読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

本当に抜いちゃダメ?僕はヒゲを「抜く」のと「剃る」のを併用しています

生活ネタ 生活ネタ-男の健康法

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

男性のみなさま。

 

ヒゲ、どうやって手入れしてますか?

 

カミソリにしても、シェーバーにしても剃る人がほとんどだと思います。

でも、僕は時々ヒゲを抜いています。

 

一般的に「抜いたらダメ!」って言われてるんですけど、今や抜かないと気持ち悪くなってきました・・・・。

 

今日はちょっとそのヒゲ抜きのメリットを聞いてください。

 

ヒゲを抜くメリット

肌があれない

抜くということは当然、肌の表面にダメージがないんです。

当たり前に「カミソリ負け」がなくなります。

僕、肌がヨワヨワなんでこれが一番の理由かも。

剃ってるとどんどんヒゲって硬くなるじゃないないですか。

ちょっと力を入れて丁寧に剃らないといけなくなってきます。

当然毎日剃りますから結果、どんどんダメージが蓄積される

もう、治すヒマがないんです。

 

青くならない

青ヒゲの原因は肌の下のヒゲです。

まぁ、似合う人はいいですけどそれぞれでしょう。

抜くので青ひげがなくなります。

ちょっと若返る~。

 

しばらく生えてこない

大体、一週間~二週間ほど生えてきません。

この間肌が休まりますね~。

 

生えてもやわらかい

一度抜くとその後に生えてくるひげが柔らかいんですよ。

なので剃るのが楽になります。

毛質がリセットされます。

 

でも、もちろんデメリットもありますね。

 

毛を抜くデメリット

毛穴にダメージ

肌にはノーダメージなんですが、毛穴にダメージがあるみたいです。

そこからばい菌がはいってにきびができる場合もあります。

 

綺麗に生えてこない

なんか綺麗に生えそろわなくなりますねぇ。

あとは埋もれ毛とかも心配されます。

 

濃くなる

よく「剃ると硬くなる、抜くと濃くなる」っていいますけどその通りですね。

明らかに濃くなった気がします

(年齢?)

 

時間がかかる

抜くのは時間かかりますよ~。

部位ごとにわけてやらないと大変。

ソイユという女性用の毛抜きを使ってやる方法もネットでみたけどどうなんでしょ?

 

 

そんなわけで併用しています

そんなわけで僕は「抜く」と「剃る」を併用しています。

要はリスク分散なんです。

肌ばっかりイジメててもだめだし、毛穴ばっかり消耗してもつらいし。

よく抜くリスクは語られてるので、僕は抜いた後に

  • 洗顔
  • アルコール(手指用)で消毒
  • 化粧水
  • オロナイン

とかして、毛穴にばい菌が入らないように注意してます。

今のところ目だったダメージはないですねぇ。

まぁ、抜くとしても月に一回くらいなんで。

 

やっぱり脱毛はプロにまかせるのがいいのかな?

最近は初回が安いキャンペーンとかやってますもんねぇ。

行ったことねぇ・・・・。

経験ある方、是非レポートしてください(笑)

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com