読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

大学生は本を読まなくていい

趣味-おすすめ本

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

NHKニュースによると「読書しない大学生は45% 過去最高」だそうです。

ぼくも大学時代はほとんど積極的に本を読んでなかったです。(笑)

 

でも、それでいいんじゃないかな~?と思います。

 

それを説明するには、ぼくが「大学に行ってよかったこと」を聞いてください!

 

 

大学に行ってよかったこと「本が読めるようになったこと」

っとまぁ矛盾したことを言っているようですが、違うんです。

大学生って自分から本を読まなくても「テキスト」に触れる機会は多いんですよ。

 

講義の参考書はもちろんだし、スマホの利用時間はすごく延びているらしいじゃないですか。

その中にはテキストコンテンツもあるだろうし。

大学生は「文章を読んで思考する」という機会は日ごろから多いはずです。

 

またなにより文章を書くことが多いです。

レポートやテストがいっぱいですから。

大学生活はインプットだけでなくアウトプットを兼ねているのでなまじ乱読するより知識が得られると思う。

ましてや今はそれだけでなく、SNSやブログを使ってテキストで自分を表現する若者も多いでしょう。

 

だから「読書しない大学生は45%!?日本の大学生はアホだな!」と心配しなくても良いと思います。

 

大学は「活字アレルギー」を治す場所

大人になってから本を読まない人は「小さな文字を見るのもイヤ!」と本を毛嫌いしている印象があります。

もはや「活字アレルギー」といった様相。

 

子どもの頃って本を読むのは苦手だったりするじゃないですか?

子どもって集中力ないし。

ぼくは得意じゃなかったなぁ。

 

でも大学でオカタイ文章をイヤでも読まされることによって「活字アレルギー」が治っていったように思います。

それは今考えるとホントに大事なことでした。

 

だから「大学生は本を読まなくていい」

データでは45%の人は読書していないと出るわけですが、実際は文章に親しんでいる学生は多いです。

学生時代というのは「学びの場」を半強制的に与えられるわけですから、自学的な読書に積極的になれないのもまぁ、わかりますよね。

 

でも社会人は読んだほうがいい

それよりも「社会人の一ヶ月に読む本の数が少ない」ことがヤバイような気がします。

逆に社会人になってからは学びとは基本的に「自学」しかないと思います。

マイナビのこちらの記事によれば、一ヶ月に本を読まない人が40%だとか!

月に2冊以上読む人の割合はおおよそ35%です。

 

まぁ、アンケートの母数が少ないのでなんとも言えないところですが人口のおおよそ 3割の人間に知識が集中しているとしたら恐ろしいことじゃないですか?

そりゃ、格差社会だわ。(笑)

 

本を読まない理由として「ネットで十分」という意見が多いようですが、ネット時代のいまだからこそ本は重要だなと感じています。

ネット上に氾濫する情報をまとめて、編集してくれるもっとも優秀なキュレーターが本であり、出版社です。

ホラ、スマホだとついつい人の悪口ばかりの炎上騒動のブログやニュースばかり見てませんか?

それじゃテレビのワイドショーで暇つぶしているのと一緒ですよね。

 

 

こう考えると、社会人になってから本を積極的に読めるように「大学生はもっと本を読んだ方がいい」という結論でも良い気がしてきました。(笑)

 

ま、大学生をバカにできるほど大人もそーでもないってことですね。

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com