読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

音楽関係の仕事をする先輩にインタビュー!「ジョニー・B・グッジョブ」は音楽業界を目指す人は必読

バン活!(バンド飯) バン活!(バンド飯)-バンドマンが読むべき本

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

音楽ってホント楽しいですよね。

 

「音楽を仕事をしたい!」

 

音楽不況と言われる現代でも、そう考えている人は多いはず。

でもだからこそ音楽のためになにかしたい!

そんな熱い気持ちをもった人もいますよね。

 

そんな人におすすめしたいの今日ご紹介する『ジョニー・B・グッジョブ』です。

音楽業界で働く人たちがたくさん紹介されています。

これを読んで音楽業界の現実を知ると共に、夢を描きましょう!

 

『ジョニー・B・グッジョブ』

実際に音楽でメシを食べている人たちに著者がインタビューする内容になっています。

一口に「音楽でメシ」と言っても様々で

  • ミュージシャン
  • エンジニア
  • レコードショップ店員
  • 音楽教師
  • プロモーター

等など・・・・。

20種25人のインタビューが掲載されています。

雇用形態も様々で

  • 自営業
  • 会社員
  • 経営者

など多角的な視点でみても「音楽に関わる仕事」が網羅されています。

 

バンドマンに特におすすめの先輩

そんな中でバンドマンのぼくが特に参考になったのは

エンジニアの中村宗一郎さん。

ミュージシャンの曽我部恵一さん。

ディストリビューターの神保和哉さん。

でしょうか。

 

中村宗一郎さんはピースミュージックというスタジオを設立して、レコーディングエンジニアとして独立して活躍されています。

かなり有名なアーティストも手掛けていて、もしかしたらあなたも聞いたことがあるかも!?

インディーズ業界の凄腕レコーディング・エンジニア3選

 

この本で存在をしったぼくは実際にマスタリングをお願いすることになりまいした。

 

曽我部恵一さんはご存知「サニーデイサービス」でメジャーデビューしたミュージシャン、ロックボーカリストです。

現在はRose Recordsという自主レーベルを設立されて活動しています。

バンド、ユニット、ソロ。

多様なスタイルで音楽をする曽我部さんですがレーベルの社長でもあるんですね。

メジャーレーベルではなく独立して活躍する心構えや方法論が語られています。

 

神保和哉さんは「Ultra Vybe」というディストリビューターを設立、経営されています。

ディストリビューターとはCDの流通会社。

CDをタワーレコードなどで発売したり、全国流通するためにはディストリビューターにお願いする必要があるんです。

ぼくも自分のバンドで「Ultra Byve」を利用させてもらいました!

 

音楽で生きるための「努力」を知る本

僕自身、この本を手に取った時はまさに「暗中模索」。

努力しなきゃいけない!けど・・・・その努力ってなに!?

そんな状態でした。

しかし、この本の諸先輩方の話を読むこととで少しずつクリアになっていった思いがあります。

 

音楽を仕事にするために必要な具体的な最初の一歩。

 

それがこの本を買って読むことではないかと思います。

ぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com