の時間帯がびったり合うんですよね。

引用元:第24回 ライブハウスが教室の高校が開校![下北沢音楽塾] | 音楽にまつわる「ちょっといい話」 | 音楽主義

 

さらに授業カリュキュラムの例ですが、コレはサイコーじゃねーかwww

音楽漬け!

クリエイティブ漬け!

f:id:sohhoshikawa:20170715100720j:plain

 

一般科目はなんと水曜日のみ!

へ~、これでも高校卒業資格がとれるんですねぇ。

ぼくもムダに教室の机に座って居眠りしてたのでこんなんが良かったなぁ(笑)

 

講師陣の感じも見ると授業内容は、ギター、ベース、ドラムス、ヴォーカル、配信などいわば軽音楽が中心。

クラシック分野は普通の高校でも盛んですけど、こういったバンドマン向けの高校ってマジでなかったですよね。

羨ましい!

 

一般科目が少ないのは「勉強は他でやれ」っていう方針だからだそうです。

学校は勉強するところじゃないんですって、今。

今は進学しようと思ったら必ず塾に行かないとダメで、子供たちは勉強するところは塾だと思っていると。これは子供たちに聞いてもそう言ってました。

で、自分たちの経験上、遊ばないと絶対ダメじゃないですか(笑)。

だから、うちで遊びなさいっていう。うちは勉強メインじゃないから、うちは遊ぶところだから、勉強はほかでやってくれっていう(笑)。

引用元:第24回 ライブハウスが教室の高校が開校![下北沢音楽塾] | 音楽にまつわる「ちょっといい話」 | 音楽主義

※太字は星川によるもの

 

イヤ、ホントそうですよね。

むしろ下北沢音楽塾は教育の現状にちゃんと合わせていると思います。

 

さらに共感したのがミュージシャンの自活を前提とした方針。

地上波ラジオ局ネット化、新規音楽配信サービスなどの発展にともない音楽ユーザーへのアプローチはますます幅を広げていくと思われます。

以上の事例が示しているのは、

「才能あるミュージシャンはレコード会社やプロダクションに絶対に所属する必要はなくなった。」

ということです。

引用元:下北沢音楽塾チラシ

ーーー音楽は好きなんだけど、将来何をやっていいかわからない、という人もウェルカムですね。

そうですね。

いろいろ見てもらって、自分のやりたいのはこれだっていうのが見つかるかもしれないし。

とにかく、レコード会社のオーディションに受かるとかどこかに就職するとかじゃなくて、まず自分でできるようになりましょうっていうところが第一です。

で、本当にカッコいいことをやっていれば、向こうから来てくれるから大丈夫だよって。

きみたちは一番楽しいことを考えなさい、っていうふうにできたらなと思うんですね。

引用元:第24回 ライブハウスが教室の高校が開校![下北沢音楽塾] | 音楽にまつわる「ちょっといい話」 | 音楽主義

※太字は星川によるもの

 

ぼく自身も音楽活動をしてきましたし、また周りの話を聞くに、やはりミュージシャンは結局は個人事業主(フリーランス)なんだと思います。

どんなアーティストでもメジャーレーベルに30年も40年も所属し続けるのは難しい。

また演奏家も同様です。

さらに言えば、今の世の中で一生を1つの会社で生き延びるなんて可能性は皆無に等しい。

関連記事:「会社への依存度を下げる」という意味で、音楽活動(ロックバンド)をやってみよう

 

ですから、なおのことミュージシャンには自活能力を求められます。

 

その基礎となる能力を若いうちから育むことができる。

ホントにすばらしいことだと思います。

 

ぼくのバンド仲間の中には中卒の人もいるんですね。

高校資格ってないとなかなか大変じゃないですか。

バイトですら高卒認定が必要なところもあるし…。

もし、そんなバンドマンがいたらこの高校に通えば、演奏が上手くなる上に高卒認定がとれて一石二鳥ですw

 

 

興味をもった方はぜひ公式サイトや河野さんのインタビューをご覧ください。

資料請求も公式サイトからできます。

関連サイト:下北沢音楽塾 | 下北沢にある、音楽を学べる高校

関連サイト:第24回 ライブハウスが教室の高校が開校![下北沢音楽塾] | 音楽にまつわる「ちょっといい話」 | 音楽主義

 

また公式ツイッターもありました。

第1期生たちがつぶやいてますね~!

アラサーバンドマンのぼくからすると、高校からバンドやりたい子なんてのはホントにかわいい!

行き遅れた父性が萌えましたよw

 

 

生きる力を養えるバンドマンの学校。

そんな取り組みがどんどん広がっていって欲しいな~と思います!

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?