読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

結婚したいなら節約しなければいけない圧倒的な理由

その他

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

「結婚」と「幸せ」は遠からず近からず。

 

幸せになろうとしたら結婚を考えずにはいられません。

 

しかし最近は結婚する人は減っていますよね?

やっぱり結婚生活はお金がかかる。

 

どのくらいお金がかかるのか解き明かし、節約しなければいけない理由を紐解いてみましょう。

 

子育てにいくら必要か解き明かそう


貧乏人に教育は必要か? - デマこい!

ここから見えてくるのは「年収500万円の壁」

男性の平均年収はいくらか知っていますか?

なんと400万円をきったそうです。

非正規雇用で働く人は4割にもなりますから、考えてみれば当たり前ですよね。

 

対策は収入のアップと生活コストのダウン

結婚して幸せな生活を実現するためには 「年収500万円」が必要ですが、それに届く人は少ないという現状です。

また、子育てにかかるコストが高く、シングルマザーなど誰しもが安心して子育てできる環境が整っていないことが上記の記事からわかると思います。

 

対策として3つ挙げます。

①収入のアップ

②生活コストのダウン

③社会環境(法律、社会保障)の整備

 

この内、個人で取り組めるのは①と②です。

もちろん、③のために「声をあげる」ことも大切ですが、より即時的効果が見込めるのは個人レベルで努力できること。

 

 やはり一番即効性があり、大切なのでは生活コストのダウン=節約です。

 

節約は結婚生活のみならず人生を変える力があります。 

 

具体的な節約方法はこちらの記事もご覧ください。

(関連記事:生活レベルを落とすには?その方法と大きなメリット 

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com