読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

タバコのヤニのせいで敷金が返ってこなかった話

生活ネタ 生活ネタ-引っ越し

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

いや~、タバコのヤニは恐ろしいですね!

この夏に引越しをしたんですが、前の家の敷金が全額返ってこないばかりかさらに10000円ほど支払わなくてはいけなくなりました。

 

タバコのヤニは故意過失 借主の責任

普通、壁紙の劣化などは「通常仕様」なのですがタバコとなると違ってきます。

タバコは借主が意図的に吸うものですから「故意過失」にあたるそうです。

そうなると、タバコのヤニが原因でクリーニングや張替えになった場合、借主が費用を負担しなければいけなくなります!

 

敷金7万2000円にプラスして1万円支払うことに・・・・

まず敷金から「通常のハウスクリーニング代」43300円が差し引かれてあらかじめ28800円が自分の口座に振り込まれていました。


次にタバコ(とその他の破損)に関しての追加請求がありました。

2DKのアパートに約3年住んでいたんです。

その内、ワケあって父親と2年間二人暮らしをしていました。

喫煙いていたのは父親です。

ですから、実質タバコが壁を汚していたのは2年間となります。

請求されたのはタバコを吸っていたリビングとキッチンの壁クロス。

それが28350円。

ふすまの張替えが12250円。

(その他エアコンのリモコンをなくしたので3800円。お風呂の栓の破損で600円 笑)

合計で45000円を請求!

と思ったのですが「通常45000円かかるところ、35000円でいいですよ!」と不動産管理会社に言われました。

(通販かっ)

つまりクリーニングもろもろにかかる費用が43300円+35000円=78300円ということになります。

敷金が72000円ですので消費税も合わせると10000円近くアシがでてしまったことになります。

 

国土交通省のガイドラインによると

国土交通省の「原状回復えをめぐるトラブルとガイドライン(再改訂版)」によると

喫煙等により当該居室全体においてクロス等のヤニで変色したり臭いが付着した場合のみ、当該居室全体のクリーニングまたは張替費用を賃借人負担とすることが妥当と考えられる。

とあります。

なので基本的には支払うしかないようです。

(参考:住宅:「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」について - 国土交通省

 

無駄にトラブルにならない、多く支払わないための対策

今回のことを踏まえて気をつけたいのは以下のことです。

 

①そもそもタバコを吸わない

ガイドラインに関しても近年、改訂されより喫煙者に厳しい方向性になったようです。

いや~、世の中タバコを吸うところはもうないですね。

(僕は喫煙者じゃないですよ 笑)

「ベランダで吸う」とか「禁煙する」とか対策しましょう。

②退去前に掃除しよう

退去前に掃除することでクリーニング費用が少なくなる可能性があります。

というのも、「汚れている」って言うのは結局人間の主観なので大家さんの判断如何で違ってくるのです。

自分で綺麗にできるところは綺麗にしておけば、かえって安上がりかもしれません。

③交渉しよう

僕の場合でも、実は「タバコのヤニのクリーニング代」は大家さんとの折半になっています。

(まだ内訳が来てないのでハッキリはいえませんが)

そもそも「賃借人が全額負担」するケースは少ないようです。

汚れぐあい、入居時の状態(はじめから汚れていた)、入居年数によっては負担の割合が変わってくるそうなので、不動産管理会社や大家さんと相談、交渉しましょう。

 

納得できない場合は

それでも納得できない場合は訴訟を起こすことになります。

考えたくないですが、不動産屋や管理側悪質な場合もあるかもしれません。

もし不可解でしたら法律の専門家に相談しましょう。

 

こちらのサイトでは気軽に法律に関する相談をすることができます。

>>法律全般サポート<< 

一応、チェックして置いてください。

 

 

はてはて、何かとお金がなくなる最近です。

 

ブログとバンドがんばろーっと(笑)

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com