読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

【書評】『20代で隠居』は現代病の解毒剤です

趣味-おすすめ本

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

大原扁理さんの『20代で隠居』を読みました。

20代で隠居 週休5日の快適生活

新品価格
¥1,404から
(2015/12/23 21:39時点)

いやぁ、いい本でした。

 

今を生きる人々の苦労を時に「現代病」なんて言ったりします。

鬱や過労はその代表格でしょう。

 

言うなればこの本はその現代病の解毒剤。

いや、「毒をもって毒を制す」と言っていいかもしれません。

 

まず「隠居」とは何か?

日本古来の意味の隠居とちがい、大原さんが実践するのは「21世紀番都市型隠居」だそうです。

本書による定義は

  • 郊外のちいさな安アパートを借り、
  • 週に2日だけ働き、
  • 人に迷惑をかけず、
  • 友人には厳選した人が少しおり、
  • 携帯は持たず、
  • テレビも持たず、
  • 社交をせず、
  • たまには都会に出ていって贅沢もするが、
  • 基本的には欲がなく、
  • こだわらい。
  • ただひとつだけ、現代社会と距離を置くことに、貪欲にこだわる。
  • そして自分の生活をこよなく愛し、楽しんでいる。

 とのこと。

これだけ見ると意外と普通でしょうかね。

 

いや、僕がびっくりしたのは生活費です。

 

ある月の生活費「71333円」

安!

東京で、ですよコレ。

ちゃんと家賃、水道、電気、ガス、通信費などの固定費を入れての額です。

本書ではなんと表になってその家計簿が公開されています。

う~ん、リアル。

意外と外食したり、甘いもの(嗜好品)を買っているのにおどろきです。

 

あえて「つながらない」生き方

「21世紀都市型隠居」の定義よれば携帯ももたず、テレビもみない、必然的に友人は厳選され、仕事もほどほどなので人と人とのつながりが少なくなります。

しかし、それは人間関係が希薄になったこととイコールではありません。

 

現代人の普段の生活ではおおよそ、いらないモノばかりでむしろ「つながりすぎ」が現代病をまねく原因になっている場合も多々あるでしょう。

 

必要最低限を見極め、実践する姿は昨今の「丁寧な暮らし」や「上質な暮らし」のブームにも通ずるものがあるように感じました。

 

もちろん「隠居」は誰にでも実践できる生き方ではないように思います。

野草の知識とかハンパない(笑)

しかし現代の毒に侵され、倒れそうな人には隠居という毒が効くと思うんです。

一つの世界に固執しないことは自分の身を守り、幸せをつくることにつながります。

 

忙しくすぎる東京の中で、まったく別の人生を生きている「隠居」さんの生活を覗き込むことで、新しい生きかたを発見できるかもしれません。

 

気になるその隠居生活。

是非、買って読んでみてくださいね。

20代で隠居 週休5日の快適生活

新品価格
¥1,404から
(2015/12/23 21:39時点)

(ちなみにKindleはありません。)

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com