読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

ドラマーの僕がライブのモニターで気をつけていること

ドラム ドラム-ドラムテクニック

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

バンドマンのみなさんはライブのモニター、どうしてますか?

ググってもあまり出てこない話題なので書いてみます。

 

全部の楽器がバランスよく聞こえるのがイイ。

 

っていうのは当たり前の話で、今日はそこからもう少し掘り下げて考えてみます。

僕はドラマーなので特にドラマーの人は参考になるのではないかと思います。

 

 

モニターは「内鳴り」によって変わる

まず大前提として「いつでも必ずモニターで返す音」はありません。

っというのもライブハウスによって聞こえ方は様々だからです。

そのライブハウス特有の音の響きを「ハコ鳴り」とか言いますが、とりわけステージ上で聞こえる音=「内鳴り」によってモニターを調整します。

 

モニターによって「内鳴り」を補間するイメージですね。

 

まったくモニターで返してもらわないことも結構ありますよ。

 

音に優先度はあるのか?

とはいえ、どうしても「全体がバランス良く」は聞こえない場合があります。

そんな時は特定の音を優先的に聞こえるようにモニターを利用するわけです。

僕が優先する音(楽器)はズバリ、ベースとキック(バスドラ)です。

 

僕は良いアンサンブルとかハーモニーの基盤はベースとキックにある。

 

と、考えています。

なのでその2つの楽器のシンクロ率(エヴァみたい)が演奏に大きな影響を与えます。

最低限、そこだけはしっかり聞き取りたい部分ですね。

 

次に優先したいのがヴォーカルです。

ジャンルにもよるでしょうがヴォーカルは多くの場合、主旋律です。

主旋律が音楽的に気持ちよく響いていなければ本末転倒、というか意味不明ですよねw

 

ばっちりそろったベースとキックの上でヴォーカルが気持ちよく歌っていればそれだけで音楽は成立すると思います。

まぁ、あくまで持論ですよ?w

 

ドラムのスネアやハイハット類はドラマーからすると聞こえにくいとかまず、あり得ません。

一番耳に近い位置にありますからね。(笑)

 

よって一番優先度が低いのはギターです。

乱暴に言うとドラマーはギターのメロディやハーモニーが聞こえなくてもなんとか演奏できます。

リズムが聞こえればセーフ。

つまりハイ(高音)の成分が少しでも聞こえれば大丈夫です。

 

結果的には僕はモニターから返してもらう音は

  • ベース
  • キック
  • ヴォーカル

と、なることが多いです。

 

 

帯域を整理しなければどーしようもない

どれだけモニターを駆使しても良い演奏環境が作れない場合があります。

 

そんな時はそれぞれの楽器の帯域を確認します。

音には「ドレミファソラシド」といった音階や、単に音が大きい、小さいという音量の他に帯域という要素があります。

これは音の「重さ」と説明したら良いのかな?

同じ音階の音でも「ハイ(高域)」を強調するか「ロー(低域)」を強調するかで聞こえてくる音が違ってきます。

同じ帯域にいる音を同時にならすと音量が大きいほうだけが聞こえます。

これをマスキングと言います。

 

本来、別々の帯域にいるべき音が被ってしまっている。

そんな状態で音をだすとマスキングがおきて、どんなにモニターを調整しても聞き取りづらいのです。

(もちろんお客さんにも!)

 

例えば、ギターの帯域がヴォーカルに被って歌が聞こえないとかはよくある失敗です。

 

帯域もポイントになるのはやはりベースとキックです。

 

キックが一番下、その少し上の帯域にベースというのが基本です。

 

中域はスネア、ギター、ヴォーカルとたくさん楽器が入り乱れているだけに一概に「これが正解!」とは言えません。

それだけにその下のベースとキックがバラバラだと、なんかもう、どうしようもなくなります。(笑)

 

 

まとめ:ドラマーの僕がライブのモニターで気をつけていること

そんなわけで僕がライブモニターで気をつけていることは

  • キックとベースを重要視する
  • 帯域を整理する

でした。

 

これはホント個人差があるので「絶対正解!」というのはないと思いますが、初心者の方はこれを水準点にして、自分が演奏しやすい環境づくりに役立ててくればと思います。

ライブ成功のヒケツ65

新品価格
¥1,620から
(2015/11/30 15:00時点)

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

 

 バンドマンはこちらも!

www.shellbys.com