読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

バンドマンはモテるのか!?10年目のぼくが真実を話します

音楽 音楽-音楽ニュース

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

 どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

「バンドマンはモテる!」

 

そんなイメージを持っている人も多いと思います。

 

今日はバンドマンを10年続けてきたぼくが、その経験から実例を出して検証してみましょう。

「バンドマンはモテる」は果たして本当なのでしょうか???

 

 

大学卒業と同時にフラれた後輩

後輩のSは大学時代、彼女がいました。

4年になって就職活動。

Sは一時は不動産関係の会社に内定をもらったものの、バンドで生きていくことを決意。

その頃ちょうど彼のバンドはあがり調子でしたね。

 

「さぁ!これから!」という時でしたが、卒業と同時に彼女に振られました。

 

「え?バンドやんの?マジ無理」

えてして女性の方が現実的ですからね・・・・。

 

その後ほどなくバンドは解散。

彼の社会人一年目は散々な結果となったのでした。

 

メジャーデビューしてモテた友達

長くバンドをやっていると中にはメジャーデビューした友達もいるもんです。

 

インディーズでどんどん人気があがっていったバンドに所属していたKはモテまくっていました。

嫌でも女の子に囲まれますからね。

一時期は付き合っていた彼女との写真をSNSにバンバン上げまくっていましたし

 

その後メジャーデビュー。

しかし2年で離脱、独立します。

現在は音楽のみで生計は立てられないとのことで、アルバイトしながら東京の郊外に住んでいます。

そしてメジャーから戻ると同時に彼女とは別れたとか・・・・。

 

う~む、環境の変化に恋愛は弱いですね。

 

居酒屋でギャルに水をかけられた先輩

ある先輩は10コ下のギャルと付き合っていました。

箱根に旅行にいった2人は彼女がハタチそこそこということで、費用は全部先輩もち。

 

1日に15万円使ったそうです。(!)

まぁ、そこまではよかった。

 

ある日、先輩は決意します。

「俺、刺青入れるわ 。」

ある意味決意の表れ。

バンドで生きていくという覚悟でした。

 

彼女とは真面目な関係。

ある日の居酒屋にて、意を決して彼女に報告したそうです。

 

「は?その歳で刺青いれんの?ありえなくね!?」

・・・・あっさりヒカれました。

 

その後ケンカになり、最後は目の前にあった水をかけられ終わったそうです。

(なんで!?)

 

娘2人を育てたカッコイイ先輩

「おれ娘生まれたらバンドやるから!」

 

先輩は奥さんにそんな謎の宣言をしたそうです。

(息子だとバンドしないのか?w)

 

生まれてきた子どもは見事に女の子。

先輩は念願のバンド活動をスタートします。

当時28歳でした。

 

それから月日がたち、2人目の娘もでき、長女は高校生になったそうです。

ある日の教室。

「お前の親父バンドやってるの!?」と長女は聞かれました。

その時、先輩のバンドはちょっと大きなイベントに出演したんです。

 

それで娘の同級生に知るところとなりました。

そんなきっかけから先輩は今度、高校の軽音部に演奏を教えにいくことになったそうです。

また逆に生徒たちが先輩の家に遊びにきて、ロック談義に華を咲かせることもあるとか。

 

バンド活動をスタートしたのは社会人なってから。

というか誰しもが辞めるタイミングである「子どもができた」時に逆にスタートするという。(笑)

しかし今では「所沢のロックスター」のポジションをガッチリ固めています。

自分のやりたいことをし、家族も幸せにする。

これがホントのモテる男!

 

 

結論:環境がバンドマンのモテ度を変える

こうしてみんなの人生を見るとバンドマンだからと言って一概にモテるわけでもなさそうです。

むしろそれ以外の要素が重要のようです。

まずは学生時代

この時にバンドやってるとモテるのは確実視されます。

やっぱり楽器できる人ってカッコイイですもんね。

Sも学生の時はよかった。

 

あとは収入です。

Kのように浮き沈みがあるのがバンドマンの人生です。

いい時はモテるし、悪い時は全然。

それがバンドマンみたいですね。

 

一方で「所沢のロックスター」のような例もあります。

モテてはいないけれど、家族の理解と自分の努力で幸せをつくっている。

尊敬すべき人だと思います。

 

またバンドやろうなんて人は基本的にちょっと変わってるんです。(笑)

居酒屋でギャルに水をかけられた先輩も、めちゃくちゃ純粋で良い人なんですけどね。

なかなか理解してくれる人は少ないみたいです。

ちなみに収入もちゃんとある人なんですけどねぇ。

 

そんなわけで「バンドマンになった!これでモテるぞー!」というのは学生まで、と覚えておきましょう。

とは言え、幸せになることとモテるこはまた別次元だなと感じます。

ちょっと変わった目でみられることも多い「バンドマン」という人種。

でも社会人バンドマンももっと幸せになってよいのではないかと、個人的には思ってます。

 

逆に言うと、バンドマンの彼氏・彼女のみなさんはパートナーの環境の変化に注意しましょう!

以上のとおり、売れだすとモテますからね(笑)

ヒットした時が浮気のタイミングか!?

余計なお世話ですが、離婚まで行くと悔しいですから、浮気はしっかり調査しといて下さいね!

 ⇒【業界最安値】キャンセル料0円の浮気調査「東京探偵社AI」 

 

 

ちなみに演奏のウマイ、ヘタはモテ度と関係ないようです。(笑)

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com