読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

ほらやっぱり「定額制ライブ行き放題サービス」はじまるじゃん?

バン活!(バンド飯) バン活!(バンド飯)-便利なウェブサービス

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

ん~、やっぱり自分の考えることは誰かが考えてるという・・・。

 

定額制ライブ行き放題サービス開始!

sonar-u.com

月額¥1600で提携しているライブなら行き放題ってサービスです。

 

以前、ぼくはこんなこと書いてました。

月額制ライブハウス

例えば月額¥1000でライブが見放題!

というライブハウスはどうでしょうか?

 

収支がうまくいくかはかなり検討が必要でしょうが、既存のライブハウスでも「ディズニーランドの年間パスポート」のようなサービスがあっても良いと思います。

会員になってくれた人には「若手ミュージシャンと音楽業界を支えるパトロン」であるという価値を提供します。

引用:これからのライブハウスの経営戦略はこれだ - Shellbys

 ほぼほぼ一緒の考え方ですね。

 

「sonar-u」にも新進気鋭の若手バンドの成長が日々チェックできるSNS、みたいなものがあればもっといいでしょうね。

リンク先の記事にも書いていますが、AKBのソレと一緒です。

若手のバンドはノルマに縛られず活動する変わりに、「sonar-u」のユーザーにコンテンツを届ける。

逆に言えば、それがないと成功しないんじゃないかな?

 

プラットフォームとしてはすごく共感するんです。

でも「sonar-u」自身に若手バンドと組んでコンテンツをつくる力がなければ難しいでしょうね。

結局、ユーザーはダラダラとライブ告知だけされても困りますよね。

いくら安く、お得にライブにいけるとしても。

 

アーティストやバンドの魅力をいかにユーザー(サポーター)に届けられるか。

それが成功のカギを握っていると思います。

 

そして、ちゃんと利益をだせるか?

バンドやライブハウスにメリットを提示できるか?

このアタリはやってみないとわからない部分もあるだろうし、注視したいですね。

 

あたらしい潮流であることは間違いないです。

ライブハウス業界もきびしいと思うので新しい戦略は大歓迎ですよね。

 

ん~、がんばってほしい!

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

 

www.shellbys.com