読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

古いコーヒー豆を美味しくドリップする簡単な裏技

趣味 趣味-コーヒー

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

 

「コーヒー豆、買ったはいいけど飲みきれない!」

 

 

そんなことありませんか?

自宅で豆を挽いて、自分でドリップする。

とって優雅ですが、意外と普段の生活でそんな時間がとれずぶただただ豆だけが古くなっていく・・・・。

 

せっかくこだわっているのに美味しくなくなったらイヤですよね。

そこで今日は誰でも簡単に古いコーヒー豆を美味しくドリップする方法です。

 

ちょっとした工夫で変わるんですよ。

 

 

用意するもの

家庭だとまず間違いなくペーパードリップだと思います。

まず、いつものセットを用意してください。

 

ただしペーパーを二枚!

f:id:sohhoshikawa:20151025102355j:plain

そう、お気づきのとおりペーパーを二枚重ねて使うんです。

 

こんな感じで。

f:id:sohhoshikawa:20151025102448j:plain

この状態であとはいつもどおり抽出するだけです。

 

ね?簡単でしょ?

 

 

コーヒー豆が古くなると美味しくなくなる理由

そもそもコーヒー豆は何故、古くなると美味しくなくなるのでしょうか?

それは酸化によるものです。

酸化して渋みやいやな酸味が発生してしまうのですね。

 

で、酸化するのは主にコーヒーに含まれる油分です。

 

ドリップはその油分を適度に濾しとるのが特徴の一つですが、二枚重ねにすることによってその濾しとる能力を強化しているわけです。

(逆に新鮮な豆はその油分を楽しむ)

 

プロはメッシュや温度で対応する

古い豆を美味しく淹れる時、プロだったら豆の挽き具合(メッシュ)や抽出温度を工夫して対応します。

いづれも過剰に抽出されないように、かつじっくり抽出されるように調整するわけですが、個人的には家庭でそこまでこだわらなくてもいいと思うんですよね。

 

それなりに難しい技術ですよ、それは。

 

それより「ペーパー二枚重ね」みたいなちょっとした工夫で美味しくいれる方が日常生活では価値が高いのではと思います。

 

 

ちなみに使った豆はこちら。

f:id:sohhoshikawa:20151025103950j:plain

堀口コーヒーさんの7番。

定番の濃いめのブレンドです。

 

買って2ヵ月くらい(笑)

冷凍庫で保存してました。

f:id:sohhoshikawa:20151025104043j:plain

さすがに蒸らしてるときも膨らまないけど、やっぱり3日前くらいにフレンチプレスで淹れたときより美味しかったです。

 

ちょっと豆が古くなてきたな~っと思っている方。

 

「ペーパー二枚重ね」

 

是非、お試しくださいませ!

 

コーヒーの基本的な知識を知りたい方はこちらの本がおすすめです。

ぼくもよく飲んでいる堀口コーヒーの創業者、堀口俊夫さんの著書。

かなり網羅的な内容で一冊で十分、コーヒー通になれちゃいます!

 

 

 

 それでは!

 

 

 

 ところで俺、まちがってねぇよな?

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com